オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

組織の風土を作る前提条件を「ねばならない」にするか、それとも、「楽しさ」にするか

»

年齢的に、いろんな集まりで人をまとめる役割を担うことがあります。

中には、地域のボランティア活動などもありますが、有償・無償に関わらず、人が集まって一緒に何かをするときに必要なのは、「楽しさ」なのかなと思っています。

もちろん、中には規律や上下関係が必要なこともありますし、厳しさが必要なときもあります。

けれども、「ねばならない」ではつまらないし、「やらされ感」があると面白くありません。ボランティアのときはなおさらです。というか、ボク自身かなり生意気なので、そういう接し方をされると頭にくる・・・みたいなところがあって(笑)。

それだけに、組織には何かしら「楽しさ」が必要なんじゃないかと思っています。

でも、その「楽しさ」って、どういう風につくったらいいのかな?と、いつも悩みます。

分かりやすいのは「飲みニケーション」ですけど、最近では「それもどうなの?」みたいな話もあって。

だから、それぞれの組織でいろんな試みをしていく必要はあるのかな?と思います。

人をまとめるのは難しいね。

それでも、組織の風土を作る前提条件を「ねばならない」にするか、それとも、「楽しさ」にするか、それを自分の中で決めておくだけでも違うのかなと思っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する