オルタナティブ・ブログ > 熊谷修司の最高のチームを創る >

組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

学校は大変なことに

»

卒業式も入学式も突然「日程を変更しなさい」との通知のため、式の内容も日程も大幅に変更することになった。

特に、卒業式は3月1日実施の予定が前日の総理の会見で突然の変更。

土日に出勤しなんとか対応したが、休日にもかかわらず教育委員会からは電話が頻繁にかかってくる。新聞社やテレビ局からの取材依頼も多く、それらに丁寧に応対していると、仕事が一向に進まない。

時間短縮の卒業式は、式辞や祝辞は中止。

それでも、実施できただけ良かったのだ、と今にして思える。

今学校は休校期間。

自分ができることは生徒にメッセージを発し続けること。

今をチャンスと捉えて生活してほしい。

Comment(1)

コメント

コメントを投稿する