オルタナティブ・ブログ > 熊谷修司の最高のチームを創る >

組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

耳の痛いことを言う・聞く

»

自分にとって、耳の痛いような話を聞くのは大事なこと。

そういうことを言ってもらえるのはありがたいし、感謝すべき。

若い頃は、年長者や先輩たちからいろいろ言ってもらえたが、それなりの年になると何も言ってもらえなくなる。

一番まずいのが陰で「あのトシであれはまずいよね・・・」と言われること。

相手に耳の痛いことを言うのも、あまり気持ちがいいものではない。言わなくても済むことならば、言いたくないのが素直な心情だ。

他に誰も言う人がいないようならば、自分が言うしかない。

その人にとって良いことも言うし、ダメなことも言う・・・それが大人のあり方だと思う。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する