オルタナティブ・ブログ > 熊谷修司の最高のチームを創る >

組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

松浦弥太郎と僕

»

松浦弥太郎さんが使う「僕」という1人称を目にした時、とても安心したのを覚えている。

学生を終えた時、「自分をなんて呼んだらいいんだろう」と困った。さすがに「俺」は卒業し、社会人になってから「私」「自分」「僕」と使い分けた。公的な場面では「私」で良いとして、プライベートな場面での1人称が決まらなかった。

弥太郎さんの本を読むと「僕」が自然に流れてくる。

50代でも「僕」でいいんだ、と思えた安心感。それまで何となく気恥ずかしくて使いきれなかった「僕」だった。

メール(ライン)をやりとりしている時、「『僕』っていいですね」とあった。

やっと使えるようになった「僕」を「いいですね」、と感じてくれたことが嬉しかった。

僕は僕でよかったんだ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する