オルタナティブ・ブログ > THE SHOW MUST GO ON >

通信業界特殊偵察部隊のモノゴトの見方、見え方、考え方

電子書籍は人間としての所有欲を満たせるのか

»

今の世の中の流れの中で書籍類の電子書籍化自体を止める事は多分出来ないんだろうなというコトは理解できます。これはCDが曲ごとのダウンロード販売に大きくシフトした事例を見ても、多分止まる事は無いんだろうと思います。不肖岩永も今から20年ほど前にまだ「マルチメディア」と称していた頃の世界の普及に携わってきた経験なんてのもあって、その頃から何れそうなるよねというコトは理解していました。

当時は技術的な観点の方がクローズアップされていましたが、今となっては市場全体がそういう流れにあるのだろうなというコトは理解しています。そんな事は百も承知。でも、それって楽しいことなんだろうか?そもそも楽しいって何なんだろうかってのを考える事があるんです。

 

手に入れることの意味

楽曲の話なんか正にそうですが、いまや欲しい物だけを手に入れる方法があるわけです。嘗てLPの時代からCDまでは、基本的にアルバムと言う考え方があって、一連の楽曲をひとつのアルバムに収める事によってそのアーチストの訴えかけたいこと=提案があったわけです。もちろんそんなの全く関係なしにどこを切り取っても構わないものもあったわけですが、その「アルバム」という概念が作品の根本的な考え方になっていたぶぶんというのは間違いなくあったっと思うんです。

これはジャンルにも寄るんだとは思うんですが、ロックであれジャズであれ、だからこそとんでもなく短い曲や強烈に長い曲などが収められていたりしましたし、全体を通して聞いたときに一曲目には一曲目の意味があったし、アルバムの最後の曲には最後の曲の意味があったんじゃないかと思うんですね。

因みにそんな概念なくなっちゃったよ?って話は当然あるわけで、だからこそ楽曲切り売りが何の問題も無く受け入れられるわけですが、ライブなりコンサートなりでの曲の並べ方やトークの入れ方なんて言うのはやっぱりどこかでキチンと構成されたものっていうのが存在できると思うんですよ。まぁあくまでも音楽業界については素人ではありますが、少なくともワタシはそう考えたりします。変な例え話にしてしまうと、楽曲単位での接触はそれでそれでおある固有のアーチストとの「接触体験」ではあるんですが、一連の流れであればそれは一種の当該アーチストの「ブランド体験」と言えるんじゃないかと。

 

 

手を触れることの意味

ってのを踏まえつつ話を電子書籍に戻してくると、読者の目に触れるのは「電子書籍リーダー」たる機械と「文字」であるわけです。で、何種類もの「電子書籍リーダー」を使い分ける人っていうのはそれほど多くないでしょうから、基本的に一個人が手にするのは常に同じサイズ、同じ色、同じ手に持った感をもった「電子書籍リーダー」。版型や厚みや重さなどは常に一定です。もちろん、それはいろんな意味で色んな確度から決定されたものであって、多分その「電子書籍リーダー」が開発された時点では提供者にとって最良の、あるいは最良に近いものであるは思います。勿論色んな阻害要因はあったはずですし、本当の意味で送り手が世に送り出したかった最良のモノとは違うのかもしれない。でも、それがそこに出てくる必然性が何かあったはずなんです。きっと。

ってことで、すくなくともその部分のマーケティングや開発の人たちの良心は信じておきたい。

これでも一応(B2Bが主体だとはいえ)当時は立派にメーカーと自称できた企業にいたワタシとしては、そこは信じたい。でも、事「電子書籍」の世界を目の前にした「書籍」のユーザーであるワタシ個人として、どうしても避けて通れない違和感がある部分ってのが残るんです。なにかって?

まったくもって「電子書籍」はワタシの所有欲を満たせないんです。

ワタシのように旧い人間だと、最後は目の前にある、あるいは手に触れることのできるモノを信じたくなるんですね。これはどうしようもない。たとえそれがどんなに巨大でどんなに厚くてどんなに重くても、読みたいと思う書籍の装丁や選ばれた文字、ページの台割から個々のページのレイアウトまで含めて、ひとつの作品としての書物に触れることってのがとても好きなんです。その部分を少なくとも今の「電子書籍」は全く満たす事が出来ないんです。

 

だから全く欲しいと思わないという言い訳

因みにそれ以外に(これはKindleやiPadの発売前後でも言い続けていたのですが)それらの手に持った感が書籍代わりなるかというととても想像できないなぁという印象を持っていたりします。で、これはいまだに変わっていないんですね。自分のライフスタイルの問題かもしれませんが、基本的に書籍に触れる時間というのは片道でも子一時間かかる通勤の間か、もしくは寝る前の時間。非常に混みあった電車内でつり革にしがみつきながら呼んでいるかと思うと、枕元で読んでいたはずが朝になると書籍自体が自分の枕代わりになっている事も無きにしも非ず。この環境の中では「硬い書物を読む機械」はどうにも不便で仕方が無い。

じゃぁiPhoneなりスマートフォンでどうよという話もあるんですが、何れにせよ書物それ自体を手に持って読むのとはやっぱり体験の質が違う気がするんです。そんなのもう旧いよって?いや、まぁそうなのかもしれませんけどね。

 

かといって電子書籍の未来を否定する事は無いんですけど

たとえば教科書とかだといいのかもしれませんね。ただし電子教科書だと線を引けないぞとか書き込みも出来ないぞという話もあったりするわけですが、そこはノートを普通に取りなさいとかまぁ色々運用上の混乱が起きそうな予感がします。ただ、何れにせよ、今の私のライフスタイルだと入り込む余地が殆ど無いのが「電子書籍」の世界です。

ただし、それが永続的な話かと言うと、実はそうでもない気はしています。正直な話、今は自分の体はそれなりに健康で不自由はしていませんし、老眼が年々厳しくなりつつあるとはいえ、まだ普通に書籍なり新聞なりの文字は読めているわけです。ただ、それとて永続する話ではなくて、純粋に生き物としての自分の経年変化が今の思想的なツッパリを打ち消す時期が来るのかもしれません。そうなると、何かしらの手助けを借りるしかない。

そして、そのとき、たとえば大きな活字の本を探すのか?それとも拡大表示ができるような「電子書籍」のようなものに頼るのか?

多分その時点ではあまり選択肢が無くってるんじゃ無いかと思うんです。そのときは、多分所有欲云々と言った議論はどうでも良くなっていて、多分情報自体に対する欲求だけが残ってるんだと思うんですが、それが良いのかどうだか良くわかりません。

でも、たとえどんな状況になったとしても、たとえば長い間捜し求めていた一冊の本を苦労の末物理的に手にしたときのような感動を「電子書籍」に求めるのは酷なんだろうなっていう気持ちは変わらないとは思うんですけどね。

 

Comment(8)

コメント

はじめまして。
私も、電子書籍には、違和感を覚える一人です。
私には、本の持つ重量感やら、ページをめくる身体記憶が得られないのがさびしいんですよね。
音楽のCDの場合は、1曲だろうが、10曲だろうが、重さに差がないですし、聞くとき自体には、ダウンロードした曲だろうが差がありません。
ところが、本の場合は、電子書籍と紙媒体では、身体記憶がまったく違ってくるのです。
本好きには、よくあることですが、『えーっと、確か、この辺に書いてあったよなぁ・・・』ってページをめくります。これは、そのときの指の感触などの身体記憶で、真ん中より、ちょっと後ろで、右側のページとか、記憶してるのです。
ところが、電子書籍って、そういう身体記憶がまったく役に立たない。
それと、サスペンスや推理小説なんかの残りのページの厚さから、『んー、まだ、真犯人じゃないよな。こいつは・・・』とか、『おいおい。残りページが少なくなってるのに、また殺人事件か???』ってドキドキします(笑)。
この身体感覚と感情との連動で記憶することができなくなるという寂しさなんですよね。
ご存知のように、記憶って、情報そのものを覚えてることは少なくて、ほとんどがそのときの身体記憶であり、それが感情と結びついています。
ところが、電子書籍は、身体記憶が抜け落ちていくので、後から読んだ本を思い出しにくいように思えるのです・・・・。
いかがでしょ??

あとり

Web上で電子書籍を否定する文章を見ると、それ自体に矛盾を感じます。
電子書籍は、web上でテキストを読む習慣が身についてしまった人にはそれほど違和感の無いものだと思うのですよね。
電子書籍を否定するのに、紙の新聞を否定してニュースはネットで十分というような人もいますが、そういう人はもっと不思議ですね…。
内容の差だというのなら、それこそ「web上のテキスト程度」の本が世間に溢れているということでもあるでしょう。
私自身は「一部のどうしても紙で持ちたい本」以外は電子で十分、というスタンスでいます。
もとより、装丁には特に興味の無い人と、装丁まで含めた物体をしての本を愛する人がいるから、ペーパーバックと愛蔵版が出版されてそれぞれに買い手がつくわけです。
個人的には書籍の電子化が進むと、愛蔵版の発行はかえって増えるのではないかと思っています。
教科書に関しては、基本となる本体は紙、副読本の類を電子化というのが妥当なところではないでしょうか。

通り過ぎ

紙の書籍を目の前に並べて「愛でる」っていう感覚ありますよね。
持っているということ自体が嬉しいような、所有することが満足感を満たすというような。
(「積ん読」っていうのも含めて)
電子書籍にはその感覚がちょっと薄いのは僕も同じです。
なんとなくわかります~。

もしかして、iBookが本棚の絵柄になっているのはその辺りの考慮から?
(違いますよね・・・)

ひろ

今はビューンを購読していますが、雑誌などの使い捨ての情報は電子書籍で十分のような気がします。
ただ、ちゃんとした書籍は、やっぱ紙が良いですねぇ。まだ出始めの電子書籍は、10年後、20年後の機械で読めるのかどうかが不安です。
たぶん私も古い人間ですわ。

ardbeg32

最近はWeb小説を実体化して売るなんて形態もありまして、これはWeb上で読んでも違和感はないんですね。もちろんオジサンには実体化した本も良いものですが。
また有川浩の「塩の街」では、文庫本化にあたって「ここにこの挿絵を持ってくる為にレイアウトに四苦八苦」と書いていました。
これらを考えると、紙メディアを前提にしたレイアウトの本を単純に電子化するから忌避感が出るんじゃないのかなと推測します。

Ifreeta

紙の書籍だとその本を読んだ時の記憶が残ることがありますが、読んだ冊数が多くなり時間が経つと忘れてしまいます。残ったのは紙だけというのが私の感想です。

長く残そうとしたら電子書籍が良いですかねえ、紙の書籍は保存場所があっても処分してしまいます。電子書籍は、紙の姿そのままに単純に電子化する方が好きです。pdfかjpgだと再生する機械を選ばないので、長期保管が可能みたいです。

電子書籍も後どれくらいというのはすぐに分かるようになっていますので、心配ありません。

一番の強みは検索と携帯性ですね、読まなくなったものは捨てるようにしていましたが、電子書籍だと捨てる必要はないし、いつでも読めますね。

老眼が進んでいる状態では文庫本を読むのは辛く、iPad に頼っています。

電子書籍を利用してすでに十年以上経過していますが紙で手元に残したいものは少数です。

kitakaze

私も同感です。
音楽にしても書籍にしても、「目的の物を手に入れる」という点では電子媒体は非常に便利な道具だと思います。
しかし私にはそれが所詮「道具」にしか見えず、それ以上の存在にはなれないという感じです。
なので情報を仕入れる作業をする場合は、電子辞書や電子版新聞で何も違和感は無いのですが、趣味や娯楽のための本となるとやはり紙媒体が好きです。
家の中の本棚に好きな本が背中を向けて並んでいるのを見ると、それだけも楽しいですし。
その本棚を見て、将来子供が「これ読んでいい?」って言ってきてくれるようになれば更にうれしいですね。
学校を卒業して十数年経ちますが、時々大学の教科書を読みなおすこともあり、そんな時昔メモした走り書きを見て「そうそう!」なんてなることもあります。
どんなツールにせよ一長一短があるので、それを生かしつつ自分に合った使い分けができればと思います。

足立明穂さま、
あとりさま、
通り過ぎさま、
ひろさま、
ardbeg32さま、
Ifreetaさま、
kitakazeさま、

みなさま、色々な角度からコメントいただきありがとうございます。
電子書籍事態の存在意義はとてもよく理解していますし、何らかの画面を通じて文字に触れることですむ種類の「媒体」の存在意義も良く理解していますが、書籍を置き換えるという側面から見たとき、「電子書籍」に趣味性を持たせるのは少し難しいなと思ったのがこのエントリーを書くキッカケの一つでした。
 
電子媒体は紙媒体とちがって日々状況が変わるものですし、最大の問題としてデータフォーマットがいつまで実用性を持つのかというのはありますが、それらをぜんぶ包含しつつ紙媒体と電子媒体はずっと共存してゆくだろうし、共存してゆくべきなんだろうなと改めて思った次第です。

コメントを投稿する