オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

落ち込みから脱却する手段

»

おはようございます。

南からの湿った空気に刺激された梅雨前線、活発な雨です。998hPa,19.5℃@5am。

===ほぼ毎朝エッセー===

□□近未来の楽しいことを考える趣味

私も人間なのでそれなりに落ち込むこともあります。それでもそれを脱却する手段が開発できたと思っています。それは、例えば飲み、例えば週末、例えば買い物。そういったときの企画を、夢想しながら広げていく趣味です。

「新しい何かをしよう!」その思いをもとに、どんどんとシミュレーションを繰り返していくうちに、空想の中で未来が開けてくる体験ができます。そして、そこにはワクワク感が支配的に存在しているのです。

製品の企画でもとても似ています。

こういうことができたらいいだろうな。ああいうことをしたいな。ドラえもんの四次元ポケットのようにアイディアを出す。それを現実化するにはどうしたらいいのだろうか。そこを矛盾なく考えて詰めていくプロセス。ワクワクします。

皆さん同じだと思います。好きなこと、ワクワクすることを近未来上に積み上げていって、それを現実化するにはどうするか、それこそ時間を忘れて空想連想していくプロセス。これは逆に言えば、現実から空想へと結びつけるパスの開拓でもあります。

するとどうでしょう。目の前のことが生き生きと見えてきます。不思議です。こういうことを繰り返していると、いいアイディアが現実化する率も高くなりますし、落ち込みなんかもすぐに消えます。

お試しあれ!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する