オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

殺してやりたいくらい…

»

おはようございます。

今日も太陽健在。早朝、湿度はそれほど高くありません。

20130808_6_07_28 20130808_7_13_28

===ほぼ毎朝エッセー===

昨夕は社内での藤井先生のピラーティスの授業を受けた後、
夜は第一回目のグレッグ・リーさんによるベース個人講座でした。
http://blogs.itmedia.co.jp/shiro/2013/01/post-475d.html
http://blogs.itmedia.co.jp/shiro/2013/07/tt-6801.html

そこで感じていたのが、その先生たちの裏にある熱意です。
実にストイックに様々なことを追求して、それを続けているのです。
共通しているのは、様々なトライアルを続けているようです。

多分、普通にやっていたら飽きてしまうのでしょう。
様々に、違うやり方、違う形、違うタイミング、と、
まるでゲームのように日々自分で試している様子が伺えます。

先生方の姿勢と比較すると、自分の追及はあまりに甘いです。
たとえば、体が硬いと認識しているのですが、何も追及していません。
あるいは、ベースの基礎練習にしても圧倒的に不足しています。

さて、この追求心、いわゆる「熱意」なのでしょう。

好きだから?
負けず嫌いだから?
これが自分の生きる道だから?
もうそれしかないから?

グレッグ・リーさんがジェブ・バーリンというベーシストの演奏を紹介、
iPodから聴かせてもらいながらの一言が印象的でした。

「上手すぎて殺してやりたいくらい(笑)」 と。

どのレベルに行っても上には上がいるし、
熱意がなくなって向上心を捨てれば上昇は止まります。

熱意の源泉について改めて考えさせられました。

「いったいどこから生まれるのだろう」

==

YouTubeからどうぞ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する