オルタナティブ・ブログ > イメージ AndAlso ロジック >

ヴィジュアル、サウンド、テキスト、コードの間を彷徨いながら、感じたこと考えたことを綴ります。

facebookに俳句や川柳を投稿できるWindows Phone アプリ「一日一句 投稿対応版」公開しました。

»

先般紹介した縦書き俳句アプリ「一日一句 Ver.0.8」に、機能を追加した、「一日一句 投稿対応版 Ver.1.0」を公開しました。
川柳にも使用可能です。
字数を制限していないので、和歌にも使えるかもしれません。

ダウンロード先

http://www.windowsphone.com/ja-JP/apps/df7d0863-ee51-4010-91d8-6a5673f128af

今回のアプリは横書きですが、facebookへの投稿に対応しています。

搭載機能

・詠んだ俳句の、Windows Phone 実機内への保存(XML形式、月別ファイル)。
・bing翻訳による、英語俳句作成の支援。
・bingでの月別季語検索。
・facebookへの投稿。投稿機能のオン/オフ設定あり。
・月別の一覧表示。日時の昇順降順ソート。
・月別ファイルの削除。

使いかた

次のような手順で使います。

facebookへの投稿設定

トップページの「設定」ボタンをタップして表示される設定ページで、facebookに投稿する場合の、タイトルと、リンク先(ブログやTwitterや句会のWebサイトなどのURI)を入力し、「設定保存」ボタンをタップします。
応募作品を練るなどのために、投稿したくない場合は、「投稿不要」ボタンで、投稿機能を利用しないように設定できます。

1_dailyhaiku_in_jajp_main

2_dailyhaiku_in_jajp_fb

作成・保存・投稿

俳句入力ボックスの中に、改行しながら日本語の俳句を入力します(必須)。必要であれば、コメント欄に、ルビや注釈などを入力しておきます。この内容は覚え書きであり、ファイルには記録されますが、本アプリ上では表示されません。

日本語俳句が入力された状態で「英語」への翻訳ボタンをタップします。翻訳された言葉を参考にしながら、英語俳句を作ります(必須ではありません)。この翻訳機能は、辞書を引く手間を省くためのものであり、自動的に句を生成するものではありません。編集と創作が必要です。

3_dailyhaiku_in_jajp_compose

虫眼鏡の形の「季語検索」ボタンをタップすると、季語を検索できます。

7_dailyhaiku_in_jajp03_kigo

「保存」ボタンをタップすると、月別ファイルに保存されます。facebookへの投稿設定を行っている場合、引き続き、投稿ボタンをタップするだけで投稿できます。

一覧表示

俳句が記録されていると「一覧」ボタンが利用可能になり、これをタップすると、入力画面の上に、ファイル・リストのウィンドウが開きます(年月以外の部分をタップすると、ファイル・リストのウィンドウは閉じます)。俳句を表示したい年月を選択すると、その月に詠んだ俳句が表示されます。
「▼」ボタンと「▲」ボタンでソートできます。

4_dailyhaiku_in_jajp_show

5_dailyhaiku_in_jajp_show2

削除

俳句が記録されていると、トップページの「削除」ボタンが利用可能になります。俳句を表示したい月を選択すると、削除できます。

6_dailyhaiku_in_jajp03_delete

俳句ファイルの再利用

詠んだ俳句は、「○年○月.xml」というファイルに記録され、Windows Phone 実機の指定フォルダ内に保存されます。

句集の編集や、応募作の絞り込みなどのために、俳句ファイルを再利用したい場合は、CodePrex からダウンロードできる、「Windows Phone Power Tools 」を用いて、Windows Phone 実機の指定フォルダ内に保存されている俳句ファイルを、PC上にコピーしてください。

再利用可能なXML形式ですから、Microsoft Excelやメモ帳など、XML対応のアプリケーションであればそのまま開けます。

(1) 実機をPCに接続します。Zuneが起動します。実機の電源をオンにしておきます。

(2) Windows Phone Power Tools を起動します。

Powertools1

Powertools2

(3) 「CONNECT」をクリックします。

Powertools3

(4) 「file browser」をクリックします。

Powertools4

(5) ファイルブラウザが開きます。アプリの入っているフォルダを展開して、指定フォルダの中の、再利用したいデータファイルをクリックして選択状態にして、「GET」をクリックします。

Powertools5

(6) ファイルを取得する先のフォルダを指定します。図ではデスクトップを指定しています。

Powertools6

(7) デスクトップに、選択したファイル(図では2012年1月のファイル)を取得できました。

Powertools7

あとは、Excelやメモ帳など、使いなれたソフトで開くだけです。

Powertools8

先般紹介した、旅の出会いを記録するアプリ「道友日本」や、四国遍路での出会いを記録するアプリ「道友」で作成されたファイルも、同様の手順で、再利用できます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する