オルタナティブ・ブログ > 大塚秀樹の“マーケティングマインド”の醸成 >

技術で勝って、商売で負けていませんか?

お客さまはこっちの都合には無関心

»

shopping02.jpg当たり前と言えば当たり前の論理ですが、お客さまは商売を行っている企業の都合には無関心です。

言い換えれば"知ったこっちゃない"、ということです。

くどいようですが、
いくらこちら側の営業ノルマがきつくて、残りあと"いくら"という売上金額が足りなくても、お客さまにとっては関係の無い話で、ノルマ達成に協力する気なんてさらさら有りません。

事業環境が厳しくて、ノルマ達成どころか従業員の給与の支払いや業者への買掛金の支払い期日が迫っていたとしても、お客さまにとっては全く興味の無い話です。

お客さまにとって、唯一興味があるのは、「品質やデザインが良くて、値段も適正な価格の商品」だけです。

いま一度、肝に銘じておきたい商売の基本の1つです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する