オルタナティブ・ブログ > 大塚秀樹の“マーケティングマインド”の醸成 >

技術で勝って、商売で負けていませんか?

発想を変えることの有効性

»

idea02.jpgのサムネイル画像「ドリルを売るには穴を売れ」

どこかで聞いたことのあるようなフレーズですが、実際に当てはまりそうです。

まだ他にもあります。
「スープを売りたければパンを売れ」

同じことを愚直に続けていても、なかなか成果が出ない。自分の直感や市場調査の結果、進めているビジネスの方向性は間違っていないはずなのに、どこかおかしい、うまく行かない。

こんなときにお勧めなのが、発想を変えてみることです。

例えば、検討してきたアライアンスも、同業界の別企業と組むのではなく、これまでの発想に無かったような全く別の業界の企業も、検討枠に入れてみる、というような具合です。

最後に1つ事例を紹介します。
「米ウーバー・テクノロジーズが運営するUberは、顧客が求めているのは『タクシー』ではなく『効率的な移動手段』だ」ということに気づいてからビジネスが加速した。」

いずれにしても、最初に見定めた方向性、やり方が最後までずっと何もかもうまく行く、というのは非常に稀です。

そんなときは、発想を変えてみる、違う角度からみてみる、といった柔軟な思考を取り入れてみることです。


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する