オルタナティブ・ブログ > 大塚秀樹の“マーケティングマインド”の醸成 >

技術で勝って、商売で負けていませんか?

お年寄りから戦争体験の話を聞きました

»

atom_bomb_domed.jpgお年寄りと言っても実母からですが、これまで聞く機会があるようで無かった貴重な戦争体験(第二次世界大戦)の話を聞きました。

親子なのに初めて聞いた話ばかりで、あらためて本人の苦労や戦争の怖さを思い知ったのでした。

と同時に、日本国が経験してきた当時の状況やその後の経緯など、戦争について考えることができて、良かったと思っています。

ご存知のとおり1945年の9月2日に日本は降伏した訳ですが、同盟国であるイタリアはすでに1943年9月には降伏し、残りの同盟国(タイやビルマもそうですが)であるドイツが1945年5月に降伏してから日本が降伏する同年9月2日までの約4ヵ月もの間は、ほとんど日本対世界という戦いの構図が続けられていたことを思い出し、当時の状況を想像するにつれ、とても悲しい気持ちになったのでした。

折しも先月は、オバマが現職のアメリカ大統領としては史上初めて広島の地を訪れたという歴史的な出来事がありました(それによって伊勢志摩サミット自体の存在感が少し弱まりましたが)。

筆者も広島の原爆関連の施設はほとんど訪れた経験が過去にあります。
今回のように、年長者から戦争体験の話をたまには聞いて、自分なりに当時について考えてみることはとても大事なことだと思ったのです。




Comment(0)

コメント

コメントを投稿する