オルタナティブ・ブログ > プロジェクトマジック >

あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

抽象の海に潜れ!あるいは、将来像を構想する本質的な思考法

»

こないだ新入社員に「今、不足だと感じているスキルは何?」と聞いてみたら、面白い事を言っていた。

現状調査のやり方が分からない。
例えば、いまやっている帳票の現状調査の場合だと、「今、この部署で、この帳票を使っている」という事は分かりますよ、もちろん。で、帳票にどんな情報が載っているのかも分かる。例えば人件費の金額だったり、部署の名前だったり。
でも、それが分かったところで、「じゃあ、今後どいうものを作ればいい?」を考えるのにつながる気がしないんですよ。

うむ、若者よ。本質をつく、中々良い質問ではないか。
おじさんが答えて進ぜよう。
君らは今、帳票を相手に苦戦しているのだろうが、これは
「この業務、いまはこうなっているけど、今後どうしたら良い?」
「このビジネスモデル、いまはこうなっているけど、今後どうしたら良い?」
でも応用が効く話なのだよ。
・・という気分で、以下の絵を描いた。

Photo_2

彼が言うように、今の帳票を調べても、いきなり将来の帳票は考えられない。考える手がかりが何もないから。
そうではなく、一回、抽象の海に潜る必要がある。



★②抽象領域での現状調査

どういうことか。帳票の例で言えば、

この帳票がユーザーに提供している情報ってなんだっけ?

をちゃんと把握するということ。

かっこ良く言えば「その帳票が本質的に提供している価値は何か?」になるし、普通に言えば「誰が使ってる?目的は?情報と目的は合致している?」という問いになる。
それぞれの帳票だと、例えば「部門ごとの人件費が、過去と比べて増えているのか減っているのか、定点観測出来るようにする」とか。

帳票を調査する時、帳票そのものを見るのはもちろん、それを使っている人にヒアリングに行く。ちょっと机におじゃまして立ち話したりね。
ヒアリングの目的は一つしかない。「本質的な価値」を探ることだ。
だから、
「もしこの帳票がなくなったらどうします?」
「これを見て、どんなアクションを起こすんですか?」
「もし情報を半分にするなら、どれを残しますか?」
「紙じゃなくて、画面で見れればいいんですか?」
みたいな質問をする。

必ずしも帳票を無くしたいとか、情報を半分にしたいから、そういう聞き方をするのではない。本質的な価値を探り当てたいだけなのだ。
「この帳票の本質は?」と聞いたって、普通は答えてくれない。だから色んな角度で質問して、それを探り当てる必要がある。



★③抽象領域での将来構想
ここまでで現状調査は終了。
いよいよ将来どうするかを考えるのだが、この時もいきなり「この帳票のこのデータが・・」を考えてはいけない。

抽象領域で探り当てた「本質的な価値」が、今度のプロジェクトで変える必要がないのか、あるのか。あるとしたらどう変えるのか?を、やっぱり抽象的な世界で考えるのだ(図の右下の部分)。

プロジェクトをやる時は、コンセプトがあるはずだ(ない場合も多いけど、それはまた別の問題)。例えば、
・合併前の各社のバラバラな仕事のやり方を一本化する
とか
・販売店とのやり取りを完全電子化!
とか
・必要な人に、必要な情報を届ける
とか。

一種のパラダイムシフトみたいなもので、「これに従って、全てを見直すべし」というものが、プロジェクトコンセプトになる。
このコンセプトに従って、「本質的な価値」をどうすべきか、考える。

帳票の場合なら
・ペーパレスなので、画面で情報を提供する
・分析軸は、ユーザーが自由に選べるようにする
・ユーザーごとに、見ても良い情報のみを表示するようにする
などなど。



★④最後に、具体的な話に戻る
どんなにコンセプトをこねくり回しても、最後は現実の世界に戻ってこなければならない。
「だとしたら、具体的にはどんな帳票になるんだっけ?」
がここで必要な問いだ。

プロジェクトで良いコンセプトを掲げているならば、こうして抽象の海を一回潜ってから浮かんできた「将来像」は、今使っている帳票を見ながらなんとなく考えた「将来像」とは別のモノになっているはずだ。

「そう考えると、この帳票なくてもいいんじゃない?」という事もよくある。



今回は、たまたま帳票の現状分析が発端だったのでそれを例に話をしたけれど、「全社業務改革」なども、これの応用でしかない。

★プロジェクトをファシリテーションする方法のセミナーやります

「これが無償とは思えない!」
「ケンブリッジはこんなノウハウを公開していいんですか?」
「とにかく楽しかった!」
過去のアンケート用紙ではこんな声をいただいています。
過去に参加された方からの紹介でお越しいただくケースも増えてきました。

以前は毎回テーマとスピーカーを変えてやっていたのですが、このシリーズの評判が非常にいいので、最近はこのセットを何度も繰り返す形に落ち着いていますね。
水曜日の夜なので昼間に比べて学習意欲が高い方が多く、話す方も気合はいります。ほとんどの方が3回シリーズをまとめて参加されているのも特徴でしょうか。

なお、今回は大阪での開催です。
ちなみに、白川は1/23の「プロジェクト・プランニング」担当です。

-----------------------------------------------
Cambridge Seminar 2013 大阪 のお知らせ
「成功するITプロジェクト ~プランニングから導入までのノウハウ教えます!~」
上流から下流にいたるITプロジェクトのステップに合わせて、プロジェクト成功のノウハウについて3回に分けてお話いたします。

■日時:
1月23日(水)19:00~ プロジェクト・プランニング
2月6日(水)19:00~  スコープ・マネジメント
2月20日(水)19:00~ プロジェクト・ファシリテーション

■会場:
ブリーゼプラザ
※四つ橋線西梅田駅、阪神梅田駅(西改札)、JR大阪駅(桜橋口)、
JR東西線北新地駅 各駅から徒歩5分以内

■申し込み:
http://www.ctp.co.jp/events/index.html

Comment(18)

コメント

LKDカーボンオフセット

一般に金型機械加工してるところは、SKD11が難削材なので、これに切削条件を合わしている。しかし、こんなところに朗報があった。このまえ、日刊工業新聞社の「プレス技術」に紹介されていた、SLD-MAGIC(S-MAGIC)という材料、SKD11の4~10倍被削性(工具費ならコストが約1/4~1/10になる)がよいので、工場全体の生産性がこれに比例して向上する。また、これで作った金型は自己潤滑性が高く、使う方の生産性もアップする。使う方作るほう両方で、生産性が上がるという、奇跡の金属材料だ。

フタバ

それにしても日立金属の高性能冷間工具鋼SLD-MAGICのトライボロジー特性は凄いですね。数ヶ月前の、日刊工業新聞社の「プレス技術」で読みましたが、微量の油を塗ったセミドライ状態で、摩擦させると先端技術のDLCのような自己潤滑性(摩擦係数が下がる)が出るなんて。耐摩耗性もたかいのでコーティング費用分コストパフォーマンスがよく、耐荷重能も相当応力で2500MPaと高強度でベアリング・金型などのいろんな機械の転動・摩擦・摺動部品などの機械要素に使えそうだ。まさにノーベル賞級の発明だ。

ベアリング研究者

先日、その工具鋼の自己潤滑性とかいう話を日本トライボロジー学会で聞いたが、モリブデンとかカーボン、それにDLCコーティングなどの怪しげな論説とも整合し、油中添加剤の極圧効果にも拡張できる話は面白かった。ひらたくいえば世界初の本格的ナノマシンである分子性結晶が表面に自己組織化されて、滑りが良くなるということらしい。

フリクションインパクト

その物質ってグラファイト層間化合物っていうんでしょ。ハイテン用のプレス金型に広がっていて、カジリはなぜ抑えられるか業界中の謎だった。このようなナノメカニズムが働いていたんですね。

バイクファン

やっぱS-MAGICっていったらエンジン部品最高ですよね。

フリクション

そういう見識はBMWなんかの海外系の話?Boschあたりでは採用を聞いているが、日本勢は国内材料でも、材料評価能力はあまり期待できないので、海外に追従と聞いているが。

塑性加工屋

そういうことだったのか。この材料、ハイテン用のプレス金型に広がっていて、カジリはなぜ抑えられるか業界中の謎だった。このようなナノメカニズムが働いていたんですね。

サイエンスマジック

それって画期的な固体物質だと思われます。

生物物理屋

ホント、固体材料の頂点である工具鋼に自己潤滑性があるとはなんとも無敵な話ですね。グラファイト層間化合物がカギだったんですね。

nipkitoks

すばらしいですね。ファインな金属の卓越した飛躍をお祈りしております。ところでいいメットかぶってバイクで失踪していましたが、最近は暑くてバテバテです。

塑性加工業

最強金属は凄い。

エンジンかじり専門

少しマニアックですが日立のSEMは重宝しております。

神話探検家

これって安来工場で製造されているんでしょ?バイク乗り仲間といって、鄙びていても由緒のある神社がわんさかありました。だれかの陰謀で封印されたような歴史があるんですかね?

トライボケミカル


 オイルコーティングの新理論、CCSCモデルは反響がでかいですね。ネット上の情報ではいかにもダイヤモンドに潤滑性があるように言及するものが多いがこの理論はそれをキッパリと否定しているところに好感が寄せられているのかもしれません。エンジニアの常識としてダイヤモンドは研磨剤であり潤滑剤ではないというのが一般的認識ですから。
 あと国産エンジンのダウンサイジング化が叫ばれているのも盛り上がりの一要因かもしれません。

元トライベックパンチ

 そのメカニズムはCCSCモデル(炭素結晶の競合モデル)といって、すべりの良さばかりでなく、摩擦試験データのバラツキが信頼性工学で言うバスタブ曲線になることや、極圧添加剤の挙動、ギ酸による摩擦特性の劣化挙動など色々と説明ができそうなトライボロジー理論らしいですね。トライボロジー関連の機械の損傷の防止、しゅう動面圧の向上設計を通じた摩擦損失の低減、新規潤滑油の開発など様々な技術的展開が広がっていきそうですね。

電通マン

 こういった世界での本質のつかみ方のキーワードが「ナノ」であるという表に勉強になるblogでした。感謝します。

境界潤滑理論研究者

 マルテンサイト系鉄鋼材料でこんな芸当ができるのかと勉強になります。

トライボロジスト

 霊長類学者井上謙一もこれで引き下がるでしょう。

コメントを投稿する