オルタナティブ・ブログ > プロジェクトマジック >

あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

プロの条件、あるいはなぜコンサルタントは「バリュー」とか口走るのか

»

オルタナブログの今回のお題は「プロとは?」。
プロの条件をズバリ定義するのからちょっと逃げて、
「どんな人が、周りからプロと見られるのか」を書いてみたい。

★転職した11年前のこと
今から12年前はSEで、OracleのPL/SQLとDevloper2000を使って、巨大な経理システム(のほんの一部)をコツコツ作っていた。その時いた会社から、色々思うところあって今もいるケンブリッジに転職してからもう11年になる。

コンサルティング会社に転職すると、その日から名刺の肩書きはコンサルタントになる。まあ、所詮肩書きなんてそんなものです。
でも背負わされる身としては、それについてぐるぐると考えざるを得ない。

・SEとコンサルタントって、何が違うのか?
⇒スキルは転職前と特に変わっていないのに?

・どうやら「プロ」であることを強く求められている。プロとは何だ?
⇒今までだって「プロのシステム屋」であることに誇りを持っていたのに?

もちろん、すぐに答えは見つからない。頭の隅にずっと置いたまま、それでもちょっとでもそれらしいコンサルタントになろうと、奮闘を始めたわけだ。

★鍵は、価値と合目的性
「お金をもらっていればプロ」とも良く言われる。もちろん、定義上、それは正しい。
だが、漫然と言われたことをやり、お金を稼ぐ人は周りから「プロっぽいなぁ」とは言われない。

ケンブリッジに転職した後に、目立って口にする様になったのは
「おお、これバリュー高いぞ」
「あんた、なにバリュー低そうな資料作ってんだよ」
「それ、そもそも何の目的でやってるの?」
といった会話。

11年間コンサルタント(あるいはプロのファシリテーター)としてご飯を食べてきて、現時点でたどりついている仮説は
「価値と合目的性へこだわる姿勢を持っている人は、プロっぽい」
というものだ。
バリューや目的に添っていること(合目的性)にこだわる姿勢こそが、プロっぽいか、そうでないかを分けるのではないか。

なぜ、プロのコンサルタントになろうと意識したら、価値と目的にこだわるようになったのか。
本来、仕事で「価値があることをする」ことは至極当然。例えば、SE時代にやっていた「決算仕訳を生成するバッチプログラムを設計する」という仕事も、価値が高かった。

ところが、コンサルティングの仕事って、価値があるかないか一見しても分からないケースが多い。プログラム作成よりも抽象的なことが多いから。
つまり、絶えず「この仕事って、価値があるんだっけ?」と問い続けながら仕事をしないと、全く無駄な調査や無駄な資料作成をしてしまう。それもたまに、ではなくてしょっちゅうしてしまう。よく「So What?」と問え、と言われるが、「価値があるんだっけ?」と同じことだ。

同様に、
「この仕事の目的は?」
「今やっていることはプロジェクトゴールや、お客様の目的に合致しているか?」
も常にチェックし続けないといけない。
新人コンサルタントが、ベテランのレビューを受けて一番注意されるのは
「この資料、今度の打ち合わせの目的に合ってないよ」
ということ。
それだけ、目的に添った仕事をするのは難しいことなんだと思う。

「プロフェッショナル」の逆、ダメなコンサルタントを表す「ホビーコンサルタント」という言葉もある。ホビーという言葉には「自分がやりたいだけで、お客さんにとっては価値のない調査、分析、提言をやって喜んでいるヤツ」という意味が込められている。それはお客さんに雇ってもらうサービス業として、致死的な姿勢である。
まさに「プロ失格」。

★姿勢、しかない。
このような経験を経て、

「誰かに言われたことを、言われたままにこなす人、漫然と目の前の仕事をやる人」非プロフェッショナル

「仕事に価値があるか、目的に沿っているかを自らチェックしながら、やる仕事自体を模索する人」がプロフェッショナル

という、僕のプロフェッショナル感が作られた。皆さんのそれと、近いでしょうか?近くないかもしれませんね。

価値があるかないか、目的に添っているかどうか、に正解はない。
だから出来ることは「価値と目的こだわる姿勢を持ち続ける」しかない。

真のプロフェッショナルになれるかどうかはともかく、こだわり続ければ少なくともプロっぽく見える。
そしてこだわり続ければ、いつかは高い価値のサービスを提供し、常に目的に合致したことだけをできる、真のプロフェッショナルになれる日も来るかもしれない。来るといいなぁ。

まとめ。
それをプロと呼ぶかどうかはともかく、「価値と目的こだわる姿勢」を持っている人は格好いいよね。
今日はここまで。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する