オルタナティブ・ブログ > きょこ コーリング >

広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

なりふり構わない営業スタイルは、この時代に効果アリなのか?それとも・・・

»

昔からあったのだと思いますが、幾分無理矢理、強引な営業スタイルが最近よく目に付きます。いくつかあげてみるとこのようなものになります。

1.私は記者だ、モノを買ってくれ商法
自称ジャーナリストという、自分のブログで情報発信をする人が、記者会見に参加。ここまではよいのですが、取材はそっちのけで、普段は会うことのできない社長(記者会見なので、登壇した)に、しつこく自分が仕入れた商品(サービス)の売り込みを実施。

2.カメラでカシャ。
先日、新宿センタービルにいたのですが、入居している会社の社名の一覧をデジカメで取っている人を発見。それを後で営業のネタにするのかもしれません。(ちなみに、ホテルの人は、ライバルホテルの宴会場の案内板はメモってきて「うちの会場も使ってよ」と営業するらしいです)受付においてある内線表とかも撮影されそうですよね・・・。余談ですが、新宿センタービルのように、誰でもビル内に入れるビルと、溜池のインターシティなどのように(シマンテックさんなどが入っていますよね)、受付のセキュリティが厳しいビルとがあり、オフィスビルのセキュリティの格差がかなり開いています。セキュリティの甘いビルは格好の飛び込み営業の餌食になるのかもしれません。

3.逆営業!
「あなたの商品に興味がある」と呼び出しておき、逆に自社の商品を紹介する企業があります。買わなければいいだけなのですが、そういう会社に限ってしつこく電話してきたり、メールを大量に送ってきたりしますので、接点をもつこと自体が損害かもしれません。もしかしたら、営業に来た会社の名刺を忘れてしまって見込み客と勘違いして売り込んでいるのかもしれませんが。これは効果なさそうですよね・・・

あの手この手で皆さん必死にがんばっているのだと思いますが、やり方を間違えると、かえってまずいことになりそうですよね。ふと、そんなことを思いました。

Comment(2)

コメント

nob274

うちは、センタービルに入っていて、確かに飛び込みのセールスがやたらきます。人材派遣が多いですかね。
人数が少ないにもかかわらず、フロアが2つに分かれていて、私のいるほうは受付の人間もいないので、対応にはいつも閉口しています...

nob274さん>コメントありがとうございます。人材派遣の飛び込み営業は、とりあえず名刺を置いて来いとか相手の名刺をもらって来いとか研修で言われた新人が多いと聞いたことがあります。

知人の会社では、名刺風の社名が入ったカードを受付におき、また、持ってきた資料をいれてもらうための箱を受付において、そのようなアポなしの人が来たら「資料があれば、トレイにいれてください。弊社のカードをお持ち帰りください」と言えば、それで終わるとのことでした。また受付に「事前にご連絡のない営業はお断わりしております。資料はこちらの箱に入れてください。」などと書いておいておくと、呼び出される回数も減ったそうです。よろしければお試しください。

コメントを投稿する