オルタナティブ・ブログ > きょこ コーリング >

広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

オタクの定義・・・趣味???

»

半年ほど前の少し古い記事ですが、アイティメディアの記事でこのようなものがありました。

「オタクは遍在する――NRIが示す「5人のオタクたち」

同記事では、

こだわりの対象に対して、所得や余暇時間のほとんどを費やす「消費性オタク」と、「自分の趣味を周りに広めたい」「創造活動をしたい」と考える「心理性オタク」を打ち出し、この2種類の特性を兼ね持つ人をNRIによるオタクの定義として紹介しています。

また同じく同社の仮説によれば、オタクは、

あるジャンルに強い興味を持って“はまる”と、理想に近づくために消費行動を繰り返す。消費するごとに愛着は増し、消費スピードは高まっていく。やがて自分なりのこだわりを持ち始め、他人に広めようとしたり、創造活動を行ったりして外に向かって主張を始める

という特性を持つそうなのですが、これって、誰にでも当てはまるような気も。ただ、そのはまり方の度合いとか方向性がそれぞれ違うだけのような気がします。

でも、スポーツでも、勉強でも、趣味でも、ある程度時間をかけて打ち込まないと、上達しなかったり、深く理解したりできなかったりしますよね。

私の友人で、いろいろな物事にはまっている人がたくさんいます。

ダーツ命のAさん。もちろんマイダーツを所有し、週に3回はダーツ。初心者にもよくダーツを教えています。

華流(ファーリュウ)のBさん。台湾や香港のタレントが好きで、言葉を学んだり旅行をしたり。

車とPDAなどが好きなCさん。車のいろいろなパーツを取り替えたり、ありとあらゆるPDAを所有し、デジカメはいつも最新製品を所有。

あれ、趣味を極めた人はオタクの定義にあてはまるのでしょうか?なんだか考えすぎるとわからなくなってきます・・・

ただいえるのはどの人も生き生きして毎日がとても楽しそうなこと。お金を使う目的も明確なせいか、仕事にも力が入るようです。

ちなみに私は、健康食品と健康グッズについてかなり詳しいです(笑)。

Comment(8)

コメント

ねこまっしぐら

かくいう私もオタクと分類される人間ですが。
趣味っていろいろありますよね。
ゲーム、読書、ゴルフ、音楽等等。
それぞれで、所得や時間の多くを費やして「嵌って」いる人は沢山いるはずです。
その中でも「オタク」と言われるのは、アニメとかゲームとか、ごく一部ではないでしょうか。
例えばちょっと前に流行った「韓流」「ヨンさま」。
これに嵌って、韓国のロケ地を聖地と呼んで巡った奥様方、そして今なお嵌っている方は「オタク」とはいえないでしょうか。
でも実際は特にそう呼ばれる事はないし、社会的にそれが軽蔑されている訳でもないですよね。
多分私達「オタク」と分類されている人間が軽蔑の意味を込めて「オタク」と言われたときに一番納得できない点はそこだと思うのです。
結局のところ、軽蔑の意味で「オタク」と言われるかどうかというのが、「傍からみて気持ち悪いと取られるか」に終始しているんですからそりゃ納得できません。
実際問題「オタク」の定義なんて、きょこさんの言うとおり誰にでも当てはまるレベルでしかないのに・・・

ねこまっしぐらさん>コメントありがとうございます。何か、嫌な意味を込めて言葉を使うとなんかいやですよね。はまっている人=ハマラーとか?何か別の名称があっても楽しそうですよね。

mohno

相手を「お宅」と呼ぶという中森明夫の原点に戻ると、やはり秋葉系の変人(失礼)が思い浮かびますが、オタクって、まだネガティブなイメージなんでしょうか。
私などは、家庭内で「オタク度が足りない」と言われていますが^_^; nerd、geek も、「その世界ではエキスパート」というイメージがありますよね。

re2

今でこそオタクは一般的になってきましたが、そもそもの出発点が、「ある種のサブカルチャーに没頭する人々が、彼らの社会において相手のことを「オタク」と呼び合うことから、そのグループに属するを外部の人が「オタク」と称したところ」から始まっています。
こういったグループの人々は、通常の人とはかなり違う価値観や社会性を持ち、ゆえに比較的閉鎖的社会を形成していたことにも、外部の人に理解されない=蔑視を含む認識をされてきたことも、この呼び方にネガティブなイメージが付きまとう原因でしょう。
もちろん、今ではそう言った成り立ちとは全く関係なく、従来の「マニア」の意味で「オタク」を使っている人がかなりを占めているとは思いますが。(ITメディアの記事もこれに当たると思います。もっとも「マニア」自体、本来は「病的な」と言う意味が入ってくるので、あまりいい意味ではないですが…。)
ちなみにnard、geekも、一般的に使用される場合のニュアンスには蔑視を含んでいるようです。ただ、コンピュータ業界内部の人どうしで使う場合に限っては賞賛の意で使われるようですが。
私が思うに、オタクであるか否かは、社会的に開かれているかどうかとか、常人に理解できる範疇であるかどうかと言ったところに境界線があるのではないかと思います。
きょこさんが提示しているような方々(くるまやダーツ)は、どちらかと言うと「エンスージアスト」ですね。日本語で言うと「愛好家」「熱中家」と言ったところでしょうか?
これではちょっと面白くないので「ハマラー」もいいと思いますよ。

mohnoさん>コメントありがとうございます。私もオタク度が足りないと言われます。いろいろなものに夢中になっても、中途半端な状態で根気が続かなくなってしまうからかもしれません・・・

re2さん>コメントありがとうございます。確かに。オタクという言葉も、もともとの理由からだいぶ変化してきたのかもしれませんね。「エンスージアスト」という言葉は知りませんでした。いろいろな言い方があるのですねー。参考になります。「ハマラー」は勝手に一人で使ってみます・・・

re2

こんばんは、世の中でよく言う「エンスー」の事です(よくは言わない??)
「エンスー」という呼び方には、その道を極めちゃった孤高の人っぽいニュアンスがあります。「エキスパート」に近いですが、エキスパートが趣味でも仕事でも使えるのに対して、エンスーはほとんど趣味の世界だけですね。
そして今年は「ハマラー」!目指せ流行語大賞!

「エンスー」っていう言葉があったんですねー。Wikipediaにもちゃんと出てますね!知りませんでした。エンスならエンサイクロソフト(わー、古!)の略語として知っていました・・・「エンスを通して売ってもらうんだ!」とかいう台詞が、昔、周りでささやかれていました。

そうですね、こうなったら「ハマラー」をがんばって広めてみます(笑)。

re2

私は逆に「華流」というのを初めて知りました。Wikipediaにも出てるんですね。
私は「韓流」とか「華流」ってなんだかゆったりした響きがあって好きだなぁ。
かくなる私も、昨年中国に出張してから、にわか華流です。もちろん中国語IMEも入れてますよ。(笑)

コメントを投稿する