オルタナティブ・ブログ > きょこ コーリング >

広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

外資系の大変さ

»

外資系企業には制約が多いです。足かせ、手かせになる内容としてよく聞くのは、

  • すべてのレポートを英語に直さないといけない(記事が雑誌に載ったらその雑誌の概略、記事のサマリーすべて英語で用意しないといけない)
  • 本社の承認が得られないとお金が使えない。承認プロセスが長い
  • 上司が海外におり、細かいコミュニケーションがとりにくい。そして「日本人はなぜ英語が話せるのに、カタログを日本語に直すのか?シンガポールも香港もカタログは英語のままで大丈夫なのに。」などときいてくる。日本でビジネスが他国とやり方が違うのを理解していない
  • 自由な広告やカタログは作れず、「このキャッチコピーってずれてる。日本では通用しない」と思っても、自由度がない。ただ、言われるままにやるだけの仕事が中心
  • 人を採用するときに、英語がしゃべれるということが最優先され、国内企業で実績を上げたスペシャリストを採用しようとしても、英語面接で落とされてしまい、結局は英語だけできて仕事のできない人が入社した。案の定、上司への報告だけがうまく、実際の行動は全然しない・・・
  • PR会社を使うといっても、本社が指定したところしか使えない。
  • 本社から送り込まれてきた外国人があまり仕事をしないが、よいポジションに居座っており、そのせいでビジネスがうまく遂行できないのだが、彼・彼女の権力が強く、追い出せない
  • 顧客の問い合わせ情報もすべて英語に直してデータベース化する必要があり、Webからの問い合わせに関してもお客様に英文の社名やお名前を入力してもらわなければならない。

私が勤務している/勤務していた会社がどうとかいうわけではなく、上記は本当によく聞かれる話です。外資系勤務の人は「あるある!」と言ってくださる人もいるのではないかと思います。

それを考えると、日本企業(特にフットワークの軽いベンチャー企業)の場合はこのようなこともなく、その分だけ迅速なビジネスが行えるという面で非常に有利なこともあるような気がします。

ちょっと大げさでしょうか?

でも、なんだかんだいっても、外資にもよいところがたくさんあり、気がついたら結構長いこと外資系にどっぷり浸かっているのですが・・・

Comment(14)

コメント

平野洋一郎

この「大変さ」のおかげでTOEICの点数が上がったんですね~。実は私もです(笑)。

mohno

日系企業の気軽さ
・海外で技術がどんどん進歩しているのに、英語を読まない上司はまったくついていかないし、ついていかなくてもやっていける。
・承認の判断がいい加減で、費用対効果を考えなくても、お金が使えてしまう。成果主義といっても結局個人の好き嫌いが反映されるだけで、客観的な数値は後付けすればよい。
・上司がいつも隣にいて早く帰ると不機嫌になる。それでいて、日本のビジネスのやり方を熟知しているので、取引先とはうまくやっている。
・広告やカタログは自由に作れるので、タレントも使い放題だし、製品の売れ行きがよくなくても、マーケティングの責任が問われない。
・人を採用するとき、コネが最優先され、外資系で実績を上げたスペシャリストと競争になっても、コネがあるだけで採用してもらえる。英語ができて、仕事ができる人が社内にいれば、大変な仕事をまわしてあげられる。
・PR会社も自由に選択できるので、予算承認権を振り回して“いい思い”ができる。
・よい仕事をしても自分と“そり”が合わない部下は、いくらでも左遷できる。取引先ともうまくやっているし、そのせいでビジネスがうまく遂行できないことはない。
・顧客の問い合わせ情報も、てきとうにあしらっておけばうやむやにできる。データベース化の必要もないし、たまにうるさい客がいたら、上司の名前で謝罪しておけば裁判沙汰になることもまずない。
日系企業に勤めたことは“ありません”ので、以上は“創作”(シャレ)です。あしからず :-)

ken@globe

確かに外資系ではビジネスの論理よりも「英語」が優先されることも多々ありますが、
・給料をもらいながら英語を勉強できる。
・仕事で他の国を見られる(海外出張)。
・会社を通して海外生活の機会を得られる(赴任)。
とちゃっかり、おいしい思いも出来ますよね。

私はこうしてカナダに来ました。

日本企業勤務者

>mohnoさん
ここは日本なので、日系企業という言葉もマッチしていないと思いますが、内容も間違いが多いですね。あまりシャレにはならなかったようです。少なくとも、顧客を適当にあしらうと、上司はともかく顧客が黙っていません。B2Cだと、社会問題になりかねませんし。
もしかすると、日本のオーナー社長&10名くらいの会社を指しているのでしょうか。だとすると、少しだけ当たっているかも知れません。それにしても、英語を読めないから技術的についていけなくはないのではないでしょうか。

>きょこさん
僕も何名か外資に勤める友人がいますが、当たっているところもありますが、やはり優秀な方も多いように思います。クビになるにしても、日本企業のような猶予はないようですから、真剣勝負で仕事しているそうです。
とは言え、たまに訳の分からない方が混じっていると、ちょっと言ってみたくなったんでしょうね。

mohno

> 日本企業勤務者さん
気分を害されたのでしたら、すみません(それは本意ではありません)。バブルの時代を含め、いくらか伝え聞いた話をベースにはしていますが“創作”です。今の日本企業が気軽なわけがありません。「大変さ」に対するアンチテーゼです:-)(意味不明)。(→トラックバック)

平野様>
本当にTOEICは恐ろしいほど点数があがり、びっくりしています。それから外資の大変さを体感した方が日本企業の社長に就任されると、本社対応などに追われていた時間を他に使うことができ、よりいっそうすばらしいビジネス展開ができるような気がします。御社もまさにそのような会社ではないでしょうか?それから、アイティメディアの会長さんも外資体験者ですよね。

mohno様>
上質のブラックジョーク、とても楽しませていただきました。こんな会社がもし存在したらすごそうですね(笑)。

ken@globe様>
確かに海外に行けるというのは、海外好きな人間にとっては利点ですね。私もシアトル、バンクーバー、シンガポール、ウイーンなど、気がついたらいろいろな場所に行くことができました。来月はシドニー出張の予定があります。

ただ、海外に行くという意味では、記者の方々のほうがITベンダーの取材で、はるかにたくさん海外に行かれているかもしれませんね。

日本企業勤務者様>
ご指摘のように、外資にはできる人もたくさんいるけど、わけのわからない人も混じっている。それは日本企業も一緒だとは思いますが、日本企業とはまた一味違った苦労もあったりして、そういうのをうまく説明したかったのですが、まだまだ文章力が足りないようです。ちなみに私はリストラ体験者です。「辞めさせられるときに、お金もらえたんでしょ?いいなー♪」という友人がいますが、一度体験すると何とも言えない不快な気持ちになります。今となってはよい勉強になりました。株価が下がってきた、設立3年目くらいの小規模外資は危険なんだなーと思いました。でも、辞めた後もお付き合いする記者や制作会社の顔ぶれはほとんど変わらず、IT業界自体がひとつの会社であるような感じがしました。

ぷーさん

私も外資系のソフトベンダーにいましたが、
確かにそういう傾向はありますねー

ですので英語だけの能力では解決できない技術的な事は、
ぶら下がっている日本の会社に高いお金を出してやってもらっていましたねー

だから、本当の技術屋さんは結局辞めて行きます。

ぷーさんさま>コメントありがとうございます。私が在籍していた会社がたまたまそうだったのかもしれませんが、英語が得意なマネジメントの人間が、技術屋さんの重要性をとても理解しており、技術屋さんがとてもよい待遇をうけ、居心地の良い中で、実力を出しているという感じでした。本当の技術屋さんが辞めていく環境だと、ちょっと辛いものがありますね・・・ついつい、直接お金を稼いでくる営業が優遇されることが多い業界かもしれませんが、技術のある人をちゃんと大事にすることが、会社が成功する際のひとつの鍵であるようなきがしますがどうなのでしょうか。

外資で12年

新卒で米系企業に就職して以来、米・英企業を4社渡り歩いてきたIT技術者です。
確かに、英語力はどこも必須でした。小さいところで日本法人の社員数が20名程度、多いところで1200名程度でしたが、~300名レベルの企業だとほとんどのポジションで米国本社や他の地区の社員と共同作業を行う必要があり(特に私のようなシステム管理者の場合は、本国のチームと密接に関わります)、それゆえにコミュニケーション能力の基礎として英語力が問われます。私自身、部下の採用に携わっていますが、私が部下のために通訳をする気はありません。このため、どんなにスキルがあり、人物としても申し分ない場合でも、コトバがある程度できないと、涙を呑んで(本当です!)書類審査や一時面接でdeclineしてます。
英語を使わないポジションに採用された人も、業務に携わりながら英語力を磨いていかないと、その後の昇進が難しくなります。上のポジションに行けば行くほど、本社との関係が出てきますからね。
それ以外は、本当に「会社による」と思いますよ。
どうしようもないexpatが送られてきて、アメリカの習慣で何もかも進めようとしたり、budgetを本国にしっかりと握られている会社もありましたが、"Think Globally, Act Locally"を地でいく会社もあり、日本にかなりの権限を持たせているところもありました(特に、割合と新しい会社で日本地区の売り上げの貢献が大きいところではそうでした)。
日本の大企業でも、アジアの支社などでは、役に立たない支社長が日本から送り込まれてきて、日本からの赴任の社員だけが待遇も違い、日本語ができる現地スタッフがやはり重宝される...という話も聞いたことがあります。全く同じですね。
PR会社も、本社が指定してくるところは大抵米系で、仕事を一緒に進めるにはむしろやりやすい(プロセスを理解している)ことも多いのではないでしょうか?確かにコピーを全然別なものにすることはできず、翻訳でうまく伝えるのは困難ですが、私が勤めた会社のPRに関して言えば、結構いい仕事してましたよ。いわゆる外資系の雰囲気を残しつつ。

英語だけできて仕事ができない人間が、言い訳の上手さかご機嫌取りの上手さか、どんどん昇進していくのを見たこともありますが、上司とコミュニケーションが取れない人間が昇進できないのもまた必然です。コミュニケーション力があって上司の提示する目標や指示を理解し、仕事がしっかりできる人間がいれば、当然その人が昇進する事でしょう。

上司が海外にいる、というのも私は多く経験していますが、ある程度ローカルの職務は任されているので、頻繁なメールと、2週に1度の1:1で充分なコミュニケーションが取れています。特に問題だと思った事はありません。
全てのレポートを英語に翻訳、とありますが、元々公式のドキュメントは全て英文で作成していますので、特に不自由は感じません。雑誌の記事などに関しては、クリッピングと英訳を外注する方法もありますよね。
あと、カタログが「英語でも大丈夫だろう」というのは絶句!ですね...。そんな会社は見たことありません。逆に、日本在住のお客様に、英文の資料はないのかと尋ねられる事は多くありますが....。
承認プロセスは、権限を持った人間を捕まえられさえすれば、むしろ早いことだってあります。

単に私が日本の企業に勤めた経験がなく、いい所を見たことがないために、不便さを知らないだけかも知れませんが....。

あと、確かにTOEICのスコアは上がります。新卒時に700点台中盤だったのが、何も英語習得の努力をしなくても、今では900点台後半になりました:)

外資で12年さま>
コメントありがとうございます。参考になる部分が多く、うなづきながら拝見させていただきました。

新卒時点ですでにTOEIC700点中盤というのは、かなり高いですね。現在900点台後半ということはほぼ満点に近い状態ですね。すばらしいですね。

私があげた例はいろいろな知人友人から聞いたおもしろい例なので、すべての外資系にあてはまるものではありません。もちろん、うちの会社の話ではありません。でも、本当にすごく大変な会社もあるようですね。

mohno

(トラックバックしましたが)「大変さ」という部分について、それなりに理由もあるだろうという気はします。とくにレポートは重要で、「あいつは、いつも頑張っている」という人情的な理解はされなくて、ちゃんと「わかりやすく」レポートしているかどうかが重視されますね。(←お前が言うな、という声あり^_^;) 公正さという面では当然かもしれません。また、本社のやりかた愚痴をたれることはあっても、面と向かって文句を言わない人も多い気はします。
> カタログが「英語でも大丈夫だろう」というのは絶句!
こういう人もいました。さすがに大反対されましたが、中にはイエスマンがいたり^_^;

mohnoさん>TBありがとうございます。確かにレポートのわかりやすさも大事ですね。それから、MBAを持っている上司も多く、いつも公正に判断を下そうとして、数字が大好きなのですが、「この見込み客は2-3年で導入すると言っている。デモを見たいといっているが、今は1年以内に導入を決めているところだけを相手にして、これは何もしなくていい。効率が悪い」と言われたときには私は倒れそうになりました。説得しましたが「グローバルビジネスがわかっていない」と逆に怒られました。(今在籍している会社の話ではないです。念のため)もう時効ですが、あの客はきっと競合にとられてしまったと思います。

mdack

IT業界で日系・外資系の両方を経験していますが、マーケティングについては日系企業のほうが
きめ細かくできることが多いです。エントリの通り、本社の論理に振り回されますし、結局日本は極東の一オフィスにしか過ぎません。

しかし、日系企業では開発がそばに居ることも含めて、マーケティングとしての横串もさせますし、有効なオカネの使い方も可能です。

とは云っても、日系企業でのマーケティング担当者は経験やアカデミックバックグラウンドが無くても社内事情等による異動で“なんちゃって”マーケさんが上司になったりすることも多くあるので(外資系の本社はいくら日本のことを知らなかったり、軽視していても、それなり以上のスペシャリストが担当しています)結局、オカネが湯水のようにムダ遣いされているだけという結果につながったりもするわけで。

なんとか両者のいいところを融合させたいものだ、と思いつつ日々格闘しています^^;。

mdackさん>コメントありがとうございます。確かに両方をご経験された方の的確なお答えですね!

日本企業のマーケ担当者は、経験がなくても、もともと優秀な方でスマートに仕事をこなされているかたも多くいますが、社長などの親戚の方などがいきなりマーケに抜擢され、効果測定もせずにとにかくお金を使うだけのケースもあるようです。

本当に両社のいいとこどりができたらいいですよね!うちの会社は中堅のERPベンダなのですが、私もいいとこどりができるよう、日々努力をしています。

コメントを投稿する