オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

WWDC 2012の感想

»

WWDC 2012が行われて多くの発表がありました。その中で気になった点の感想を書いてみます。

■iOS 6

予定通りiOS 6が発表されました。実際は次のiPhoneの製品と同時ぐらいに発表なのでしょう。

噂にあがっていたmapの変更や、Facebookの連携などがありましたが、私は一番期待したのはMobile SafariのWebGLの正式サポートでしたが、それは発表の中ではありませんでした。機能的にiOS 5から入っているのですが...(現時点では正式にはiAdからしか操作できない)

iOS 5 betaでも時間が経つにつれて機能追加が多かったようですので、今後に期待したいと思っています。WebGLサポートして欲しい...

iOS 5でTwitter連携機能のおかげでTwitterへのアクセスが増えたと言われています。このため、Facebook連携で同様にFacebookへのアクセスが増えるのではないかと思われます。

既にiOS 6 betaが公開されているので、インストールして試してみたいと思います。

iOS 6からiPad 1stが対象外(iPod touch 3thも)になりました。私はデバッグしていてiPad 1stの速度が遅くて辛いと思っていました。AdobeのあるアプリではiPad 1stをサポート対象外にていることもあって、iPad 1stの寿命もここら辺で終わりでいいのかもと思わなくもありません。

A4とA5では性能差は顕著ですので、この選択もありかと思うのですが、iPhone 3GS、iPod touch 4th、iPhone 4もサポート対象なので、Appleの判断はいまいち分かりません。メモリ搭載もiPod touch 4thとiPad 1stと同じで256MBなのですが。

■Safari 6

一応は、Safari 6もSafari dev centerに公開されています。Safari devへの申請は無料なので、アクセスしてみるのはいいのではないでしょうか。OS X Mountain Lionのリリースが7月と発表があり、それと同時にリリースのようですので完成度が高いような気がしています。

こちらもダウンロードして試してみようかと思っています。

■Retina対応Macbook Pro

ずっと噂になっていたRetina対応Macbook Proが発表されました。ですが、15インチのみでした。

Macbook Airも廉価のMacbook ProもIby Bridgeを搭載しても高精細化していません。Macbook Airは1,920x1,080あたりを搭載してくるのかなと思っていたのですが、4倍の解像度をアピールするためかありませんでした。

また、17インチをディスコンにされました。解像度的にハイエンドでないとは物理サイズとして17インチの需要はありそうなのですが。これは17インチで3,840x2,048あたりのサイズが準備できないからでしょうか。また、Macbook Pro 17インチとiMacユーザはバッテングしていたと思いますしね。

何でも2倍にしてしまうとMacbook Air 13インチは相当難しいサイズになってしまうのですが...Macbook Pro 13インチとMacbook Air 11インチあたりは解像度が低いため出せそうな気がしますが。Macbook Air 13インチだけ取り残されるかはあるのでしょうか。

次はどのラインナップをRetina対応するのでしょうか。次回のMacbook Pro/Airのリプレイスは2013年の春ぐらいですかね(CPUのバージョンアップ時)。

■発表されなかったiMac

Mac Proがひっそりとリプレイスされましたが、iMacはリプレイスのアナウンスがありませんでした。

OS X Mountain Lionと一緒に発表でしょうか。2011年のOS X Lion発表時もMacbook AirとMac miniと一緒でした。OS発表にも花が必要なのか、それともOS X Mountain Lionで必要な機能と一緒にする必要があるのか分かりませんが。

AppleとしてはMacbook Pro > iMacだと思います。このため、WWDC 2012で注目度があるRetina対応Macbook Pro発表を優先させたのでしょうか。iMacはさすがにRetinaはないのではないかと思うのですが、どうなるでしょうかね。噂もありませんし、2,560x1,600はさすがにRetina出来ないでしょうし。

iMacユーザはもう少し待たないといけないのかも知れません。

■まとめ

WWDC 2012で私は一番期待していたのはiOS 6でWebGLサポートでした(噂にもあがっていませんでしたが)。それがなくて少しがっかりしていますが、iPad 1stをサポート対象外になったのは少しうれしく思っています。iPad 1stとiPad 2では性能差は思いのほか大きくて。iPad 1stにあわせるとチープになり、iPad 2にあわせるとiPad 1stで遅すぎる事象になりまして。

Retina対応は1カテゴリのみでした。もう少し広範囲に採用されるのかと思っていたのですが。このRetina対応は、他のPCメーカにどの程度影響を与えるでしょうか。すでに"COMPUTEX TAIPEI 2012の感想"にも書きましたがいくつかのメーカはメディアタブレットで起きた高精細化の流れに関してノートPCで対応を始めています。

多くのラインナップでRetina対応していれば、PCメーカは一気に追随したと思いますが、1ラインナップだけでは段階的な追随に終わるかも知れません。2013年末にはRetina非対応は少なくなる(廉価版のみ)かも知れませんが、ゆっくり移行しそうな気がします。

時間を作ってiOS 6 betaでもインストールしてみたいと思います。

Comment(2)

コメント

ikemo

サポート対象になるかどうかは、性能でなく、販売時期で決めてるようです。初代iPadは販売終了から1年経ってますが、iPhone 3GS、iPod touch 4th、iPhone 4はまだ販売中なので、サポートは切れないという判断でしょう。

TETSU

AirのRetina対応は密かに期待してたんだけど、今のRetinaはどうしても消費電力が上がってしまうので、バッテリーを沢山つめる機種でないと難しいのでしょうね。シャープのIGZOに期待
でもWindowsだとまだ難しいかも?OSがちゃんと対応していないと、一部のノートPCであった使いにくく(ダイアログウィンドウが小さ過ぎとか)なりそうですからね。きっとWindows 8から・・もしくは次のサービスパックあたりかも・・ハードとOSを別々に作っているとこの辺の新しいものへの対応はどうしても遅くなりますからね。(これも一種のイノベーションのジレンマ)

コメントを投稿する