オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

Ultrabookは普及するのか

»

IFA 2011で東芝、Acer、Lenovo、ASUSからMacbook Air似のUltrabookが続々と発表されました(まだ発売じゃないみたいですが)。

Intelは、Ultrabookの構想を2011/6の時点で発表しています(Intelの「Ultrabook」計画の感想)。これがようやく現実味を帯びた製品が出てきたことになります。

Macbook Airを使っているとライトな用途ではこのサイズで十分(ストレージも含めて)ですし、たぶん多くのユーザはライトな部類でしょうから、ほとんどの多くのユーザはMacbook Air程度で必要な性能を網羅していると思います。

また、メディアタブレット対策としてキーボードが付いたインターネット端末の魅力で撃退もしたいでしょうし、Appleから急かされているのもあるでしょう。

このため、IntelとしてはUltrabookの普及させたいはずです。

ですが、ここで気になる点が2点あります。

1点目は、解像度の関係です。IntelはAtomを出したときにメモリ搭載量や解像度に関して規制しました(安くしない)。見ていると13.3インチの1366×768ばかりに見えます。Macbook Airの解像度は1440x900です。13インチクラスでももう少し解像度を上げられます。解像度関係の規制があるのでしょうか。また、何も13.3インチである必要性がありません。14インチクラスの薄いタイプがあってもいいはずです。特に14インチだと1600x900の高解像度が一般化しているため、この解像度を持つUltrabookとかでないのでしょうか。

2点目はAtomとの関係です。低消費電力市場はAtomが担うはずでした。ですが、Ultrabookを見る限りSandy Bridgeの低消費電力タイプが使用されています。Atomを採用しなかったのは性能が低すぎるからでしょうか。Atomの役割が小さくなり始めているように思えます。

今後のUltrabookの方向性も気になります。"2013年の「Haswell」は,大きな転換点。Ultrabookで「PCの再定義」を狙うIntelはHaswell世代で何をもたらすのか"において、IntelはHaswell世代で大きく消費電力を低下させるとあり、もっと薄く・軽くなりそうです。

また、Thunderboltで外部接続パスが速くなればドッキングステーションでGPU、ストレージ、ディスプレイを接続可能です(2011年時点ではPCI-Express x4程度なので、内部バスから比べれば速いとはいえません)。ドッキングステーションをディスプレイと一体化すれば、Ultrabookとディスプレイだけしか見えないけど、パワフルなGPUや大容量なストレージ等が搭載できるかも知れません。ある意味見た目はiMacとMacbook Airの構成だけど、一台で実現するような方式でしょうか。

Ultrabookは、Intelがプッシュするため価格は抑えられるでしょう。このため、ある程度市場には受け入れられると思いますが、ネットブック並みの安価だとは思えません。このため、ネットブック登場時期ほど出荷台数が増えないでしょう。また、ライトなユーザはメディアタブレットに流されてしまい、Ulrabookでもそれを止めることが出来ない可能性は高いと思います(よっぽど安価なら別ですが)。

UltrabookはスタイリッシュなノートPCは増えると思いますが、メディアタブレットやスマートフォンと競い合うにはまだ足りないと思います。

Comment(2)

コメント

TETSU

問題は値段ですよね。
薄くて軽いノートなら日本には他にも沢山あるけど、Airほどコストパフォーマンスに優れたものは少ないですから(というか日本メーカーの軽量ノートは高過ぎ)一部のライターには人気が高くて記事にはなるけど売れ筋にはほど遠いのが現状ですね。
今はIntelの縛りはそれほどないと思うけど、値下げ努力は各メーカーがやらないとならないからキツいですね。AppleはMacのソフトでも販売手数料という収入が入るビジネスモデルになってきているし、ますますその他のメーカーとの差が広がりそうです。

Thunderboltは重要なキーテクノロジーになりそうですね。
高速というよりも、軽量ノートの場合はポート数に制限がありますから、何でも接続出来るポートは有益です。あとDisplayportが今度こそ広まって欲しいです(と各メーカーも思っているでしょう)HDMIだとライセンス料がかかってしまうし、PCまでHDMIがデファクトになると各メーカーはさらに収益に影響が出てきてしまいますからね。
ドッキングステーションは面白いアイデアなんだけど、VAIO Zでもそうですが、専用品だとどうしても値段が高くなります。各社互換性のあるドッキングステーションが出てきて、数が出るようになれば安くなってさらに広まると思うのですが・・・

TETSUさん、コメントありがとうございます。
>今はIntelの縛りはそれほどないと思うけど、値下げ努力は各メーカーがやらないとならないからキツいですね。AppleはMacのソフトでも販売手数料という収入が入るビジネスモデルになってきているし、ますますその他のメーカーとの差が広がりそうです。
なるほど。同じ製品では若干安い気がしていたのですが、確かにそれがありますね。
>あとDisplayportが今度こそ広まって欲しいです(と各メーカーも思っているでしょう)
そうなんですよね。ライセンス料からしてDisplayPort普及すると思ったのですが、なかなか普及しなくて(特にディスプレイ側)。Appleの強引な手法で普及しないかなと思ったりしています。

コメントを投稿する