オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

docomo 2010 Winter Collection Preview Eventに行ってきました~GALAXY Tabほしくなった~

»

"docomo 2010 Winter Collection Preview Event"に行ってきてスマートフォンを触ってきました。

2010年冬に発表されたスマートフォン系は6製品です。

上段の左から、REGZA Phone、LYNX 3D、Optimus chat。下段の左から、BlackBerry Curve 9300、GALAXY S、GALAXY Tabになります。

HT-03A(Android携帯電話)を購入」にもあるとおり、私はHT-03Aユーザです。2年しばらりがもうそろそろ(まだ半年以上もあるけど)解けそうですが、はっきり言えばHT-03Aには不満がいっぱいで買い替えたいといつも思っていました。ですが、よしこれに移行しようというほどの製品もなく悩んでいたのが本音です。今回のイベントで後継機種のその悩みを解消させる目的で参加しました。

・Optimus chat

HT-03Aからもっとも移行したいと思っている機種です。持って一番思ったのはHT-03Aって結構重いのね。HT-03Aと比べると全ての機種が軽かったです。1年以上の機種なので当たり前ですか。

Optimus chatの一番良いところはハードウェアキーボードを持っているところです。どうしてもソフトウェアキーボードに慣れなくて、HT-03AでTwitterをするのもほとんどTLを眺めるだけで発言できません。

このため、Optimus chatのキーボードの感触を確かめたかったですが、問題ないレベルです。Optimus chatには、おサイフケータイやワンセグはありませんが、どちらもHT-03Aを使ってきた私には必須の機能ではありません。このため、キーボードも良かったので、買うならばこれにするかも知れません。

・GALAXY S

人気の機種です。使ってみて思ったことはいや、やっぱりいいですね。液晶も大きいですし、速度も十分です。Androidも2.2なので良いですね。ブラウザもHT-03Aよりも速い(ここ大事!)です。ハードウェアキーボード必要としなければ、GALAXY Sが一番良いかも知れません。

・LYNX 3D

3D液晶をもつAndroid。いくつかのソフトも入っていて、それを見るかぎりは3Dに見えました。説明していただいた方が人によって距離に依存するらしいですが、私も十分に3Dに見えます。

映画では3Dは普及し始めましたが、3D液晶はそれほど普及していません。ソフトが揃い始めてもビューアーの方が今一歩です。PCもなかなか普及していません。このため、3D携帯電話を楽しむ環境が整うのに時間がかかりそうな感じがします。

OSは、2.1ですが、2.2は予定されているそうです。また、2.1でスタートはdocomo側から提示だそうです。年末商戦に間に合わせるためだと思います。2.2へのupdateを予定されているのは良いことだと思います。

・GALAXY Tab

はっきり言って、今回のスマートフォン系の6製品の中で最も持って帰りたいと思ったのはGALAXY Tabです。

iPadを持っていても電車の中で使うのは辛いと思っていました。7インチサイズは電車の中で座って使えますね(Dell Streakのほうがより良いらしいですが)。そうなんです電車の中で使うにはiPadは大きすぎますし、重すぎます。私は電車通勤ですが、幸運なことに座れる路線です(下り路線)。このため座っていつも本を読んでいますが、もし、ここでGALAXY Tabサイズのものがあれば非常に良いのに思います。

11/15から予約が開始されるそうですね。ただし、3GオンリーでWi-Fiオンリーはないそうです。スマートフォンの2台契約はちょっとお財布にやさしくないので、もう少しなんとかしたい。

デザリング機能もないことを考えるとそのあたりを改善してくれればと思わざるを得ませんでした。

また、私は試していないのですが説明員の方が他の方でbluetoothでマウスも認識して使えたそうです。iPadはキーボードしか認識しませんが、書き物を使用した場合にマウスが手元にあると便利です。GALAXY Tabが机で使う場合も良さそうです。

・REGZA Phone

4インチと大型の液晶の和製Androidと言った感じで、多くの日本では必須の機能が盛り込まれています。防水機能も付いているため、タフに使えるスマートフォンになります。

・BlackBerry Curve 9300

RIMのBlackBerryです。私はBlackBerryを購入対象と考えたことがなかったので、初めて触りました。「スマートフォン市場(Q2'10)~Android好調~」スマートフォンシェアを書いているようにRIMに対しては悪いイメージはありません。

また、以前にNokia E61をストレートタイプでハードウェアキーボードを持つタイプは嫌いではありません(E61を使ってちょっと好きでなくなったが)。

BlackBerry Curve 9300を触って一番感心したのは持ちやすさです。滑り止め的な筐体の表面と大きさは最もフィットしました。よく考えられたデザインです。ただし、タッチパネルになれた身では、タッチパッド(E61もそうだったが)は違和感がありますね。慣れが必要なようです。

・まとめ

ようやくスマートフォンの種類が多くなってきました。Androidの良いところは多様な機種があるところだと思います。ユーザにとって必要とする機能は多様です。例えば、私にはおサイフケータイ(これは使ってみたい)やワンセグは必須ではありませんが、ハードウェアキーボードがほしいと思っていました。

ですが、LYNX SH-10Bはでかすぎますし、dynapocket T-01BやRIMはAndroidではありません。このため、購入対象はないと悩んでいましたがようやくほしいと思った製品がでました。今回のシーズンで購入を検討してみたいと思います。

ワールドワイドではAndroidはもっと多様な製品が多く出ています。日本へのローカライズも必要だと思いますが、もっと多くの製品を投入してもらいたいものです。

【スマートフォン】
スマートフォン市場(Q2'10)~Android好調~
Gartnerのスマートフォンシェア予想に関して
LYNXのタッチ&トライイベントに行って来ました
HT-03A(Android携帯電話)を購入

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する