オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

OpenSolaris 2008.11をインストールしてみた

»

OpenSolaris 2008.11がリリースされたため、インストールしてみました。インストール先は、VMware Server 2.0上で行いました。

VMwareへのインストールは、ダウンロードしたisoファイルを光学ドライブと設定してパワーオンを行えばすんなりインストールできます。このあたりは、他のOSと違いはありませんでしたが、日時を最初から登録させられるのはちょっと意外でした。普通は自動で入っていますので。

さわりしか使っていないため、正確な評価はできませんが、前回調査したUbuntu 8.10との比較だけしてみます。

OS V8 Benchmark
Suite
起動時間
(秒)
Ubuntu 8.10 167 49
OpenSolaris 2008.11 145 97

若干Ubuntuよりも重い印象が残りますが、OpenSolarisのいいところはそういったところではないため、これからゆっくりとUbuntu等と比較していきたいと思います。

いまさら思ったのですが、使いやすかったのでVMware Serverにインストールしましたが、SolarisならばVirtualBoxだったでしょうか...

それでも仮想化の環境があるとOSのインストールは、少しも苦になりませんね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する