オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

「良し悪し」を「よしわるし」と言ってしまう恥ずかしさ

»

 ある説明会で、若い講師が「よしわるし」という言葉を何度か使っていた。 とても違和感があったので、夕食でご一緒させていただいて、酒もかなり入ったときに単刀直入に聞いてみた。

「普通"よしあし"って言うよね、、」

「え?あ、そうですか、おはずかしい」

 特にどちらが正しいというわけでもないし、恥ずかしいことでもないのだが、やはり違和感がある。

<なぜ、"よしあし"と言うべきか>

「良し悪し」は、定義や慣例からは「よしあし」と言っても「よしわるし」といっても構わない。

 しかし、視聴者側から見て、どちらの場合により違和感を感じないかと考えると「よしあし」と言うべきだろう。

 セミナー講師が「そもそも、ものの"よしわるし"がわかっていない」「"よしわるし"を見極めてから、、」と言っていると、この人は言葉を知らないなーと急に薄っぺらい人間に見られてしまう場合が多い。 あくまで、そう感じる人が多いということが重要だ。 スピーカーは視聴者に合わせるべきだからだ。

 同様にセミナー講師が「ものの"よしあし"がわかっていない!」「計画の"よしあし"を考えてからアクションするべきである」「よしあしを見極めて行動するように」「よしあしは別として、、、」と言っているほうが自然に聞こえる人が圧倒的に多い。

 実践面では、違和感がないかぎり「よしあし」と言うことをお勧めする。

そして、「よしあし」では違和感がある場合は、別な言葉に置き換えて話すべきだろう。

<"よしあし"と"よしわるし"の使い分け>

 先に書いたように基本は"よしあし"と言うべきで、不自然な場合は他の言葉に置き換えるべきだが、実は"よしわるし"が正しく、"よしあし"と言わない方がいい場合がある。

 使い分けだが、

「良い面、悪い面」という言葉に置き換えられる時には「よしあし」で、「良い面ばかりとは言えないの」に置き換えられる場合に「よし、わるし」のようだ。

 「Notesの機能の良し悪し(良い面、悪い面)もわからないくせに」は"よしあし"で、

 「仕事をやり過ぎるのも良し悪し(良い面ばかりとは言えないの)だ」は"よしわるし"

となる。

「ものの良し悪しがわかっていない!」をそれぞれ置き換えてみると、

「ものの良い面、悪い面(よしあし)がわかっていない」

「ものの良い面ばかりとは言えないの(よしわるし)がわかっていない」

となり、"よしあし"と言う方が正しいことがわかるだろう。 他の文章でも試してみて欲しい。

 考えすぎるという悪(あ)しき習慣が私にはある。 考えすりぎるのも良し悪し(よし、わるし)だろう。 まずは、"よしあし"を基本としよう。

 国語の先生がいれば、意見いただけないだろうか。

Comment(8)

コメント

国語の先生じゃないですが親戚が先生なんで・・・
 
自身、「重複」を、「ちょうふく」と絶対読み、「じゅうふく」とは言いません。ですが、最近はどっちでもいい慣習になってるようです。
若造の頃、徹底的に治されたのに、どっちもいっぱい使われればルールがそれに合わせるのでしょう。
いつか、この件もそうなるかも知れませんね・・・^^;

そうなんですよ。 私も「「ちょうふく」を含め、徹底的に叩き込まれたのに、調べると、最近はどちらでもいい、と書いてあり、ちょっと納得いかない気分です。言葉も、デファクトスタンダードの時代なんですかね。
コメントありがとうございます。

NOKO

こんばんは。国語の先生に確認してみました。

> セミナー講師が「よしわるし」を何度も使っていると、この人は言葉を知らない、薄っぺらい人間に見られてしまう場合が多い。 あくまで、そう感じる人が多い。

やはり世間一般ではそう感じられたり、知識があまりないとか思うようです。

世間では慣用的な言い方をするので「よしわるし」とも言うけれど、基本的には「よしあし」だそうです。
その理由は、日本語としてみると、良いか悪いかのグレードは昔は4つ、現代は2つである。

よし(1番) → よろし(2番) → わろし(3番) → あし(4番)

1番の「よし」は、非の打ち所なく完璧に良い、2番の「よろし」は、悪くない(現在も「よろしい」と言う言葉で使われている)、3番の「わろし」は、良くない(わるしの語源?鎌倉以前はわるし、鎌倉以後はわろしという表現)、4番の「あし」は、全然だめという意味なのだそうだ。
だから、1番の対は4番になり、1番と3番の組み合わせはあり得ない。従って、「よしあし」という言い方が正しいと言えるのだそうです。
しかし、今は慣用的な言い方をするようになっているので、広辞苑(第6版)や大辞林(2007年度出版)にもどちらの読み方も載っています。
基本は「よしあし」とするということで良いのではないかと思います。

NOKOさん
>よし(1番) → よろし(2番) → わろし(3番) → あし(4番)
これは、「へー」ボタン20回です。
 お墨つきをいただきましたので、基本は「よしあし」で統一ですね。
本当にありがとうございます。

kamo

だいぶ以前のBlogにコメントしてすみません。昔、「一朝一夕」を「いっちょういちゆう」と大きな声で会話しているラインマネージャーがいたことを思い出しました。さすがにこれは間違いですね。あっ、今度xLotusのGolfコンペに来るんだった。。。

Kamoさん
 コメントありがとうございます。 一朝一夕を今調べているところです。 ふむなるほど。
 コメントありがとうございました。 Golfコンペですか。 皆様によろしくお伝えください。

himat

タイミングしくじって上げ損ねたコメントなんですが、(よしわるし)は、良い悪い(いいわるい)と混同してるんじゃないでしょうか。
古文と現代文では評価基準に差があるみたいですけど、良し悪し(よしあし)は絶対評価、良い悪い(いいわるい)は相対評価だそうです。。
まぁ、言葉は動くもので良いも悪い(いいもわるい)も無いのかもしれませんが、評価基準の異なる物をまぜこぜにするのも良し悪し(よしあし)ではないかと(^^)。

himatさん
 コメントありがとう。
>良し悪し(よしあし)は絶対評価、
>良い悪い(いいわるい)は相対評価
 確かにそれで辻褄があいます。
 しんぷるなので、とてもわかりやすいです。

コメントを投稿する