オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

「ブログを書く」は間違ってる?

»

 IBMの社員でさえ私の年代ともなるとブログを書いている人は1割以下だ。 ましてや、社内のブログを利用している人は1、2%と言ってもいいだろう。(Notesがその代わりをしているが、、) そんな中で飲んでいると「吉田さん、良くブログを書いている時間がありますねー」みたいな会話が良くある。

 先日、ある50歳代の方から

「ブログってなんなんだい? 個人のホームページみたいなもんだろ? だったら、ブログ””書いてるんじゃなくて、ブログ””書いてるんだろう。」

 と言われた。 確かにそうだ。 絵を描くときに「キャンパスを描いている」とは言わない。

 ”ブログ”というのは、表現の場所であって、コンテンツ”中身”ではないのである。

 ブログに何を書いているのか?と聞かれるとこれまた困る。 コラムと言えるほどでもないし、ニュースでもなし、情報を書いているという感覚も無い。 だからついつい「ブログを書いている」と言ってしまう。

<ブログとは>

 若いやつが面白い解説をしてくれた。 

 「ブログ」とは、もともと「Webログ」、つまりWeb上のログ(記録)のことを指し、自分が記録として残しておきたい出来事、気づき、悩みを単に書き留めておくことそのものを指す。 「ブログを書く」とは「Webにログを書く」だから「ブログを書く」は正しいわけだ。つまらない会話だが、腑に落ちた。

 集合知だとかなんだとか言うが、それは、ブログを書いている人には関係ない。自分書き留めておきたいからログとして残す。 誰かに決められた目的や誰かに使ってもらうためではない。書いた内容についてとやかく言われる筋合いも無い。

 膨大なインターネットでは、それを必要とする人たちがいるから、公開してあげているわけだ。

 家計簿や気づき、個人的な意見などは、会社では必要とされないだろうが、インターネットの世界では大きな価値を生むのである。 だからWebに書く。 読む側は価値があるものを取捨選択してして利用すれば良い。 個人的に書いた内容に文句をつけるものおかしなものである。

 少しそれたが、「ブログに書く」という言葉の使い方は正しいのだ。

Comment(6)

コメント

矢崎

日記と訳しちゃったところらへんから、
勘違い(日本独自の文化として捕らえても良いかもしれませんが)が始まっちゃったような気がしています。
私がWebLogに初めて出会ったのは、更新丸という純国産のフリーソフトでした。
っていうか、最近になってあれってブログだったんだって気づきました。

ちなみにログって、コンピュータのログと同じログで、
ログハウスのログとも一緒です。
航海のときに、船の速度を測るために、
ロープに一定間隔の丸太を付けて、
海に投げ込んで、丸太が海に投げ出される時間を計ったことから、
ログ(記録)の意味がつきました。

nakamoto

>読む側は価値があるものを取捨選択してして利用すれば良い。

→とても納得です。

>個人的に書いた内容に文句をつけるものおかしなものである。

→コメント機能をはずしていない=自由に意見してくださいという意味が込められているように閲覧者は錯覚することもあると思います。文句と仰っていますが、意見が批判なのか、建設的な議論のつもりなのかは、コメントの受容者によってことなるので難しいですね。

この記事、ちょっと嫌なことがあったのですが、とても納得できる記事で、嬉しくなってきました・・・今後も有意義な記事を期待します。

矢崎さん
>日記と訳しちゃったところらへんから、勘違い
 訳さずに「ログ」としておいたほうが良かったように思います。
更新丸は懐かしい。 もう、ほとんど残っていないでしょうね。
>船の速度を測るために、ロープに一定間隔の丸太を付け
>て、海に投げ込んで、丸太が海に投げ出される時間を
>計ったことから、ログ(記録)の意味がつきました。
これらの話は、昔どこかで聞いたのですが、丸太でなぜ船の速度がわかるのか、いまだに理解できていません。
コメントありがとうございました。

nakamoto-san
>意見が批判なのか、建設的な議論のつもりなのかは、
>コメントの受容者によってことなるので難しいですね。
 そう思います。 実際書いている側が批判なのか、建設的な意見なのかは別として、コメントを書かれた方は「建設的な意見」としてとらえるべきなのかもしれません。
コメントありがとうございました。

Zero Cha Cool-san
ブログを楽しくみさせていただきました。 スポーツ心理学関係が多いようですね。 長女が中学のソフトボール部(県大会優勝し日本一を目指していました)だったときに、メンタルトレーニングの竹中先生をお招きしたことがあります。
 とても楽しく役立つ内容が満載で、こんな世界があるんだと驚きました。 ご存知かもしれませんが以下参考まで。
http://www.s-hearts1.com/

コメントを投稿する