オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかるジョブ型雇用とメンバーシップ型雇用

»

リモートワークを当たり前とする上で、変更を迫られるのが、雇用形態だ。リモートワークでは、仕事を労働時間で管理することはできない。PCに監視ソフトを入れても、全ての仕事がPCで行われるとは限らず、ごまかそうと思えばどうにでもできる。あるいは、始業時と終業時に上司にメールで報告するとしているところもあるようだが、その間の仕事はわからない。監視カメラでずっと見張っているわけにも行かないわけで、「時間」を管理するというオンサイトワークでは一般的なやり方を適用しようとすると、自ずと破呈する。

「労働時間の管理」は、「モノが主役」社会だった時代の考え方だ。たくさんのモノを作り、それを売りさばくことで、企業は収益を上げていた。個々人の個別最適ではなく、汎用的な標準品を効率よく作り、広く市場に売りさばくためには、労働力が最も大切な経営資源であり、その効率や規模を維持することが、経営者には求められていた。そのために、従業員は、働く時間を管理され、長時間働くことが美徳されていた。

24時間、戦えますか?」

1988年に健康ドリンクのCMに使われたこの言葉は、流行語大賞にも選ばれるほどに、世の中の共感を得たのを記憶されている方も多いはずだ。まさに働くとは、労働力の提供であり、できる限り多くの人生の時間を仕事に費やすことが、求められてきた。定時での出社や退社を管理するという考え方は、その時代の常識であり、そうやって働けば、個々人の才覚にかかわらず役職が上がり給与も上がるという「年功序列」も従業員の時間を管理することと同根の思想が前提にある。

もはや「モノが主役」の時代は終焉を迎え「サービスが主役」の時代を迎えたにもかかわらず、この思想が未だ引きずられているのが、現状と言えるだろう。

リモートワークをするしないにかかわらず、この本質的な変化への対処が必要となるつまり、「サービスが主役」の時代では、時間ではなく、成果を管理するという考え方へと変えて行かなくてはならない。リモートワークであろうが、オンサイトワークであろうが、従業員のコミットメントとその成果を管理するという考え方へと変える必要がある。そのためには、従業員と感謝とが、オープンに情報を共有し、お互いが信頼し合える関係を前提に、大幅に権限を委譲することが必要となるだろう。あわせて、ビジネスの現場の「見える化」あるいは現場の透明性を高めるために、ビジネス・プロセスを設定してデジタル化することや、ビジネスチャットなどを使って、コミュニケーションの円滑化を図るなどの対策も必要となる。

何よりも、重要なのは、「セルフマネージメント」だ。労働時間の管理も含め、コミットした目標を確実に達成することを、外部の管理者ではなく、自分自身で管理することができなければ、リモートワークは機能しないだろう。

リモートワークのための手段、例えば、持ち運びできるPCやネットワーク環境、オンライン会議ツールなどを揃えたところで、「コミットメントと成果の管理」、「相互信頼を前提とした権限の委譲」、「セルフマネージメント」が前提になければ、リモートワークで生産性を高めることは難しいだろう。

このような前提が成り立つとして、あるいは、そこへ移行するために、雇用形態をメンバーシップ型からジョブ型へと変えようという動きもある。この両者の違いを整理してみた。

bb38cbf4b1fa132e7bf111a7d35444ac-1024x769.jpg

メンバーシップ型からジョブ型への雇用形態の転換は、企業や働くことの本質の転換でもある。企業のパーパス(存在意義)や働くことの意義、さらには、ひとり一人の生き方を問うことでもある。この転換は、容易なことではないが、社会のトレンドを考えれば、転換を加速するか、先送りするかで、企業だけではなく、個人においても、大きな社会格差につながることを覚悟しておくべきだ。

新入社員のための最新ITトレンド1日研修(参加費 1万円)

NE_Class.png

いまのITの常識を整理して、わかりやすく解説し、これから取り組む自分の仕事に自信とやり甲斐を持ってもらおうと企画しました。お客様の話していることが分かる、社内の議論についてゆける、仕事が楽しくなる。そんな自信を手にして下さい。

オンライン(zoom)でも、ご参加頂けます。

下記日程のいずれか1日間(どちらも同じ内容です)

【第1回】2020年8月3日(月) *定員のため締め切りました*
【第2回】2020年9月2日(水)

1万円(税込11,000円)

新入社員以外で参加されたい場合は、3万8千円(税込 41,800円)でご参加いただけます。

「コレ1枚」シリーズの最新版 第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【7月度のコンテンツを更新しました】
======
新規プレゼンテーション・パッケージを充実させました!
・新入社員研修のための2つのパッケージについて改訂と新規追加
・そのまま使えるDXに関連した2つの講義パッケージを追加 
・ITソリューション塾・第34期(現在開催中)のプレゼンテーションと講義動画を改訂
======
新入社員研修
【改訂】新入社員のための最新ITトレンドとこれからのビジネス・7月版
【新規】ソリューション営業活動プロセスと実践ノウハウ
講義・研修パッケージ
【新規】デジタル・トランスフォーメーションの本質〜Withコロナ時代のデジタル戦略(63ページ)*講義時間:2時間程度
>DXの本質や「共創」戦略について解説します。
【新規】デジタル・トランスフォーメーション時代の最新ITトレンドと「共創」戦略(241ページ)*講義時間:6時間程度
>DXの本質と「共創」戦略を解説するとともに、それを支えるテクノロジーであるクラウド、AI、IoT、アジャイル開発、人材の育成などについて、広範に解説します。
======
【改訂】総集編 2020年7月版・最新の資料を反映(2部構成)。
【改訂】ITソリューション塾・プレゼンテーションと講義動画 第34期版に差し替え
>AI / 人工知能
>注目すべきテクノロジー(量子コンピュータとブロックチェーン)
>これからの開発と運用
======
ビジネス戦略編
【新規】Withコロナ時代のITビジネス環境の変化(〜3年) p.6
【新規】ビジネスを成功に導く重要な3つの要件 p.7
【新規】職場 リモートワークの5段階 p.8
【新規】個人 自己完結能力の5段階 p.9
【新規】職場と個人のギャップ p.10
【改訂】デジタル化:デジタイゼーションとデジタライゼーション p.15
【新規】PDCAサイクルとOODAループ p.56
【新規】価値基準の転換が求められる時代 p.57
【新規】DXと企業文化とアーキテクチャ p.58

下記につきましては、変更はありません。
 ITの歴史と最新のトレンド編
 テクノロジー・トピックス編
 ITインフラとプラットフォーム編
 サービス&アプリケーション・基本編
 開発と運用編
 クラウド・コンピューティング編
 サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
 サービス&アプリケーション・先進技術編/AI

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する