オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

「学生気分」とは「正解が予め用意されている」という思いこみ

»

「なかなか、学生気分が抜けなくて・・・」

新入社員研修の担当者から、よくこんな嘆きを聞くことがある。

kaisya_desk3_man.png

ところで、この「学生気分」とは、いったい何だろう?

いろいろとありそうだが、私が最も強く感じるのは「正解が予め用意されている」という思いこみだ。

学生にとって、授業やテストは日常だ。授業で使う教科書には、正解が書かれている。つまり、正解は、読めば分かると言うこと。また、テストは、「正解を当てにいく」行為だ。教科書に書かれた正解を覚え、設問にその答えを当てはめる。あるいは、教師が予め用意した正解を、その意味を理解しているかどうかはともかくとして、その通り当てれば、点数がもらえる。教師が、答えて欲しいこと、つまり教師の思う正解を当てれば、教師の覚えも良い。つまり、予め用意された正解に早くたどり着く能力の高さが、優秀の条件であった。

学校だけではない。親の正解、友達の正解、世の中が言っていることの正解を、言わば、その意味や役割を考えることなく、あるいは、自分事として引き受けることなく、ただ当てること、その通りに従うことが、学生時代を、あるいは子ども時代をうまく生きる処世術であった。

そんな「学生気分」が抜けない新入社員に質問をすると、それらしい答えを返してくる。そこで、どうして、そう答えたのかを問うと説明できないケースは多々ある。つまり、講師が正解と考えているであろう言葉を、自分の知っている言葉の中から選び、当てようとしただけなのだ。

社会に於いて、正解が予め用意されていないことは多い。それに対処するには、自分の思考の力と思いっきりで、答えを創り出すことが求められる。

この現実を言葉として伝えるのは容易だが、実感させ、意識と行動を変容させることは、なかなか容易なことではない。

ちなみに、実際の職場では、予め用意された正解に早くたどり着く能力が必要とされることは多い。事実、会社の仕事の8割はルーチン・ワークだ。インプットとアウトプットの間に挟まった関数は基本的に決まっているわけで、まさに仕事の関数という正解を通せば、処理できるようになる。その関数の意味など知らなくても使いこなせるようになることが、一人前の条件でもある。そう考えれば、即戦力として使える人間を育てる方法は、「学生気分」を忘れさせずに、正解の関数を覚え込ませて、それを使いこなせる人間にすることかも知れない。

しかし、その関数が使えない、あるいは、ビジネス環境が変わって、新しい関数を作らなければならなくなったとき、あるいは、例外に対処しなければならないときには、対処できなくなってしまう。そういう人材は、正解がどんどんと変わってしまう時代に対処できず、それが企業の変革の足かせとなってしまう。

残念なことだが、多くの企業が抱えている問題の根本はここにあるように思う。つまり、ルーチンワークはこなせても、常識を逸脱して新しいやり方を見つけられないと言うことだ。

まあ、新入社員の話なので、この話は別の機会とするが、いずれにしろ、現場の状況に、臨機応変に対処し、多様化する顧客のニーズに俊敏に対処する人材が、これから益々求められるだろう。

そのためには、会社や組織の正解、すなわち企業の文化や習慣といった既存の文脈とらわれないで、新しい正解を自分で創り出すことができる社会人となることが、彼らに幸せをもたらすことになるのだろう。

だからこそ、新入社員の時代に、この「学生気分」を脱する術を教え、その大切さに気付かせ、意識や行動を変えるきっかけを与えることは、とても大切なことではないかと思っている。

そのためには、講師が自ら範を示すしかない。あるいは、組織の中で、上司や先輩が、これを実践している姿を見せるしかない。いやはや、これは大変なことだ。

「コレ1枚」シリーズの最新版 第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【5月度のコンテンツを更新しました】
======
・以下のプレゼンテーション・パッケージを改訂致しました。
> 2020年度・新入社員のための最新ITトレンドとこれからのビジネス
>デジタル・トランスフォーメーション 基本の「き」
・ITソリューション塾・第33期(現在開催中)のプレゼンテーションと講義動画を改訂
>これからの開発と運用
・総集編を2部構成にして、そのまま講義/講演用のパッケージとして使えるように編集し直しました。
プレゼンテーション・パッケージ ======
【改訂】デジタル・トランスフォーメーション 基本の「き」
======
【改訂】総集編 2020年5月版・最新の資料を反映しました(2部構成)。
【改訂】ITソリューション塾・プレゼンテーションと講義動画
>これからのビジネス戦略
======
ビジネス戦略編
【新規】デジタル化によって生みだされる2つのビジネス領域 p.10
【新規】ビジネス発展のサイクル p.11
【改訂】デジタル・トランスフォーメーション 2つの解釈 p.19
【新規】デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションp.20
【新規】ビジネスに大きな影響を与える3つの要因と対処方法 p.21
【改訂】DXを支えるテクノロジー・トライアングル p.41
【新規】自動車ビジネスの直面する課題 p.44
【新規】ビジネス価値の比較 p.45
【新規】コロナ・ショックで「デジタル・シフト」が加速 p.49
【新規】WithコロナのSI戦略 p.50
【新規】ITに関わる価値の重心がシフトする p.83

ITインフラとプラットフォーム編
【新規】ソフトウエア化されたインフラ p.63
【改訂】5Gの3つの特徴 p.263
【新規】5Gへのネットワークの集約 p.271

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【改訂】学習と推論の役割分担 p.84
【新規】デバイス側のAIチップ(エッジAIチップ)の必要性 p.85

サービス&アプリケーション・基本編
【新規】DXとERP p.9

開発と運用編
【新規】アジャイル・DevOps・クラウドは常識の大転換 p.9
【改訂】VeriSM p.17

下記につきましては、変更はありません。
 ITの歴史と最新のトレンド編
 テクノロジー・トピックス編
 クラウド・コンピューティング編
 サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する