オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

DXとアーキテクチャと企業文化

»

先日、あるSI事業者から、たくさんの書類が送られてきた。この書類に記入・捺印して、送り返してくれとのことだった。理由はコンプライアンスの強化だという。

document_hanko_bunka.png

コンプラインスを強化するならば、まずは自分たちの業務プロセスを見直し、問題が起きそうな問題を排除することが筋である。取引先に負担を強いるというのは、おかしな話しだ。

米国の法学者であるハーバード大学教授のレッシグは、人のふるまいに影響を及ぼすものには、「法、規範、市場、アーキテクチャ」があると指摘している。

  • 法律:法律を定め、違反者に罰則を課すことで影響を与えること
  • 規範:社会的常識や世間の評価などで影響を与えること
  • 市場:製品の魅力や料金の高低、市場の評価などにより影響を与えること
  • アーキテクチャ:暗黙の決まりごと、行動習慣で、影響を与えること

レッシグは、本人が意識することなく、自動的にふるまいを規制してしまうのが、「アーキテクチャ」であること、また、その規制力を放置しておけば限りなく大きくなってしまい、行き過ぎると、思考停止に陥り、無自覚に振る舞ってしまい、結果として、自由が奪われてしまうことを指摘している。

企業文化とはまさにこのアーキテクチャだ。つまり、あるインプットがあれば、どのようにアウトプットをするかを意識することなくやってしまうことである。「書類や手続きを増やす」というのは、まさにこの企業文化すなわちアーキテクチャの所作である。

DXとはデジタルな時代にふさわしい企業文化への変革を意味することばだ。DXに取り組むのなら、まずは自分たちの企業文化が、時代遅れのアーキテクチャに支配されてはいないかに、目を向けるべきだろう。それをいまの時代にふさわしいカタチに作り直すことが最初である。それに取り組むことなく、「お客様のDXの実現に貢献する」ことなど、おこがましい話しだ。

DXAIIoTを使って、新しいビジネスを立ち上げることと考えている人たちが、未だ少なからずいる。このような発想が出てくることもまた、現状を大きく変えることなく、何とかしたいと考えてしまう時代遅れなアーキテクチャの所作であるのかも知れない。

「コレ1枚」シリーズの最新版 第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【5月度のコンテンツを更新しました】
======
・以下のプレゼンテーション・パッケージを改訂致しました。
> 2020年度・新入社員のための最新ITトレンドとこれからのビジネス
>デジタル・トランスフォーメーション 基本の「き」
・ITソリューション塾・第33期(現在開催中)のプレゼンテーションと講義動画を改訂
>これからの開発と運用
・総集編を2部構成にして、そのまま講義/講演用のパッケージとして使えるように編集し直しました。
プレゼンテーション・パッケージ ======
【改訂】デジタル・トランスフォーメーション 基本の「き」
======
【改訂】総集編 2020年5月版・最新の資料を反映しました(2部構成)。
【改訂】ITソリューション塾・プレゼンテーションと講義動画
>これからのビジネス戦略
======
ビジネス戦略編
【新規】デジタル化によって生みだされる2つのビジネス領域 p.10
【新規】ビジネス発展のサイクル p.11
【改訂】デジタル・トランスフォーメーション 2つの解釈 p.19
【新規】デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションp.20
【新規】ビジネスに大きな影響を与える3つの要因と対処方法 p.21
【改訂】DXを支えるテクノロジー・トライアングル p.41
【新規】自動車ビジネスの直面する課題 p.44
【新規】ビジネス価値の比較 p.45
【新規】コロナ・ショックで「デジタル・シフト」が加速 p.49
【新規】WithコロナのSI戦略 p.50
【新規】ITに関わる価値の重心がシフトする p.83

ITインフラとプラットフォーム編
【新規】ソフトウエア化されたインフラ p.63
【改訂】5Gの3つの特徴 p.263
【新規】5Gへのネットワークの集約 p.271

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【改訂】学習と推論の役割分担 p.84
【新規】デバイス側のAIチップ(エッジAIチップ)の必要性 p.85

サービス&アプリケーション・基本編
【新規】DXとERP p.9

開発と運用編
【新規】アジャイル・DevOps・クラウドは常識の大転換 p.9
【改訂】VeriSM p.17

下記につきましては、変更はありません。
 ITの歴史と最新のトレンド編
 テクノロジー・トピックス編
 クラウド・コンピューティング編
 サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する