オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

新入社員研修で伝えたいこと、伝えるべきこと

»

いよいよ新入社員研修が始まる。コロナ問題でいくつかの研修が中止や延期にはなったが、オンラインへの変更はあったものの、概ね例年並みのご依頼を頂いている。

私の役どころは、最新ITトレンドと営業プロセス・スキルが主なところだが、今年は、時代の流れに即して、次のようなことを伝えるように準備している。

最新ITトレンド

不確実性の高まる社会環境の中で、企業が生き残り、成長してゆくためには、圧倒的なビジネス・スピードを手に入れなくてはならない。そのための手段としてデジタル・トランスフォーメーション(DX)は欠かせない。DXはビジネス・プロセスをデジタル化すればいいという話しではない。企業の文化や風土の変革なくして、成果をあげることはできない。

スクリーンショット 2020-04-02 8.43.37.png

そんな、DXを支えるのがデータであり、データを生みだし、活かすためのテクノロジーとして、IoTAI、クラウドがある。5Gはそんなこれからの時代を支える通信基盤として、広く社会の隅々に神経のように張り巡らされてゆくだろう。

デジタルとは何か、インターネットとはどのような仕掛けかなど、最新のITトレンドを理解するために最低限必要と考えられる基本的な知識も合わせて伝えようと思う。

また、そんな時代の「ITの役割」やITとビジネスが一体化する社会にあって、ITに関わる人間として、どのようなスキルを身につけ、役割を果たせばいいのか。どのように学び、自らを成長させてゆけばいいのかも伝えようと思っている。

何よりも、変化が加速する時代を生き抜くには、若くして学び方を身につけ、それを実践できるかどうかが、社会格差につながる。そんな現実を伝えることも、我々世代の役割であろう。

今年度の新入社員研修のテキストは、こちらでご覧頂けるので、よろしければ参考にして頂きたい。また、68月には、例年通り、「11万円・新入社員のための最新ITトレンド研修」を実施しようと思っている。

営業プロセス・営業スキル

「デジタルに取り組まなければならないが、何をすればいいのか分からない。」

何とかしなければと思っているが、何が課題か分からない、何をすればいいのか分からない。そんなお客様に、「何が課題か、何に困っているのか、教えて頂けましたら、最適なソリューションを提供します。」と声をかけても、お客様も困ってしまうだろう。ましてやソリューションと称した製品やサービスについて、その機能や特徴を蕩々と語っても、いい加減にしてくれと出入り禁止になるかも知れない。

ソリューション営業やプロダクト営業が終焉を迎えようとしているいま、営業は新しい役割を果たさなくてはならない。

それは、お客様のあるべき姿を提言し、それをきっかけに対話し、何に取り組むべきかを共に見つけ出してゆくスタイルだ。そんな営業の進め方、求められるスキルなどについて伝えてゆこうと思う。

いまだ多くの企業で、新入社員研修をイニシエーション(通過儀礼)程度に捉えているところもあるようだ。ビジネス・マナー、Javaプログラミング、プレゼンテーションなど何年も前から代わり映えしない。しかし、確実に時代は変わっている。この現実に向きあうべきだ。

新人だからといって、50年前から変わらない「情報システムの基礎」だけですますべきではない。むしろ、過去の常識にとらわれない世代だからこそ、新しいことについての飲み込みは早いし、彼らの感性に合致する。現場に出て、AIIoT、クラウド、5Gについて、何も知らないで、仕事ができるのだろうか。先輩たちが丁寧に教えてくれるならいいが、「新しい常識は、自助努力で何とかしろ」では、あまりにも手抜きではないか。

惰性ではなく、変革として、研修を捉え直してはどうだろう。新たに迎える人材を自分たちの未来を託す存在として、育てて行くべきだろう。古びた過去の常識に染まらないうちに、これからの当たり前を伝えておくべきだろうと思う。

研修でききることは、限られている。それを生かすも殺すも、どのように現場で育成するかにかかっている。しかし、せめてその入口となる研修では、彼らを信じて、彼らに託す想いで、考える機会を与えようと思う。

「コレ1枚」シリーズの最新版 第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【4月度のコンテンツを更新しました】
======
・以下のプレゼンテーション・パッケージを新規公開致しました。
 > 2020年度・新入社員のための最新ITトレンドとこれからのビジネス と事前課題
 >デジタル・トランスフォーメーション 基本の「き」
 
・ITソリューション塾・第33期(現在開催中)のプレゼンテーションと講義動画を更新
 >これからの開発と運用

新規プレゼンテーション・パッケージ ======
【新規】2020年度・新入社員のための最新ITトレンドとこれからのビジネス
【新規】上記研修の事前課題
【新規】デジタル・トランスフォーメーション 基本の「き」

======
【改訂】総集編 2020年4月版・最新の資料を反映しました。
【改訂】ITソリューション塾・プレゼンテーションと講義動画
 >これからの開発と運用

======
ビジネス戦略編
【改訂】DXとPurpose p.21
【改訂】Purpose:不確実な社会でもぶれることのない価値の根源 p.22
【新規】デジタル・トランスフォーメーションとは何か p.29
【新規】「何を?」変革するのか p.30
【新規】「"デジタル"を駆使する」とは、何をすることか p.31
【新規】「共創」とは、何をすることか p.32
【新規】NTTとトヨタ 「スマートシティプラットフォーム」を共同構築 p.62
【新規】「両利きの経営」とDX戦略(1) P.82
【新規】「両利きの経営」とDX戦略(2) P.83
【新規】学ぶべき領域 p.272

ITインフラとプラットフォーム編
【新規】サイバー・セキュリティ対策とは p.132
【新規】サイバー・セキュリティ対策の目的 p.133
【新規】サイバーセキュリティ対策の構造 p.134

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】機械学習の仕組み p.61
【新規】モデルとは何か p.62
【新規】人工知能と機械学習の関係 p.93

下記につきましては、変更はありません。
 開発と運用編
 サービス&アプリケーション・基本編
 ITの歴史と最新のトレンド編
 テクノロジー・トピックス編
 クラウド・コンピューティング編
 サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する