オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

なぜ、君たちはITトレンドを学ぶのか(4)独学力

»

あなたには、10kgを持ち上げることができる筋力があるとしましょう。そんなあなたは、3kg5kg7kgを持ち上げて、その違いを区別することができます。しかし、15kg30kg80kgなど10kg以上を持ち上げることはできません。みんな同じ「重くて持ち上がらない」になってしまい、区別できません。しかし、100kgを持ち上げる筋力があれば、この違いを全て簡単に区別できます。

olympic13_weight_lifting.png

知識もまた同じです。たくさんの、あるいは深い知識があれば、いろいろな違いを見分けることができます。そして、たくさんの選択肢の中から、最もふさわしいものを選べるようになります。

会社が与えてくれる学びの機会は、10kgです。社会人として、あるいは、仕事をする上で、最低限必要な知識に過ぎません。あるいは、こんなことを学ばなくてはいけないよ、と学びのきっかけを与えてくれるにすぎません。

社会や顧客が求める知識は、100kgでも足りないでしょう。上限はないし、求められる知識も変わります。だから、会社に頼らずに学び続けなくてはなりません。そのための能力が、「独学力」です。

「独学」とは何かを定義すれば、「自腹を切って勉強すること」です。自腹を切るとは、自分の稼いだお金で本を買うことであり、自分のお金で英会話スクールに通うことです。あるいは、忙しい仕事の合間をひねり出して、学びの時間を作ることです。当然、それには努力が必要です。

しかし、この努力を負担と感じるうちは、独学ではありません。本を読み、新しいことを学ぶことが、日常の当たり前の習慣となったとき、それはあなたのスキルとなり、能力になります。スキルとか能力というのは「習慣」です。意識して、頑張って、辛い思いをしている段階は、まだ習慣にはなっていません。

習慣にするには、一定の時間とそれを続ける努力が必要ですが、習慣になってしまえば、それができないことが、残念で、辛くなります。例えば、朝起きてトイレに座らなければ落ち着かない、とか、歯を磨かなければ、気持ちが悪いと感じるように、習慣になると、それができないことが気持ち悪く感じます。そんな習慣を作るまでには、努力は必要ですが、それ以降は、努力はいりません。

いま、20歳代の君たちは、100年の人生を生き延びなくてはなりません。そんなこれからの人生は、これまでよりも速いスピードで変化し続けるでしょう。求められる基礎的な能力そのものが短時間で変わってしまいます。何かを学びたいと思っても、学校のように頼れる教師がそばにはいません。自分で教師を探さなくてはならないでしょう。

そんな時代を生き抜くには、1つのことに究極や絶対を求めず、時代の変化に合わせて、最適を選び、知識やスキルを多様化してゆくことです。

そのための学びの習慣、すなわち若い頃に「学び方」を学べるかどうかが、社会的格差を生む時代となりました。「独学力」とは、そのための習慣=能力なのです。

人生に於いて、社会に必要とされる人材であり続けなければ、お金はもらえないし、楽しくもありません。時代とともに求められる知識は変わります。だから、単一スキル/単一キャリアの限界を脱して、マルチスキル/パラレルキャリアな生き方を考えておくべきでしょう。

誤解があるといけないから言っておきますが、うわべだけをかじって、いろいろとふらふらしてもいいと言いたいわけではありません。ひとつのことで一人前以上に能力を磨き、まわりから惜しまれて、他のキャリアに転身するというのが、理想です。結果として、異なる分野の物事を組み合わせて新しい物事を作り出せる人材、すなわち「クロスオーバー人材」になることが、人生を楽しく生きる、ひとつの姿になるでしょう。

このような「クロスオーバー」な能力をAIが持てるようになるのは、相当先の話です。単一のスキルや能力であれば、AIは人間を簡単に超えてゆきます。例えば、囲碁や将棋、翻訳や医療における診断などは、もはや人間以上です。しかし、そんなAIをどのように使いこなせば、世のため人のためになるのかを見つけることは、AIにはできません。「クロスオーバー人材」とは、そんな能力の持ち主です。

「独学力」は、そんな人材になるための習慣=能力です。その能力を身につけるのは、早いほうがいいでしょう。もちろん、いくつになっても「独学力」を身につけるとはできますが、それを活かせる時間は長いに越したことはありませんから。

ITソリューション塾・第34期(5月15日開講)の募集を開始

第34期の概要

「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」を軸に、その本質と実践、これを支えるテクノロジーを分かりやすく、体系的に整理します。また、共創や新規事業開発、事業転換など、いま向きあうべき「これからのビジネス戦略」についても、解説させて頂きます。詳細なスケジュールは、下記よりダウンロード頂けます。

もはやセキャリティにファイヤー・ウォールもVPNもパスワードも不要な時代になりました。まもなく登場する5Gにより、ネットワーク構築に関わる物理的な作業は不要となります。クラウドがシステム構築の物理的な作業を置き換え、アプリケーションの開発は、サーバーレスが普及するでしょう。人手に頼っていた多くの仕事はAIに代替され、ITと人間の役割、ビジネスのあり方が大きく変わろうとしています。

こんな時代を背景に「デジタル・トランスフォーメーション」の潮流が押し寄せています。

本塾では、そんな「いま」と「これから」をわかりやすく解説し、この変化にどう向きあうかについて、共に考えてゆこうと思います

特別講師

この塾では、実践ノウハウについても学んで頂くために、現場の実践者である下記の特別講師をお招きしています。

  • アジャイル開発とDevOpsの実践
    • 戸田孝一郎 氏/戦略スタッフ・サービス 代表取締役
  • ゼロトラスト・ネットワーク・セキュリティとビジネス戦略
    • 河野省二  氏/日本マイクロソフト CSO
  • 日本のIT産業のマーケティングの現状と"近"未来
    • 庭山一郎 氏/シンフォニーマーケティング 代表取締役

お願い

参加のご意向がありましたらまずはメールでお知らせください参加者の確定や手続きに時間はかかるが、参加したいという場合は、ご意向だけでもまずはメールにてお知らせください。
直ぐに定員を超えると思われますので、その場合に備えて参加枠を確保させて頂きます。その際は、予定の参加人数も合わせてお知らせください。

実施要領

  • 日程 初回2020年5月13日(水)~最終回7月22日(水)
  • 毎週 18:30~20:30
  • 回数 全10回+特別補講
  • 定員 100名
  • 会場  東京・市ヶ谷、およびオンライン(ライブと録画)
  • 料金 90,000- (税込み 99,000)

「コレ1枚」シリーズの最新版 第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【4月度のコンテンツを更新しました】
======
・以下のプレゼンテーション・パッケージを新規公開致しました。
> 2020年度・新入社員のための最新ITトレンドとこれからのビジネス と事前課題
>デジタル・トランスフォーメーション 基本の「き」

・ITソリューション塾・第33期(現在開催中)のプレゼンテーションと講義動画を更新
>これからの開発と運用

新規プレゼンテーション・パッケージ ======
【新規】2020年度・新入社員のための最新ITトレンドとこれからのビジネス
【新規】上記研修の事前課題
【新規】デジタル・トランスフォーメーション 基本の「き」

======
【改訂】総集編 2020年4月版・最新の資料を反映しました。
【改訂】ITソリューション塾・プレゼンテーションと講義動画
>これからの開発と運用

======
ビジネス戦略編
【改訂】DXとPurpose p.21
【改訂】Purpose:不確実な社会でもぶれることのない価値の根源 p.22
【新規】デジタル・トランスフォーメーションとは何か p.29
【新規】「何を?」変革するのか p.30
【新規】「"デジタル"を駆使する」とは、何をすることか p.31
【新規】「共創」とは、何をすることか p.32
【新規】NTTとトヨタ 「スマートシティプラットフォーム」を共同構築 p.62
【新規】「両利きの経営」とDX戦略(1) P.82
【新規】「両利きの経営」とDX戦略(2) P.83
【新規】学ぶべき領域 p.272

ITインフラとプラットフォーム編
【新規】サイバー・セキュリティ対策とは p.132
【新規】サイバー・セキュリティ対策の目的 p.133
【新規】サイバーセキュリティ対策の構造 p.134

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】機械学習の仕組み p.61
【新規】モデルとは何か p.62
【新規】人工知能と機械学習の関係 p.93

下記につきましては、変更はありません。
 開発と運用編
 サービス&アプリケーション・基本編
 ITの歴史と最新のトレンド編
 テクノロジー・トピックス編
 クラウド・コンピューティング編
 サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する