オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

テクノロジーは人間にしかできないことに人間の役割を追い込もうとしている

»

「マシンは答えに特化し、人間はよりよい質問を長期的に生みだすことに力を傾けるべきだ。」

"これからインターネットに起こる『不可避な12の出来事"の中で、ケビン・ケリーが述べた言葉だ。

fe3c6e666233248d7c9c4ea10829f30e-1024x768.png

例えば、銀行の窓口で応対していた行員がATMに置き換わったように、駅の改札で切符を切っていた駅員がICカードのタッチに変わってしまったように、そして、近い将来、コンビニの店員がレジからいなくなるように、やり方が決まっている仕事は機械に置き換わってゆくのは歴史の必然だ。それがテクノロジーの発展によって、より複雑な業務プロセスにも適用の範囲が拡がりつつある。

また、「時間をかけて積み上げた経験値」つまり「ベテラン」の不良資産化が加速することも覚悟しておくべきだろう。ベテランのノウハウは機械が学び、代わりにやってくれるようになるだろう。

一方で、「何に答えを出すべきか」を問うことは、これからも人間の役割だ。プログラミングやテスト、運用管理などは機械に任せ、「どんなシステムを作ればビジネスの成果に貢献できるのか」、「どのようなビジネス・モデル、ビジネス・プロセスにすれば成功するのか」、「現場の要請にジャスト・イン・タイムでサービスを提供するにはどうすればいいのか」といった問いを発し続けることが人間の役割となる。

日本の労働生産性が低いことは周知のことだが、これは日本人ひとり一人の能力が低いからではないだろう。愚直に、そしてがむしゃらに働くことを求める組織が、ひとり一人の能力を引き出す事ではなく、組織の能力、すなわち能力の低い人に合わせた能力を要求するから、優秀なひとたちの能力を活かせないからだ。例えば、働く場所や時間が一律に定められていたり、年功序列という制度が残っていたりするのは、まさにその典型と言える。

かつて経済が成長していた時代であれば、それでも企業は成長したし、個人の収入も増えていった。「24時間働けますか?」という言葉になんら疑問を持つことなく、リゲイン飲んで頑張っていれば、それで良かったが、もはやそんな時代ではない。

働き方改革についても、そんな過去の成功体験から無意識のうちに一律のルールに縛ろうとする。だからなかなかうまく成果に結びつかない。そこで働く人、ひとり一人を主語に据えて、それぞれの事情や能力に応じて働き方の自由を提供することに取り組むべきだ。場所や時間の制約を受けずに働く機会を提供すれば、自分の能力にふさわしい力を発揮できるようになる。それが働き方改革の本質であるように思う。もちろん、目標管理やセルフマネジメントの能力は、これまでにも増して求められる。それができないのであれば、旧態依然とした仕組みの中で働くことを選択する自由も与えればいい。

テクノロジーは、目標管理やセルフマネジメントができる人たちにとっては、自分の能力を最大限に引き出す機会を提供する。それができる時代だという前提に立って、過去の成功体験を棚上げして、働き方改革を進めてゆくことが必要だろう。

テクノロジーの進化は、人間にしかできないことに人間の役割を追い込もうとしているのかも知れない。それに抗うことが難しい以上、人間にしかできないことの能力を高めることしか、もはや選択肢はないように思う。

「コレ1枚」シリーズの最新版 2017年の第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【2月度のコンテンツを更新しました】
======
・DX関連のプレゼンテーションを大幅に拡充
・セキュリティと5Gについても新たなプレゼンテーションを追加
・講演資料「デジタル・トランスフォーメーションの本質とプラットフォーム戦略」を追加
======
総集編
【改訂】総集編 2019年2月版・最新の資料を反映しました。
パッケージ編
講演資料「デジタル・トランスフォーメーションの本質とプラットフォーム戦略」
======
ビジネス戦略編
【新規】デジタル化:デジタイゼーションとデジタライゼーション p.4
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションとCPS p.18
【新規】デジタルトランスフォーメーション 2つの解釈 p.19
【新規】DXとPurpose p.20
【新規】DXの基本構造 p.30
【新規】DX実践のステージ p.35
【新規】デジタイゼーションとデジタライゼーションとDXの関係 p.36
【新規】オープン・イノベーション事例:MONET Technologies p.52
【新規】オープン・イノベーション事例:TOYOTA WOVEN CITY p.53
【改訂】改善・最適化戦略/変革戦略とDX p.72
【新規】エコシステム(生態系)とは何か p.84
【新規】プラットフォーム・ビジネスを成功させる3つの要件 p.85
【新規】共創とプラットフォーム p.86
【新規】プラットフォームの事例:エーザイ・認知症エコシステム p.87
【新規】プラットフォームの事例:エムスリー株式会社 p.88
【新規】DXとは(まとめ)p.87
【新規】共創ビジネスの実践 p.185
【新規】内製化の事例:クレディセゾンのサービス「お月玉」 p.186
【新規】内製化の事例:株式会社フジテレビジョン p.187
【新規】共創の事例:トラスコ中山 MROストッカー p.188
【新規】「営業力」は「大好き力」 p.249
【新規】営業目標達成を支える2つの要件 p.250
【新規】「活動生活」の3部類 p.251

ITインフラとプラットフォーム編
【新規】シングル・サインオン(SSO)・システム 1/2 p.111
【新規】シングル・サインオン(SSO)・システム 2/2 p.112
【新規】Microsoftのセキュリティ・プラットフォーム p.119
【新規】移動体通信システムの歴史 p.255
【新規】5Gのビジネスの適用領域 p.256
【新規】5Gの普及段階 p.261
【新規】5GによるIT/SIビジネスへの影響 p.267

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】スマート・スピーカー p.53
【新規】新しい学習方法 p.106

クラウド・コンピューティング編
【新規】オンプレとパブリック・クラウドの関係の推移 p.106

テクノロジー・トピックス編
【新規】ニューロモーフィック・コンピュータ p.62

下記につきましては、変更はありません。
 開発と運用編
 サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
 サービス&アプリケーション・基本編
 ITの歴史と最新のトレンド編

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する