オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかるVR/AR/MR

»

VR.png

VRVirtual Reality :仮想現実)

ゴーグルを被るとコンピューター・グラフィックスで描かれた世界が目の前に拡がります。顔の動きや身体の動きに合わせて映像も動き、ヘッドフォンを被れば音響効果もそれに加わり、まるで自分がそこにいるかのような感覚を体験できます。これがVRです。コンピューターで作られた人工的な世界に自分自身が飛び込み、まるでそれが現実であるかのように体験できる技術です。

没入感を体感できるゲーム、航空機の操縦シミュレーション、3D映像で作られた住宅の中にシステムキッチンなどの住宅設備を設置してみせるデモンストレーションなどに利用されています。

ARAugmented Reality:拡張現実)

ゴーグル越しに見ている現実の風景に、それが何かを説明する「別の情報」が重なるように表示されます。スマートフォンやタブレットを風景にかざし、背面カメラで映し出された映像に情報を付加するソフトウェアやクラウド・サービスも登場しています。これがARです。現実に見ている視覚空間に情報を重ねて表示させ、現実世界を拡張する技術です。

点検したい設備についての情報を表示させる、機械の操作パネルの映像上に説明や操作方法を表示させる、スマートフォン越しに映し出された建物や風景に説明情報を重ねるように表示して観光案内をするなどに使われています。

MRMixed Reality:複合現実)

ゴーグルの向こうに見える現実世界に投影された3次元映像をさわり、それを動かすことができます。あるいは、現実世界にあるアイテムに触れるとその説明が文字や映像で表示されます。ARとも似た概念ですが、ARが現実世界にコンピューターの作り出した情報を投影させる技術であるのに対して、MRは現実世界とコンピューターで作り出されたデジタル世界を重ね、そのデジタル世界に触れて操作したり作用をおよぼしたりできる技術です。

例えば、VRではコンピューターが作り出したCGに没入しその中で動いたり触れたり感じたりする相互作用を得ることができますが、MRはそんなVRの世界を現実世界に重ね合わせ、そこに表示された3D映像に触れて動かしたり、アイコンに触れて情報を呼び出すなどができるようになります。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

【9月度のコンテンツを更新しました】
・デジタル・トランスフォーメーションについての記述を増やしました。
・新入社員研修の研修教材を改訂しました。
=======
総集編
【改訂】総集編 2019年9月版・最新の資料を反映しました。

パッケージ編
【改訂】新入社員のための最新ITトレンド研修・2019年9月版

ビジネス戦略編
【新規】IT投資並びに情報サービス産業の市場推移(1)p.3
【新規】IT投資並びに情報サービス産業の市場推移(1)p.4
【新規】コレ1枚でわかる最新のITトレンド p10
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションとは何か(1) p.12
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションとは何か(3) p.10
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションとは何か(4) p.11
【新規】新規事業やイノベーションは「手段」に過ぎない p.89
【新規】成長を左右する2つのメンタリティ p.210
【新規】抵抗勢力に打ち勝つ方法 p.211
【改訂】「社会的価値」とは何か p.213
【新規】計画された偶発性理論 p.221
サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】Microsoft Hololense2 p.55
【新規】IoTとAR/MR p.56

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
*変更はありません

ITインフラとプラットフォーム編
【改訂】システム利用形態の歴史的変遷 p.68

クラウド・コンピューティング編
【改訂】異なる文化の2つのクラウド戦略 p.108

サービス&アプリケーション・基本編
*変更はありません

開発と運用編
*変更はありません

ITの歴史と最新のトレンド編
【新規】前提となるITビジネスの環境変化(〜5年) p.12
【新規】スマートフォンとは何か? P.13

テクノロジー・トピックス編
*変更はありません

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する