オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかる変化に即応するためのアジャイル開発(1)

»

AG1.png

仕様をすべて決めてから開発に着手する「ウォーターフォール開発」では、不確実性が高まる時代には対処できず、「アジャイル開発」が注目されています。

ウォーターフォール開発は、仕様を全て決定してから開発に着手します。そこには「あったらいいかも」、「将来使うかもしれない」などの推測も含まれます。

開発は、機能単位です。機能とは、入力画面、帳票印刷、集計など、一連の業務処理を実現する部品です。これらを手分けして作り、あとでつなぎ合わせて処理の流れを作ります。そのため、全ての機能が完成し、つなぎ合わせるまでは、ユーザーに使ってもらえません。また、作り始めると途中での変更は難しく、コードを全部書き終えた最後に確認し、バクの有無や不具合を検証し、必要な修正や改善を行います。

一方、アジャイル開発は、仕様を全て決めてから作り始めるのではなく、業務上必要性が高い業務プロセスを選別し優先順位を決め、本当に使う業務プロセスだけを作ります。これがウォーターフォール開発と本質的に異なる点です。

業務プロセスとは、「出荷指示のボタンを押せば、倉庫に出荷伝票が印刷出力される」、「経費精算帳票にデータを入力すれば、経理部門にデータが受け渡される」といったひとつの完結した業務の手順です。これを「業務を遂行するうえで重要度が高い」あるいは、「売上や利益に貢献する影響度が高い」といった業務での重要度に応じて優先順位を決め、順次開発してゆきます。「あったらいいかも」、「将来使うかもしれない」は作りません。必要であることが明確になったときに、優先順位を決めて、開発工程に組み入れます。

おおよその工数と期間の見通しを立てて開発を始めます。1または2週間程度で開発できる規模をひとくくりとし、決めたサイクルで開発とリリースを繰り返します。ユーザーはこのサイクルで検証とフィードバックを行います。これが「反復型開発(Iterative Development)」です。開発者は、フィードバックされた改善事項に対処すると共に、新たなプロセスを開発し、それまでのプロセスも含めて全て統合してテストし、次のリリースを行います。これを「継続的インテグレーション(Continuous Integration)」と言います。

このサイクルを繰り返し、業務プロセスを積み上げ、全体のアプリケーションを完成させようというのが、アジャイル開発です。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

【8月度のコンテンツを更新しました】
・量子コンピュータのプレゼンテーションに新しい資料を加えました。
・講演資料を2つ追加しました。
・動画セミナーを1編追加いたしました。
=======
総集編

【改訂】総集編 2019年8月版・最新の資料を反映しました。
総集編
【改訂】新入社員のための最新ITトレンド研修・2019年8月版
【改訂】これからのビジネス戦略
ITソリューション塾・最新教材ライブラリー/ITソリューション塾・第31期
【改訂】IoT
【改訂】AI
【改訂】これからの開発と運用
【改訂】これからのビジネス戦略
ビジネス戦略編
【改訂】デジタルとフィジカル(1) p.3
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションとCPS  p.7
【新規】デジタル・トランスフォーメーションとは何か(1) p.8
【新規】デジタル・トランスフォーメーションとは何か(3) p.10
【新規】デジタル・トランスフォーメーションとは何か(4) p.11
【新規】デジタル・トランスフォーメーションとは何か(5) p.12
【新規】DXを支える4つの手法と考え方 p.64
【新規】「手段」と「目的」をはき違えるな! p.87
【改訂】事業戦略を考える p.88
【新規】共創ビジネスの実践 p.146
【新規】DXと共創の関係 p.147
【新規】イノベーションの本質 p.154
サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
*変更はありません
サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
*変更はありません
ITインフラとプラットフォーム編
*変更はありません
クラウド・コンピューティング編
【新規】クラウド・ネイティブとは p.106
サービス&アプリケーション・基本編
*変更はありません
開発と運用編
【新規】システム化の対象範囲 p.4
【新規】ITの役割分担 p.5
【新規】ワークロードとライフタイム p.6
【新規】人間の役割のシフト p.7
【新規】超高速開発ツール p.86
ITの歴史と最新のトレンド編
*変更はありません
テクノロジー・トピックス編
【新規】メモリードリブン・コンピュータ p.56-59
量子コンピュータ
【新規】物理学とコンピュータ p.3
【新規】量子コンピュータの分類 p.4
【改訂】量子コンピュータの限界と可能性 p.6
講演資料:
【大学生・講義】テクノロジーな未来は私たちを幸せにしてくれるのだろうか?
【SIer向イベント】Sierはもういらない! DX時代にそう言われないために

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する