オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかるKubernetes

»

k8s.png

コンテナ管理ソフトウェアであるDocker は、1台のサーバー上でコンテナを作成し、その実行を管理します。しかし、ネットワークにつながる複数台のサーバーで稼働するコンテナを横断的に管理する機能はありません。例えば、アプリケーションを利用するユーザーが増えて、複数台のサーバーにまたがりコンテナの数を増やさなくてはならないような場合、Dockerだけでは、この状況に対処してスケールアウトさせることができないのです。この問題を解決してくれるのがKubernetes です。Kubernetesとは、ギリシャ語で「人生の道標」と言う意味があり「クーベルネイテイス」と読みます。

Kubernetes によって、複数台のサーバーから構成される実行環境をあたかも一台の実行環境のように扱うことができます。例えば、コンテナを起動する際は、イメージと台数を指定するだけでよく、どのサーバーにどのようにコンテナを配置するかは Kubernetes に任せることができます。また、コンテナに必要とされるシステム資源(CPU、メモリ、記憶領域など)が足りなくなった場合には、既存のサービスに影響を与えることなく、自動で拡張してくれます。

また、運用管理者が、どのコンテナを何台起動するかといった情報をKubernetes に教えると、空いているシステム資源を見ながら、それらをどのように配置するかを決定し、それに従ってコンテナを起動します。また、仮に稼働中のコンテナに不具合があってサービスがダウンしたとしても、Kubernetes は、この事態を察知し、必要に応じてコンテナを自動的に再起動してくれます。

他にも、関連するコンテナのグルーピング、コンテナに割り振られたIPアドレスの管理、コンテナに割り当てられるストレージの管理などを行います。

Kubernetes が管理する基本単位は Pod と呼ばれるコンテナの集まりです。また、コンテナ管理システムであるDockerが稼働しているサーバーの単位をNodeと呼びます。そのNodeの集まりの単位をClusterと呼びます。

Pod、Node、Clusterを管理するのがMaster、Masterへの指示や設定をマニフェスト(Manifest)と呼んでいます。

Kubernetesは、Dockerによってコンテナ化したアプリケーションの配置や実行、スケーリング、およびその管理を自動化するソフトウェアなのです。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

【7月度のコンテンツを更新しました】

=======

  • RPAのプレゼンテーションに新しい資料を加えました。
  • 講演資料:「デジタル・トランスフォーメーションの本質と「共創」戦略」を追加しました。
  • 動画セミナーを3編追加いたしました。

=======

総集編
【改訂】総集編 2019年7月版・最新の資料を反映しました。

動画セミナー/ITソリューション塾・第31期
【改訂】IoT
【改訂】AI
【改訂】コレからの開発と運用

ITソリューション塾・最新教材ライブラリー/ITソリューション塾・第31期
【改訂】IoT
【改訂】AI
【改訂】コレからの開発と運用

ビジネス戦略編
【新規】OMO(Online Merges with Offline) p.5
【新規】デジタル・トランスフォーメーションとOMO p.16
【新規】デジタイゼーションとデジタライゼーション p.22
【新規】DX事業とは p.43
【改訂】DXを支えるテクノロジー p.55
【新規】Legacy ITとModern IT p.54
【新規】事業戦略を考える p.79

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】IoTセキュリティ p.82

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】特化型と汎用型の違い p.13
【新規】ルールベースと機械学習 p.73
【改訂】知能・身体・外的環境とAI p.80
【改訂】機械と意識とAI p.81
【新規】学習と推論の関係 p.79
【新規】創造力とは何か P.114

ITインフラとプラットフォーム編
*変更はありません

クラウド・コンピューティング編
【改訂】クラウド・サービスの区分 p.43
【新規】なぜクラウド・ネイティブにシフトするのか p.105

サービス&アプリケーション・基本編
Frontier One Inc. (鍋野敬一郎氏)より提供の資料
【新規】ERPの進化 :業務システムの寄せ集めから次世代ERPへ p.18
【新規】SAPの提唱するインテリジェンス・エンタープライズp.19
【新規】SAPにおけるAIの定義(2018)p.20
【新規】SAP Leonardo :ERP+機械学習p.21
【新規】SAP Leonardo : ERP + AI = Intelligent Apps ! p.22

開発と運用編
【改訂】ビジネス・スピードを加速する方法 p.41

ITの歴史と最新のトレンド編
*変更はありません

テクノロジー・トピックス編
Facebook LIBRA
【新規】LIBRA協会の参加企業 p.52
【新規】LIBRAとは p.53
【新規】LIBRAとBit Coin との違い p.54
【新規】LIBRAへの懸念 p.55

RPA
【新規】AI-OCRの事例 p.25
【新規】導入上の留意点 p.26
【新規】成果をあげるための取り組み p.27
【新規】プロセス・マイニングとRPA 32

講演資料:デジタル・トランスフォーメーションの本質と「共創」戦略

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する