オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ一枚でわかる超分散時代

»

Yyper.png

1950年代、ビジネス分野でのコンピュータ利用が始まった当初は、計算業務を担当部門に依頼し、順次処理して結果を依頼者に返すといったバッチ処理による利用が一般的でした。

1960年代に入り、コンピュータをタイプライタ端末やCRTディスプレイ(ブラウン管テレビ)端末から利用するタイムシェアリング方式へと発展してゆきます。これら端末には、いまのパソコンのようなデータの処理や保管の機能はありません。データの入力と出力のみを受け持ち、データの処理や保管は全てひとつのコンピュータで集中処理されていました。また、端末とコンピュータをつなぐ通信回線は低速で、やり取りできるデータもテキストに限られていました。

1980年代、ミニ・コンピューター(ミニコン)やオフィス・コンピューター(オフコン)、そしてパーソナル・コンピューター(パソコン)といった小型で安価なコンピューターが登場します。これにより、大型コンピューターを共同利用するだけではなく、部門や個人でもコンピューターを購入できるようになりました。これに伴い、大規模なデータの処理や保管は大型のコンピューターを使い、部門固有の業務や個人で完結する業務は小型のコンピューターを使うといった分散処理が拡がります。ただ、通信回線の速度はまだ遅く、やり取りできるデータはテキストが主流でした。そこで、テキスト主体の業務処理は共同利用を想定したコンピューター(サーバー)を使い、その結果の表示や加工、編集、画像の利用はパソコン(クライアント)の処理能力を使う「クライアント・サーバ方式」といわれる連携利用の方法が登場し、普及してゆきます。

1990年代インターネットが登場し、2000年に入る頃から「インターネットの向こうにあるコンピューターを利用する」クラウド・コンピューティングの萌芽が見え始めます。その後インターネットは、高速・広帯域な回線を利用できるようになり、扱えるデータも音声や動画へと拡大してゆきました。

この技術進化と相まってクラウド・コンピューティングは急速に普及してゆきます。利用できる端末類もPCばかりでなくスマートフォンやタブレット、ウェアラブル端末などが加わり、適用業務の範囲も利用者も拡大してゆきました。

昨今、インターネットにつながるデバイスは、自動車や家電製品、ビルの設備や日用品などにまで拡がり、そこに組み込まれたセンサーが大量のデータを送り出すようになりました。そのため大量のデータが通信回線、主にはモバイル通信回線に送り出されるようになり回線の帯域を圧迫してしまう可能性が出てきました。そこで、デバイスの周辺にサーバーを配置し中間処理して必要なデータのみを回線に送り出す「エッジ・サーバー」が普及の兆しを見せ始めています。エッジ・サーバーはデータの集約だけではなく、デバイスを利用する現場での即時処理・即時応答が必要な業務やきめ細かな大量のセンサーデータを集めるための仕組みとしても使われています。

エッジ・サーバーは、デバイスが置かれる周辺ばかりでなく、より広い地域をカバーするために通信回線の経路上に置かれるケースも想定されています。

昨今では、モノに組み込むコンピュータの性能が向上し、さらには機械学習機能を搭載した製品も登場したことで、エッジ・ザーバーの役割をデバイス側に持たせることや、デバイス自身での自律制御することも可能となっています。

今後、高速・大容量、低遅延の5G(第5世代移動体通信システム)の普及とともにエッジ・サーバーの担っていた役割は、クラウド側へもシフトしてゆくことが考えられます。

IoTの普及と共に、クラウドだけではできない大量データの処理や高速応答を受け持つ役割としてエッジ・サーバーやモノに組み込まれたコンピュータによる超分散コンピューティングは、これからのIoTを支えるインフラとして定着してゆくことになるでしょう。

新入社員のための 「最新ITトレンド・1日研修」

今年も開催します。

*7月24日 & 9月3日 ともに若干名の残席があります。

  • 参加費1万円(+税)
  • お客様の話が分かる!実践の現場が楽しくなる!
  • ITが面白くなる!仕事への意欲をかき立てられる。

ITの最新トレンドをわかりやすく解説します。 また、ITに関わる仕事をすることの意義や楽しさとは何か、この業界で自分のスキルを磨いてゆくためにはどうすればいいのかも考えてゆきます。

  1. 最新トレンドを理解するためにおさえておきたいITの歴史と基礎知識
  2. ビジネスの大変革を迫るデジタル・トランスフォーメーション
  3. ソフトウェア化するインフラとIT利用の常識を変えるクラウド・コンピューティング
  4. 新たなビジネス基盤となるIoT(モノのインターネット)
  5. 人に寄り添うITを実現する人工知能/AI ビジネススピードの加速に対応する開発と運用
  6. いまもとめられる人材

詳しくは、こちらをご覧下さい。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

【6月度・コンテンツを更新しました】

========================
 【解説書】事業や経営の在り方を変革するデジタル・トランスフォーメーションの潮流 (全20ページ)を掲載しました。
 DXについてのプレゼンテーションを充実させました。
 スーパー・コンピューターについて、新たな章(テクノロジー・トピックス編)を追加しました。
========================

総集編
【改訂】総集編 2019年6月版・最新の資料を反映しました。

解説書
事業や経営の在り方を変革するデジタル・トランスフォーメーションの潮流 (全20ページ)
DX何か、さらにはDX事業とは何をすることなのかを解説書としてまとめました。プレゼンテーション・チャートだけでは分からないところを文章で解説しています。

動画セミナー
【新規】デジタル・トランスフォーメーションの本質と「共創」戦略
【改訂】ソフトウエア化するインフラとクラウド

ITソリューション塾・最新教材ライブラリー
【新規】デジタル・トランスフォーメーションの本質と「共創」戦略
【改訂】ソフトウエア化するインフラとクラウド

ビジネス戦略編
【改訂】デジタルとフィジカル(2)p.4
【新規】デジタル・トランスフォーメーションとは何か p.6-7
【新規】DX事業とは何をすることか p.44
【改訂】DXを支えるテクノロジー p.52
【新規】システム・アーキテクチャーの変遷 p.53
【改訂】DXを実現する4つの手法 p.55
【改訂】DX案件の獲得にソリューション営業は通用しない p.131
【新規】「提言」をきっかけに案件を創る p.132

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
*変更はありません

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】特化型と汎用型の違い p.13
【新規】知能・身体・外的環境とAI p.79
【改訂】機械学習の方法 p.95
【新規】AIに出来ること、人間に求められる能力 p.111

クラウド・コンピューティング編
【新規】クラウド・サービスの区分 p.43
【新規】クラウド利用の推移 p.104

サービス&アプリケーション・基本編
*変更はありません

開発と運用編
*変更はありません

ITの歴史と最新のトレンド編
*変更はありません

ITインフラとプラットフォーム編
【改訂】サーバー仮想化とコンテナ p.89
【新規】コンテナのモビリティ p.91

テクノロジー・トピックス編
【改訂】IntelとArm p.22
【新規】Armが狙う3つの分野 p.27
【新規】CDP(Customer Data Platform)とは p.30
【新規】Pelionが目指す「打倒GAFA」 p.31
【新規】スーパーコンピューター編を新設 p.33〜42
  スパコン「京」後継機、名称は「富岳」に決定
  大量のデータ処理への要望(シミュレーション)
  スーパーコンピュータの誕生
  スカラープロセッサとベクトルプロセッサ
  ベクトルプロセッサに向く演算=行列演算
  数値予報
  ベクトルからパラレル/マッシブ・パラレルへ
  ベクトルからパラレルへ
  Armと富士通が共同開発したSVE

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する