オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかるIoT

»

iot.png

モノがインターネットにつながり、モノ同士が、あるいはモノとクラウドが、さらにはモノとヒトとがデータをやり取りするIoT(Internet of Things:モノのインターネット)が急速な広がりをみせています。

2010年、インターネットにつながっていたモノは125億個、2015年には250億個あり、2020年には500億個に達するであろうという予測もあります。

モノは私たちの暮らす現実世界の「ものごと」や「できごと」をセンサーで捉え、それをデジタル・データとしてインターネットに送り出します。つまり、私たちの現実世界のデジタル・コピー、すなわち「デジタル・ツイン」作られ、ネットの先のクラウドに送り出されてゆくのです。インターネットにつながるモノの数が増えれば、このデジタル・ツインが、ますます精緻になってゆきます。

膨大な数のモノから送り出されるデータもまた膨大で、ビッグデータとなります。これを分析し、因果関係を明らかにしたり、様々なデータ上での実験(シミュレーション)を行ったりして、私たちの社会活動や生活を快適で安心なものにするための情報を生みだします。この情報を使って、自動車や航空機を動かす、交通システムを管制する、健康のためのアドバイスを提供するといった価値が提供されるのです。

その結果、現実世界が変化すれば、それは再びセンサーで捉えられ、ネットへ送り出されて行くサイクルが循環します。これをサイバー・フィジカル・システム(Cyber Physical System または CPS)と呼びます。

「デジタルで現実世界を捉え、現実世界を最適化する仕組み」

IoTをあえて短い言葉としてまとめれば、こんな表現になるかも知れません。

このようなIoTには2つの立場があります。ひとつは、現実世界の「ものごと」や「できごと」をモノに組み込まれたセンサーで捉え、ネットに送り出す仕掛けや仕組みをIoTと考える立場です。もうひとつは、データ収集、データ分析、データ活用の一連のサイクル、すなわち、CPSによって価値を生みだす仕組みをIoTと考える立場です。前者の立場に立てば、それを構築すること、あるいは構築するためのソフトウエアやプラットフォーム・サービス、ハードウェア製品などのビジネスが考えられます。後者の立場に立てば、CPSから産み出される価値をサービスとして提供し対価を得るビジネスが考えられるでしょう。

新入社員のための 「最新ITトレンド・1日研修」

今年も開催します。

*7月24日 & 9月3日 ともに若干名の残席があります。

  • 参加費1万円(+税)
  • お客様の話が分かる!実践の現場が楽しくなる!
  • ITが面白くなる!仕事への意欲をかき立てられる。

ITの最新トレンドをわかりやすく解説します。 また、ITに関わる仕事をすることの意義や楽しさとは何か、この業界で自分のスキルを磨いてゆくためにはどうすればいいのかも考えてゆきます。

  1. 最新トレンドを理解するためにおさえておきたいITの歴史と基礎知識
  2. ビジネスの大変革を迫るデジタル・トランスフォーメーション
  3. ソフトウェア化するインフラとIT利用の常識を変えるクラウド・コンピューティング
  4. 新たなビジネス基盤となるIoT(モノのインターネット)
  5. 人に寄り添うITを実現する人工知能/AI ビジネススピードの加速に対応する開発と運用
  6. いまもとめられる人材

詳しくは、こちらをご覧下さい。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

【6月度・コンテンツを更新しました】

========================
 【解説書】事業や経営の在り方を変革するデジタル・トランスフォーメーションの潮流 (全20ページ)を掲載しました。
 DXについてのプレゼンテーションを充実させました。
 スーパー・コンピューターについて、新たな章(テクノロジー・トピックス編)を追加しました。
========================

総集編
【改訂】総集編 2019年6月版・最新の資料を反映しました。

解説書
事業や経営の在り方を変革するデジタル・トランスフォーメーションの潮流 (全20ページ)
DX何か、さらにはDX事業とは何をすることなのかを解説書としてまとめました。プレゼンテーション・チャートだけでは分からないところを文章で解説しています。

動画セミナー
【新規】デジタル・トランスフォーメーションの本質と「共創」戦略
【改訂】ソフトウエア化するインフラとクラウド

ITソリューション塾・最新教材ライブラリー
【新規】デジタル・トランスフォーメーションの本質と「共創」戦略
【改訂】ソフトウエア化するインフラとクラウド

ビジネス戦略編
【改訂】デジタルとフィジカル(2)p.4
【新規】デジタル・トランスフォーメーションとは何か p.6-7
【新規】DX事業とは何をすることか p.44
【改訂】DXを支えるテクノロジー p.52
【新規】システム・アーキテクチャーの変遷 p.53
【改訂】DXを実現する4つの手法 p.55
【改訂】DX案件の獲得にソリューション営業は通用しない p.131
【新規】「提言」をきっかけに案件を創る p.132

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
*変更はありません

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】特化型と汎用型の違い p.13
【新規】知能・身体・外的環境とAI p.79
【改訂】機械学習の方法 p.95
【新規】AIに出来ること、人間に求められる能力 p.111

クラウド・コンピューティング編
【新規】クラウド・サービスの区分 p.43
【新規】クラウド利用の推移 p.104

サービス&アプリケーション・基本編
*変更はありません

開発と運用編
*変更はありません

ITの歴史と最新のトレンド編
*変更はありません

ITインフラとプラットフォーム編
【改訂】サーバー仮想化とコンテナ p.89
【新規】コンテナのモビリティ p.91

テクノロジー・トピックス編
【改訂】IntelとArm p.22
【新規】Armが狙う3つの分野 p.27
【新規】CDP(Customer Data Platform)とは p.30
【新規】Pelionが目指す「打倒GAFA」 p.31
【新規】スーパーコンピューター編を新設 p.33〜42
  スパコン「京」後継機、名称は「富岳」に決定
  大量のデータ処理への要望(シミュレーション)
  スーパーコンピュータの誕生
  スカラープロセッサとベクトルプロセッサ
  ベクトルプロセッサに向く演算=行列演算
  数値予報
  ベクトルからパラレル/マッシブ・パラレルへ
  ベクトルからパラレルへ
  Armと富士通が共同開発したSVE

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する