オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

IT後進国ニッポンの元凶はIT企業にある

»

「デジタル・トランスフォーメーションとビジネス戦略」について話をするため資料を整理していて、改めて日本の厳しい現実を思い知らされることになった。

img_3597dfea4c131ad7855d96ddb87fcdef1306778.jpg

昭和という「レガシー」を引きずった平成30年間の経済停滞を振り返る(ダイヤモンド・オンライン)

平成元年、当時の世界時価総額ランキング上位50社中、日本企業が32社を占めていたが、今はたった1社だ。

GDP.png

GDP(国内総生産)過去20年、GDPの伸び率はOECD加盟国を含めた上位43カ国中最下位に甘んじている。

その原因について、多くの専門家たちが語っているが、私は我が国のIT業界の不作為と事業会社のIT嫌いがひとつの原因ではないかと思っている。

1990年代、インターネットが登場し、ITと企業の関係は大きく変わってしまった。その本質は、「オープン」と言う言葉に代表されるITの民主化だ。地域や企業、個人を超えて、インターネットの先にあるサイバー空間では、誰もが対等な立場にある。競争や連携は地域や国境を越え、立場や実績などの既存の価値基準を無意味なものにした。情報は容易に流通し、優れた知恵や才能は自律・協調し、新しいビジネスのカタチを容易に創り出す。この価値を最大限に享受したのがGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)だ。

一方で我が国では、インターネットは安い通信手段であり、便利な情報収集の手段程度としか受け取らなかったのではないか。ITは社内業務の生産性向上や納期短縮のための手段であり、「本業ではない」ということから、できるだけ安く使うことを考えてきた企業が少なくない。

IT企業、特にSI事業者は、そういうお客様の需要を満たすために労働力を提供してきた。新たな事業価値を産み出すことではなく、既存の事業価値を改善するための手段としてのITを、ただお客様が求めるがままに提供してきたのではないか。

インターネットによって変わったITの新しい価値を理解することなく、ただただ従前の価値に留まり、お客様にITの新しい可能性を示すことなく、確実な需要が期待できる仕事に専念してきたとも言える。一方、事業会社の経営者も事業部門も、「ITは難しいから」とIT部門に押しつけ、世の中の大きなパラダイム・シフトに目を向けることなく、従前の企業価値にこだわり続けてきた。そんな両者の利害の一致が、新しい時代のITの価値を隠蔽してしまったとも言える。

ここにきて、クラウドの普及やGAFAの影響力を目の当たりにして焦りはじめている訳だが、もはや時代は一回りも二回りも先を行っている。

インターネットが求める価値基準の転換は「ビジネス・スピード」だ。クラウドの普及はそんな需要に応えるためにさらにサービスや機能を充実させている。当然、開発もスピードに対応しなければならずアジャイル開発はもはや前提となりつつある。当然この両者を橋渡ししなければならない。DevOpsはそんな需要に応えるものだ。どこかがひとつ速くなっても他が遅ければ全体のスループットはあがらない。だから、クラウド・DevOps・アジャイル開発はひとつのセットで取り組まなくてはならない。

そのような動きを支えにITのスピードは加速した。そこにデジタル・トランスフォーメーションである。ビジネス・プロセスを全面的にITに置き換えようというわけだ。ITはますます加速度を増している。そして、今度はビジネスがITのスピードに対応できなくなっている。この状況に対応すべく、VeriSMというフレームワークが注目されるようになった。ビジネス・プロセスや意志決定の在り方をITのスピードに対応させようというわけだ。

このような現実をお客様に伝え、ITの新しい常識や係わり方を伝え、ビジネス・プロセスや経営を変えてゆくための教師となるべきがIT企業の役割でもあるはずだ。しかし、その役割を果たすことなく、お客様の未来のためではなく、自分たちの現在にこだわり、過去のやり方を変えようとしてこなかったIT企業やSI事業者の責任は重いと感じている。

我が国にiPhoneが登場して10年、経済や社会の仕組みがどれほど大きく変わったかを考えれば、「変化のスピード」の意味を知ることができる。そして、その先の未来を世界に先んじて体現している中国の動向を見ると感動もするし、そのことがもたらす「やりすぎ感」に恐怖すら感じる。日本や世界が同じようになるかはともかくとして、10年という期間が、いまの世の中においてどれほどのスピードを持っているのかを感じることはできるだろう。そしてそれは、明らかに加速している。

同じ過ちを繰り返してはいけない。そんなことを考えずにはいられない。

【締め切りました】ITソリューション塾・第29期

10月から開講予定のITソリューション塾・第29期は定員となりましたので、受付を締め切らせていただきました。多くの皆様のお申し込み、ありがとうございました。

次期は、来年2月スタートを予定しています。どうぞ、改めてのご参加をご検討下さい。

詳しくは、こちらをご覧下さい

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LiBRA 9月度版リリース====================
RPAのプレゼンテーションを作りました。(ITソリューション塾の最後にむに掲載)
他にもいくつかのプレゼンテーション・パッケージを新規追加・更新致しました。
==========================================..

プレゼンテーション・パッケージ
【新規】RPAについてのプレゼンテーション(25ページ)
【更新】新入社員のための最新ITトレンドとこれからのビジネス(187ページ)
【更新】ビジネスリーダーのためのデジタル戦略塾・最新のITトレンド(203ページ)
【更新】フィン・テックとブロックチェーン (40ページ) *テクノロジー・トピックスより分離

ビジネス戦略編
【更新】デジタル・トランスフォーメーションの実際 p.16
【新規】デジタル・ディスラプターの創出する新しい価値 p.17
【更新】もし、変わることができなければ p.18
*人材開発・育成編をビジネス戦略編より分離し、新しくパッケージし直しました。

ITの歴史と最新のトレンド編
【新規】人類の進化と知識 p.12
【新規】自然科学発展の歴史 p.13

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】インターネットに接続されるデバイス数の推移 p.10
【新規】新規事業の選択肢とモノのサービス化 p.44
【新規】IoTのビジネス戦略 p.47
【更新】LPWAネットワークの位置付け p.72

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】AI導入/データの戦略的活用における3つの課題

開発と運用編
【更新】DevOpsとコンテナ管理ソフトウエア p.57
【新規】開発と運用の方向性 p.58

テクノロジー・トピックス編
*変更はありません。ただし、FinTechとブロックチェーについては、別資料としてまとめました。

ITインフラとプラットフォーム編
【更新】仮想化の役割 p.70
【新規】仮想化の役割/解説 p.71

サービス&アプリケーション・基本編
*変更はありません

クラウド・コンピューティング編
*変更はありません

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する