オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

熊本地震・支援ニーズの把握にIT DARTが先遣隊を派遣

»

私が理事を務める一般社団法人・情報支援レスキュー隊(IT Disaster Assistance and Response Team 略称:IT DART)は、熊本の地震の状況と支援ニーズを把握し、地元とのチャネルを開くため、4月16日(土)から先遣隊4名を被災地に派遣しました。私もそのメンバーとして現地へ向かいました。またFacebookに今回の震災に関わる情報を共有・集約するページを立ち上げました。

私は、4月14日(木)に発生した地震の一報を聞いたときその震度の大きさに、これは大変なことになったと思いました。しかし、その後の報道や現地からの情報によると被害は局所的なものであり、避難していた一部の人たちは家に戻りはじめているということで、我々の出番は無いかもしれないと考えていました。

000139684.jpg出典:国土交通省

その状況が一変したのは、4月16日(土)未明の大きな地震です。日が開ける頃から現地の詳しい情報が入り始め、相当の被害が、しかも広域に拡がっているとのことでした。大きな余震が続いているのでボランティアの現地入りは控えるようにとの通達も出ました。

私は、4月16日(土)、前日仕事で滞在していた神戸から始発の新幹線で博多に向かいました。当初は、そこからレンタカーを借りて熊本へ向かうつもりでいました。また、先遣隊の他のメンバーは大阪や東京から熊本空港に入り、そこで合流する予定でした。しかし、この地震のために熊本空港は閉鎖、急遽博多に集合することとなり、そちらで情報収集と今後の対応を検討することになりました。

午前8:30、最初に博多に着いた私は、前線拠点を確保しなければならないと考え、地元の知り合いにすぐに連絡、休日にもかかわらず駅前にあるオフィスの一角を提供していだくことができました。

いずれにしろまずは情報収集です。ネットの情報や既に被災地に入っているボランティア仲間との連絡を試みました。その後、福岡在住の方が熊本の方と連絡をとって頂いたり、熊本から避難されてきた方をご紹介頂いたりと、当事者から被災地の生々しい現実が続々ともたらされ、これはただ事ではないという実感をさらに深めることになったのです。

道路の寸断や家屋の倒壊なども大変なことですが、加えて深刻なのは避難者のことです。報道される避難者数は、自治体指定の避難所にいる方に限られています。自主的に頑丈な建物に避難した人たち、建物が怖くて空き地や運動場にクルマを止めてそこで寝泊まりするたちは含まれていません。その数を含めれば、「発表の10倍はいる」という地元の声もありました。

今回は、揺れが大きく被害が大きかったことに加え、二度の地震で家の中に家財が散乱し居場所がなく、続けて起きる地震に建物が倒壊することを心配した人たちがどんどん避難所に集まったものの、キャパシティは限られ、立錐の余地もありません。そのために自主避難せざるを得ない状況になっています。また、そういう自主避難者には水や食料などの支援物資も配給されないといった事態も起こっています。

私たちIT DARTはそういう行政や報道が埋められない情報を収集し、きめ細かな支援つなげられないかと考えています。

博多での情報収集や地元の方のご紹介の甲斐もあり、熊本県合志市の消防団とつながり翌4月17日(日)に現地へ向かうこととなりました。私は、博多に残り現地でのバックアップ、そして他の3名は博多から西鉄で大牟田2向かい、そこからレンタカーカーを借りて合志市へ向かい、さらに熊本市内にはいることができました。東京には後方支援部隊が体制を整え、情報の集約や整理をするという体制です。

12993488_10153910344019733_3705169568857678535_n.jpg13010835_1217814878271369_316520752662082713_n.jpg

現地へゆけば被害の実態を肌で感じることができます。また、地元の方とのつながりも生まれます。そういうことが、有効な対策を検討するために如何に重要かを改めて実感することとなりました。活動の内容や経緯の詳細は、こちらに紹介していますので、よろしければご覧下さい。

私たちIT DARTは、被災地での情報を収集し、それを支援して下さる方々につなげ効果的な支援ができるようにするための「情報ハブ」としての役割を果たすことを目的にITに関わる人たちが設立した団体です。そのためのITインフラの構築やITサービスの提供を行うためにITエンジニアも参加しています。もし、ご関心があれば、あるいは、ご協力頂けるようであれば、是非ご参加して下さい。

今回の震災は広域であり、避難所での生活も長期にわたる可能性があります。また、余震も継続して起きていることから、耐震性の高い建物であっても倒壊のリスクが高まる可能性も指摘されています。復興は長期にわたるでしょう。支援も長期に及びます。

ITに関わる私たちができることを継続して考えてゆきたいと思いますし、多くの皆さんもご参加頂ければと願っています

知っているつもりの知識から、実戦で使える知識へ
IT_logo2.png

第22期の参加受付を開始しまた!

  • 5月17日(火) 18:30より 
  • 毎週2時間 全11回
  • 定員80名
  • クラウド・コンピューティングと仮想化との違い、または両者の関係を説明してください。
  • 「セキュリティ対策」という言葉がありますが、そもそも何をすることなのでしょうか。その目的と具体的な対策について説明して下さい。
  • IoTとビッグデータ、アナリティクスの関係を説明してください。
  • RDB(リレーショナルデータベース)が広く利用されている一方で、NoSQL(Not Only SQL)と言われるデータ管理の仕組みが注目され、利用が拡大しています。その理由とNoSQLの適用領域について説明してください。
  • アジャイル開発やDevOpsが注目されています。それはどのような理由からでしょうか。従来までのやり方と何が違い、あなたのビジネスはどのような変化を求められるかを、その理由とともに説明して下さい。

あなたは、以上の質問に答えられるでしょうか。

「お客様に相談しお願いする存在ではなく、お客様に相談されお願いされる存在になること」

これは、私なりにイメージする営業やエンジニアのあるべき姿です。そのためには、

「お客様の相談に応えられる体系的な知識とそれを説明できる能力を持つこと」

これに尽きると思います。ですから、こういう質問に答えられることは、お客様に相談されるための前提であり、そういう安心感というか、信頼感があるからこそ、ITに関わることならまずは相談される存在になれるのです。

もちろん、これ以外にも様々な能力の総合力が必要であることは言うまでもありませんが、ITを生業にしている以上、この点においてお客様以上の知識と説明できる能力がなければ、プロとしての基本をクリアできているとは言えません。

自分商材について説明できても、他社の商材や世の中のITの常識のなかで、「自社の商材の位置づけを説明できない」

それで、お客様はあなたに相談するでしょうか。

「知ってるつもり知識から、説明できる知識へ」

ITソリューション塾はそんな能力を身につけて頂くための「実践スキル養成講座」です。

詳細は、こちらにてご覧下さい

*定員に達しました締め切りとなります。もし、まだ決定ではないけれど、ご参加のご意向がありましたら、まずはメールにてお知らせください。参加枠を確保させて頂きます。

【最新版】最新のITトレンドとビジネス戦略【2016年4月版】

*** 全て無償にて閲覧頂けます ***

LIBRA_logo

【大幅改訂】新入社員研修のための「ITの教科書」

いよいよ、新入社員研修が始まりますが、そんな彼らのための「ITの教科書」を作りました。
よろしければ、ご活用ください。

さて、この教科書を作った理由ですが、新入社員に教えるITの基礎知識ですが、それこそ30年前の常識を教えることに留まり、クラウドやIoT、人工知能などの最新の動向を教えないといった企業も少なくないからです。未来を担う新人たちにそんなことでいいはずはありません。

そこで、そんな彼らのために最新のITトレンドを教えると共に、その前提となる基礎知識についても、最新の動向の理解を助ける内容として、作りました。

改めて基礎的なこと、そしてITの最新動向を整理したいという皆さんにもお役に立つと思います。

ITの基礎
情報システムの基礎
ITの最新トレンド

それぞれ、プレゼンテーション(PPTX形式)と教科書(DOCX形式)がダウンロードできます。
ダウンロード頂いた資料はロイヤリティフリーですから、それぞれに合わせて自由に加工編集してご活用下さい。

【最新版リリース】ITのトレンドとビジネス戦略・最新版【2016年4月】

【インフラ・プラットフォーム編】(267ページ)

  • PaaSの内容を更新しました。
  • APIエコノミーについての解説を追加しました。
  • データベースの内容を更新しました。
  • 新たに「ストレージの最新動向」の章を追加しました。

【サービス・アプリケーション編】(218ページ)

  • IoT
    • M2M/IoTの発展経緯とCSP(Cyber-Physical Systems)を訂正しました。
    • 機器のイノベーションとビジネス戦略を追加しました。
  • スマートマシン
    • スマートマシンとは何かを簡単に説明するチャートを追加しました。
    • 人工知能と機械学習を追加しました。
    • 人工知能の4レベルを追加しました。
    • ニューラルネットワークの原理を追加しました。
  • 開発と運用
    • アジャイルとDevOpsの関係について訂正および新たなチャートを追加しました。
    • これからのサイバーセキュリティ対策について新たなチャートを追加しました。

【ビジネス戦略編】(91ページ)

  • ポストSI時代に求められる人材について内容を改訂しました。
  • 常識崩壊の時代を追加しました。
  • ITとの正しい付き合い方を追加しました。

閲覧は無料です。ダウンロード頂く場合は会員登録(500円/月)が必要となります。
http://libra.netcommerce.co.jp/

まずは、どのような内容かご覧頂ければ幸いです。

LIBRA_logo

「ポストSIビジネスのシナリオをどう描けば良いのか」

これまでと同じやり方では、収益を維持・拡大することは難しくなるでしょう。しかし、工夫次第では、SIを魅力的なビジネスに再生させることができます。

その戦略とシナリオを一冊の本にまとめました。

「システムインテグレーション再生の戦略」

si_saisei_w400

  • 歴史的事実や数字的裏付けに基づき現状を整理し、その具体的な対策を示すこと。
  • 身の丈に合った事例を紹介し、具体的なビジネスのイメージを描きやすくすること。
  • 新規事業を立ち上げるための課題や成功させるための実践的なノウハウを解説すること。

また、本書に掲載している全60枚の図表は、ロイヤリティ・フリーのパワーポイントでダウンロードできます。経営会議や企画書の資料として、ご使用下さい。

こんな方に読んでいただきたい内容です。

SIビジネスに関わる方々で、

  • 経営者や管理者、事業責任者
  • 新規事業開発の責任者や担当者
  • お客様に新たな提案を仕掛けようとしている営業
  • 人材育成の責任者や担当者
  • 新しいビジネスのマーケティングやプロモーション関係者
  • プロジェクトのリーダーやマネージャー
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する