オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

コレ一枚でわかるIoTの構造

»

次回のITソリューション塾で、IoTについて講義をするので、こんなチャートを作ってみた。皆さんのご指摘やご批判を頂ければと願っている。

20140709_164237

データの収集

モノに埋め込まれたセンサや他の機器とのインターフェイス(IF)を介して、モノの状態や周辺データ、環境データなどを収集する。

データの送信

収集されたデータは、ネットワークを介して送り出される。センサーネットワークやローカルなネットワークを介する場合もあるが、そのままモバイル・ネットワークに送り出される場合もある。あるいは、ネットワーク上にあるサーバーでデータの集約が行われ、容量を減らして上位のレイヤーに送り出される場合も考えられる。このような処理は「フォグ・コンピューティング」や「エッジ・コンピューティング」と呼ばれている。

データの蓄積

膨大なセンサが収集したデータは、ビッグデータとなるだろう。それを管理、処理できるストレージや管理システムが必要になる。

データの分析

データは分析され様々な知見、すなわちインテリジェンスが取り出される。

ノウハウの蓄積と機械学習

取り出された知見はノウハウとして蓄積される。さらに、ビッグデータを機械学習させることでさらなる知見や最適化のためのアルゴリズムを生成する。生成されたノウハウや最適化されたアルゴリズムは、分析や制御に受け渡され、解析精度の向上や制御の最適化に役立てられる。

モノの制御

ノウハウや最適化アルゴリズムを活用し、ネットワークを介してモノの制御を行う。

なお、「クラウド」についての記述だが、ここはクラウドなければいけないのではなく、オンプレミスのサーバーに置き換わることもあるだろう。ただ、膨大なデータの蓄積と分析や制御、機械学習など処理を必要に応じて大きくスケールさせなくてはならないと考えると、クラウドは最も現実的な選択肢になると考えここに明示した。

この絵を描くに当たっては、鈴木逸平氏のこの記事に大いに刺激を受けた。

「このモデルの重要な核になっているのは、データです。データを如何に有効活用するかどうか、が全てである、と言っても過言ではありません。」

なるほど思い、こんな絵を描いてみた。また、紹介されているチャートや用語も参考にさせて頂いた。

このチャートの作成と共に、以前公開したチャート「IoTプラットフォームの将来」もこの構造に倣って改訂をしたので、改めてご覧頂ければと思う。

20140709_164209

昨今、IoTが、話題となり、次のビジネス分野としての期待も高まっている。しかし、その一方で解決すべき課題も多く、一気に普及することはないだろうとの意見もある。この辺りについては、谷川耕一氏のこの記事が参考になるだろう。

いずれにしても、IoTが今後の大きな潮流になることは間違えないだろう。これにちいては、林雅之氏が、この記事で整理されている。

このチャートは、ひとつの仮説に過ぎないが、こういう世界がこれからのビジネスにどういう変化やチャンスをもたらすかを考える上での参考にして頂ければ幸いだ。

* これらチャートを含む、IoTの講義テキストは、近々パワーポイント・データとして、「ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA」に公開させて頂く。

----------

クラウド・コンピューティング講座を開催します!

本講座は、クラウドをビジネスの現場で活用しようとお考えの方々を対象に、それぞれの役割や立場に応じた実践力の習得を目的にしています。CompTIAのクラウド関連資格認定試験に対応した内容となっています。

【基礎編】これまでのITを利用する上での常識と比較しながらクラウド時代の新しい常識を学びます。また、クラウドを活用したシステム戦略の立て方や、意志決定者を説得、納得させられる企画書の作成の勘所を知識として習得します。

【実戦編】「基礎編」で学んだ知識を元に、実際のクラウド・サービスに触れながら体験的に理解し、システムやビジネス戦略の策定、企画書を策定し、実戦ノウハウを修得します。

よろしければ、ご検討ください。研修の詳細やお申し込みは、こちらから。

今週のブログ ---

お客様に相談しお願いする存在に甘んじるか、相談されお願いされる存在を目指すか

Follow Us on Facebook Facebookページを開設しています。「いいね!」やご意見など頂ければ幸いです。

Libra_logo300x53

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/ LiBRA

system_cover

Kindle版 「システムインテグレーション崩壊」

〜これからSIerはどう生き残ればいいか?

  • 国内の需要は先行き不透明。
  • 案件の規模は縮小の一途。
  • 単価が下落するばかり。
  • クラウドの登場で迫られるビジネスモデルの変革。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する