オルタナティブ・ブログ > 穂苅智哉の Webビジネス!日進月歩 >

文系学部からITベンチャー企業へ進んだ男が考えていること、感じたこと、未来のことなどを書きます。

RoleをPlayしながらGameのように日々を過ごす

»

こんにちは、2月3日、節分ということもあり、何か変えようと思い立ち朝型生活をはじめました穂苅(@tomoyanhokarin)です。

意外と5時台に起きることができ、あとは2度寝との戦いが壮絶ですが朝余裕があると気持ちが全然違いますね。
もっと早く始めればよかったです。

今日は、

将来が見えないと人は霧の中を歩くが如く不安になる。小さくても毎日目標を設定してそれに向かって進んでいこう。

goal.jpg

という話です。

小さいときの恐怖

幼稚園くらいの時、一人でトイレに座っていたときのことです。

当時はスマホもなく、(そもそも幼稚園児にスマホを持たせるのかという議論もありますが)ぼーっと時間が過ぎるのを感じていました。

そこでふと、

時間と世界について考えて怖くなったことがあります。

時間はずーっと同じ様に流れている。自分が生まれる前からずーっと。

だとすると、自分が死んだあとも時間は何事もなかったかのようにずーっと流れていくということ。

世界は同じ様に。

自分って、何なんだ?

どうすればいいんだ?

と考えていました。

これは今思うと、

当時の自分は先を見るだけの経験や知識がないうちにずっと先を見ようとしてしまったがゆえに感じた恐怖でした。

変な子供ですね笑

RPGをしていきたい

RPGというジャンルは本当によくできた仕組みです。

今でこそドラクエやFFが代名詞のようになっていますが、Role(役割を)Playing(演じる)Game(ゲーム)はプレイヤー自体も何らかの役割を与えられ、役割を演じながら進んでいきます。

様々な目標を設定してあげることで飽きること無く、ひたすら役割を演じるようになる。

これを自分でやればいいのです。

自分で向かうべき次の村を設定して、アイテムを強くするにはなにが必要なのかを考えて
伝説の竜の牙や幻の羽衣を探しに行く。

様々な役割の仲間を探し、パーティを結成していく。

普段の生活と根本は同じです。

マイルストーンを設定し、それを自分がクリアしていくことで物語を楽しみ、成長していく。

鍵はマイルストーン、目標の設定にありそうです。

## 組織も同じ

RPGの話は、会社などの組織でも同様です。

各々がRPGをしていくのも重要なのですが、所属する組織でも同様にマイルストーン、目標があるはずです。

となると、今度は所属組織のマイルストーンと自分のマイルストーンの2つが存在することになり、
折り合いをつけていかないとになります。
そのため、組織ではマイルストーン、目標を所属している人間に周知し方向性を合わせるということが必須だと考えています。
これを怠っている組織は、バラバラ、努力の空回り、雰囲気悪い、人が去っていく・・・となるので最大限の注意が必要です。

つまり、個人でも組織でも霧の中を歩いてしまわないようにしっかりと目標を設定して日々進んでいきましょう!ということです。

私、穂苅智哉の情報は、以下のFacebookページTwitterアカウントをごらんください!
※Facebookの友達申請をいただける方は、お手数ですがメッセージを添えていただけるとありがたいです(^^)
※Twitterのフォローはお気軽にお願いします(*^^*)

Facebook
https://www.facebook.com/tomoya.hokari.79

Twitter
https://twitter.com/tomoyanhokarin

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する