オルタナティブ・ブログ > ひといくNow! -人材育成の今とこれから- >

HRD(人材の育成、教育研修)の現場から、気づいたこと、アイデアを発信します。初めて人材育成や教育担当になった方でも、わかりやすく、取り組みやすい情報提供を目指します。特に、20代~30代を元気にしたいご担当者様、是非このブログにご参加ください。

2020年上半期の出来事を、次の飛躍につなげるために

»

残すところ数日で、2020年の上半期が終わりますね。
本ブログをご覧くださっているあなたにとって、この半年はいかがでしたか?

私にとっては、無我夢中の半年だったなぁという感じです。(しみじみ)

ここでちょっとおききしてみたいのですが、この半年間(特に4月以降)の出来事や感じられたことの中に、次のようなものがなかったでしょうか。

○心身を休めることができた
○やろうやろうと思ってやれていなかったことが片付いた
○やりたいと思っていたことが出来た
○人から、思いがけないことを頼まれた(やってみたら喜ばれた)
○自分の思いがけないやりたいこと(興味や関心)が見つかった
○これまで以上にやりたいこと、やりたくないこと、がはっきりした
○これまで以上にできること、できないこと、がはっきりした
○これまで以上に好きなこと、嫌なこと、がはっきりした
など

半期が終わるこのタイミングは、これらのことを振り返り、書き留めておくのにとても適した時期だそうです。

振り返り、書き留めることの効果は、古来より、高い成果をあげている人の多くが提唱しています。そのお一人に、マネジメントの父といわれるP・F・ドラッカーがいます。

その教えに習い、私も今週はこれまでのことをじっくり振り返ろうかなと思っています。そしてその際は、次のような視点も大事にしたいと思ったので紹介します。

われわれは、この時代を偉大な発展の時代にすることができる。
―― 『断絶の時代』 ドラッカー名著集の新訳より
私は、正しい勉強の仕方、少なくとも私にとっての正しい学び方とは、
うまくいっているものを探し、成果をあげる人を探すことだということを知った。
少なくとも自分は、 失敗から学ぶことはするまいと思った。
成功から学ばなければならないと思った。
―― 『ドラッカー わが軌跡』

引用元:ドラッカー学会 名言集より

3249908_s.jpgのサムネイル画像



Comment(0)

コメント

コメントを投稿する