オルタナティブ・ブログ > こんなところにも、グローバリゼーション2.0 >

日本や日本人って何だろう。改めて「海外」を考えるヒントを身近な話題から

2009年の世界携帯電話市場から感じたこと

»

先日、あるお客様で、「モバイルOS市場をどう見るか?」について説明する機会があった。

そこで、各調査会社から発表になったデータを付き合わせて見てみたが、我ながら面白い発見であった。

以下は、そのプレゼンで用いた簡単な分析である。

2009pc

出所:
携帯関係 http://www.gartner.com/it/page.jsp?id=1306513
PC関係 http://www.idc.com/getdoc.jsp?sessionId=&containerId=prUS22161710

私にとっての発見は以下である。

  • 携帯、PCともに、日本市場の比率は予想以上に低い。3-4%程度でしかない(寂しいなあ。昔はGDP比率で日本の存在感は10%程度と言っていたのに。。)
  • スマートフォンの伸びが目覚しく、絶対数でPC市場の6割近くにまで迫りつつある規模となっていた。脱PCもここまで来ていたか。。
  • スマートフォンを牽引しているのは、iPhone、BlackBerry、Android、Symbian。なんとWindows Mobileは、絶対数でも低下。

「日本の携帯電話市場のガラパゴス化」のようなことはいわれて久しいが、世界市場と国内にいる自分の現場感がここまで認識が異なるということを数字によって改めて認識した次第である。

まさに、ネット時代「御三家」の中でも、Google、Appleの羽振りがいい一方で、マイクロソフトの元気に?がつけられる状況を象徴していることが数字で裏付けられたように思う。

考えてみれば、ネット時代の中でApple、Googleの2社は、コンテンツ蓄積、アプリケーション提供を図り、最後にユーザーインタフェース制覇という観点から携帯電話に進出するという垂直統合モデルの結果である。気合の入れ方が他の事業者とはちょっと違うのであろう。しかも、PC側でも同様に、ユーザーの脱MS化を促進するべくブラウザの多様化を推進している。PCとの連携でスマートフォンを使うのではなく、最初からネット利用端末としてのスマートフォンがあるという発想に立っている。

この種のモバイルOSは、後発であるため当然ながら自社のネットサービスと密結合になった独自仕様が幾つも含まれてくるであろう。しかもコンシューマー育ちの事業者なので、「互換性?標準化?そんなの関係ない。売れたら勝ちよ」という発想で、怒涛の攻めを見せてくるであろう。

B2Bの企業向けITを生業にする立場としては、この2社の動きにどう対処するべきか悩ましいところである。

Comment(3)

コメント

sis

もともとMSはモバイルOSではダメですけどね。もうWindowsMobileもけっこうな年数提供し続けてますが、ユーザーに評価されたことはない、といっていいくらい、みんなクソって言いますね。UIが悪いとか、モッサリすぎるとか。
スマートフォン市場が小さくてライバルがほとんどいなかったから本気になれなかったかもしれません。iPhoneやAndroidが出てきて、やっとWindows Phone 7で、ちょっと競争力つくかな、ってところですかね。厳しいでしょうけど。
MSも、かなり官僚的な企業になってしまって、元社員も「MSからイノベーションは生まれない」と言われてますし、今後もGoogle、Appleの勢いは止まりそうにありません。これにYahooが加われなくなかったのも興味深い。

Googleはネットの覇者として、インターネットの一番魅力的なところを製品化して、今の時代にもっともマッチしたものを提供して支持を受け、Appleはジョブズの独善的で革命的、そして唯一無二な製品で支持を受けている。
ソフト・サービス屋とハード屋が競ってるんだから、おもしろいものです。

日本は、日本市場という中途半端に大きな市場がある分、内向的になりすぎですね。フィンランドや韓国など小さな国は、どうしても外を見ないとやっていけないから積極的です。その点、アメリカは最初から世界向けになるからおいしい。

morishee

sisさん。コメントありがとうございます。

私自身は、「最終的には、ネットの覇者となるPowerの源泉=コンテンツ収集力」だと思っています。Consumerに近いところにいる人にはその辺の感覚が理解されるものの、B2B分野の人は感覚が疎くなって、目先の手堅そうな収益のためにTechnologyに走るという説もあるようです。

そういう意味で、MSは、IBMのようにB2B指向を強めた結果「大事な感覚を失った」のかも知れません。マーケティング・セオリーの用語で言えば、MSもイノベーション・ジレンマに追われる側の立場になったということなのでしょう。

一方、Googleほど、コンテンツ収集に執念を燃やす企業も珍しいと思います。GoogleMapに始まりStreetView、GoogleAppsの無償提供なども、「広告収入モデルにレバレッジを利かすためのコンテンツ強化」という流れに読めるのですが、この目的だけで一体どこまでいけるのか。。Appleは、エンターテイメント系コンテンツ以外に、「ユーザーのアプリケーションを売買するコンテンツとして扱う」という作戦に出ており、Googleの無償モデルとは別の方法で開発者の賛同を得つつあるような気がします。この2者に対抗するとしたら、「購買履歴データ」をコンテンツにできるAmazonですかね。「AmazonのSalesforce(force.com)化」みたいな流れにも注視しています。

今回のデータを見て、もう一つの発見はSymbianの「しぶとい粘り」でした。日本では富士通、SHARPなどに採用機種があるようですが、NOKIA、Motolora、Samsung、SonyEricssonなど「Symbianの Global Major Player」の影はまだまだ薄いような気がします。個人的にはNOKIAを好きで使っているのですが、日本市場撤退のため「次の携帯を何にするか」悩ましいです。

sis

返信カキコありがとうございます。

おっしゃるように、コンテンツ収集力というのは重要になってきますね。「コンテンツ自身」と「流通プラットフォーム」とは別物で、補完しあう関係なので、いい意味でバランスをとらないと、Googleなどでも厳しくなるでしょう。

ちょっと例は違いますが、Blu-RayとHD-DVDの競争で、HD-DVD側は支持者がどんどんBlue-Rayに鞍替えしたことで完全に敗退したのも、プラットフォームビジネスはコケるときは一瞬なんだと思わせます。そう考えれば、より使い易いプラットフォームを日本企業が立ち上げて世界を征することも不可能ではないでしょう。まず日本で普及させて、という考えを捨てないといけないですけど。

Symbianは、たしかにしぶといですね。でも、私もNokia機使ってました(今はiPhone)が、スマートだけどスマートフォンになりきれてない印象でした。まぁ、そのときは、フルキーボードもタッチパネルもなかったのでUI的に難しかっただけかもしれませんが。Symbianは、いわゆるガラケーにも多く利用されているから数でてるんでしょうね。
でも、スマートフォン用OSとしてはあまり評価されなくなったので、今後スマートフォンの割合増加で減り続ける可能性が高いように思います。

次はやっぱりiPhoneかAndroidでしょう!でも、Androidはメーカーが下手に多いので、悩まされますね。OSという土台がいっしょなら、あとはその上にのるソフト力で差別化するだけ。

コメントを投稿する