オルタナティブ・ブログ > ITは手段、エコは目的 >

日本を環境立国にするために、ITベンチャーを飛び出して起業しました。

日本を環境立国として世界のお手本=ブランドにする

»

はじめまして、株式会社エコブランドの 東 大史 (あずまたいし)と申します。
環境ビジネスを中心に、新規事業立案だったり既存事業のグリーン化のお手伝いを行なっております。


どうしてそのような事業を行なっているかといえば、それが今後の日本の国際社会における役割の中心となると考えているからです。私の夢は、「日本を環境立国として世界のお手本=ブランドにすること」です。そのために、株式会社エコブランドという会社は存在しております。



極端なことをいえば、人間は自然が太陽のエネルギーを得て成長する範囲のなかでしか本来は生きられない生物です。それが、化石燃料や原子力といったレバレッジによって高度な文明を手に入れて、それによって繁栄を謳歌していますが、一方でその反動も着実に増大しています。


今後、中国やインドなどの国々が経済発展していくにしたがって、食料やエネルギー消費を中心に生活水準を維持するための厳しい競争環境がグローバルに展開されることが予想されます。これまで当たり前に手に入っていたものが、いきなり入手できなくなるといったリスクが高まっているのです。


日本は食料やエネルギーの自給率が低い国です。その多くを海外からの輸入に頼っています。


一方で日本は少ない資源で最大限の効果を発揮する技術であったり、「もったいない」という考え方でモノを大切に使う文化があります。何より、限られた国土のなかで多様な人々が助け合い、台風や地震といった自然災害から身を守ってきた環境共生型のメンタリティが、我々日本人のなかには息づいています。


私はこの日本人の可能性に注目し、多くの働いている方々に対して、より自分自身の生活が自然と繋がっていることに気づいてもらうきっかけを提供したいと考えております。日本が平和で自然と共生する国家であること、それが世界に対する影響力を発揮する方法であると信じ、"エコかっこいいオトナ"を増やしていくことで日本の環境ブランドづくりを行なっていきます。


このブログは、そんな日本の環境ブランドづくりの一歩ずつを刻んでいくものです。

Comment(1)

コメント

さわだ

「MOTTAINAI」。すごくいい言葉ですよね。この考えがある限り、日本が環境立国としてのお手本になる日は、そう遠くないと私も思います。今後のブログ更新も楽しみです。
東さんのお写真を拝見して、昨年、富士山麓にボランティアで植林活動したのを思い出しました。今年は参加を断念したので、何か他の活動をできたらいいなあと思っています。

コメントを投稿する