オルタナティブ・ブログ > 代替案のある生活 >

ITの技術や方向性考え方について別の選択肢を追求します

「道に迷っているばかり」 阿久悠って、すごかったんだなあ。

»

「代替案のある生活」筆者の高橋 徹さんは、2009年8月16日 永眠されました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

 ITmedia オルタナティブ・ブログ運営事務局


「あぁ~、しあわせっ」と、感じるとき。私の場合。】というブログを書きました。その中で、路に迷うことが好きだと書きました。路に迷うのは、目の回るような、不安がちょっとよぎるような、不思議な体験です。

路に迷う

と言う言葉から、ふっと、とても古〜い歌を思い出しました。森田公一とトップギャランの「青春時代」という歌。なんと、1976年のヒット曲。時々、CMで使われたりしている。名曲だよなあ。

このビデオは音とVがずれてますけど。

この歌の歌詞は、こんな感じです。よく読むと、おとな、だよね。学生時代に同居(このころは同棲って呼んでいた)して、そして卒業が近づき、これから、どうするのか、「答えを出すよ」って彼女に言っているんですね。でも、どうしたらいいのか、答えは出しあぐねている。

たぶん、このままではいけない。それは別れることなのか。それは文字にしない。悩んでいるということを、言葉にせずに、胸に棘さす、という。

若い、にがい、青い年代の迷い、言葉にならない苦しみと不安。でも、時代は変わったし、若い人たちの中に「未成熟な自己愛」しかないのならば、もはやこの歌は人の心には響かないのかもしれない。

もし、この歌詞がいまだ心に響くものならば、こに歌詞は普遍性を持つのかもしれない。この作詞は、阿久悠。阿久悠って、すごいひとだったんだなあ、とあらためて思う

このCD、買ってしまいました。今日はおやじのひとりごと、でした。

Comment(9)

コメント

高橋さん

僕は自分のブログに「年男にして不惑(XXXX)」と書いたんですけど、
「惑わなくなった」と言ってるうちは惑っているのかもしれませんね。

青春時代の~♪

ex-Sun colleague

Toru-san, R.I.P.

sugaya

待ってて下さいね!あっという間ですから!

ミッキー

あらためて高橋さんのブログとコメントへの返答を読み返し、その暖かいユーモラに富んだお人柄を偲んでいます。あまりにも早すぎる旅立ちです。ご家族のお気持ちを察するとともに、ご本人のご冥福を心よりお祈りいたします。合掌。


徹さんには、今の部署に移動してきた後
色々な事を教えて頂きました。
また、銀座で2人で飲みに行った事も
とても良く覚えています。
徹さん本当にありがとうございました。

7月下旬、偶然あざみの駅で徹さんにお会いした時には
「僕は今本当に仕事がしたいんだ、皆と一緒に
 仕事をしたいんだ、もう少し待っていてね。
 必ず帰るからと」心強いお言葉を頂き、
 「早く帰ってきて下さい」と「握手」をしたばかりなのに。
 こんなにも突然お別れがくるとは思ってもみませんでした。

徹さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
徹さん本当にいままでどうもありがとうございました。

通りすがりの同僚より

とおるさん、

まだ信じられません。周りを見渡すと仕事をしているとおるさんを見つけられそうな気がします。

えがお やさしさ あたたかさ つよいこころ ほうふなちしき おさけ
とおるさんを想うとこんな言葉が出てきます。


同僚として、一緒に仕事が出来たことを誇りに思います。
今までありがとうございました。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

NewTama

とおるさん、RIP。

今週、皆で貴方を偲びます。

もう少しで、一緒に面白いことができると思っていました。本当に残念です。

Quest

暫く更新がないなぁと思っていて、たまたま見に来て驚きました。
合併騒ぎで忙しいのかなと思っていたのですが、もしかしたら
闘病なさっていたんでしょうか。
このコメント欄での数回のやり取りしかありませんでしたが
何か「よく面倒を見てくれた従兄弟のお兄さん」のような気がします。
(「親戚のおじさん」と書こうと思いましたが、歳が6つしか違わない・・・)
それだけ親近感を持っていただけに、非常に残念です。
心よりご冥福をお祈りいたします。

kimnovax

徹さんのブログは以前ちょくちょく覗いていたのですが、旅行から帰り突然の知らせに驚きました。

徹さんとは、またどこかで一緒に仕事をすることがあるに違いない、という根拠は無いのにどこかで繋がりを感じさせてくれる方でした。今でもどこかで会いそうな気がしてなりません。

徹さん、これまで色々ありがとうございました。

コメントを投稿する