オルタナティブ・ブログ > 代替案のある生活 >

ITの技術や方向性考え方について別の選択肢を追求します

「あぁ~、しあわせっ」と、感じるとき。私の場合。

»

週の真ん中の祝日は、なかなか計画も立たずに、たらたらと過ごしてしまう。だいたい、性格も根が怠惰なので、こういったぽっかりと空いた日は、何もする気にならない。でも、きょうはなんとなく、

「わ。しあわせぇ」

と感じられた。私もみなさんと同様に、好きなことというのがある。楽器を弾いているだけでうれしい、とか、写真を撮っていると最高とか、子供と遊んでいるのが幸せとかあると思う。私の場合、ほんとに読書と旅行が好きなので、このどちらかだと幸せなのだ。具体的にどんな時かというと、こんな感じです。

布団に寝ころがって、好きな本を読む

私の寝室のひとつの壁には、本がうず高く積まれていて、その横に布団を敷く。かびたりするのが嫌だから、布団は上げ下ろしするが、だいたい布団のまわりに本がおいてある。布団はその中に敷き、自分の好きな本を読む。

いま好きなのは、日本の古代史、中世史だ。他にも石田千さん、椎名誠さん、嵐山光三郎さんの本なんかも読んでいる。久しぶりに岡野玲子さんの「陰陽師(原作、夢枕獏さん)」のまんがも読んでるんだけど、13巻とか深すぎて理解できない。

今日は結局、読書三昧の日でした。

■■■
他にもし旅行に行けたら、こういう事が好きなんです。

移動する電車の窓から、ずーっと外を眺めている

通勤電車のベンチ型のシートではなく、新幹線や普通電車のシートで、窓側に座って、とにかくずーっと外の景色が変わっていくのを眺めるのが大好き。東海道新幹線はE席側の景色が好きだ。「乗りテツ」ですね、私の鉄分は。

街を歩く

自分の好きな街を、とにかくひたすら歩き回るのが好き。いま好きなのは、京都、松本、仙台。京都の場合は、北は丸太町通、東は八坂神社前を通っている東大路、南は五条通、西は堀川通までのあたり。つまりは京都の繁華街ですね。松本は、どの路を通っても山が見えるのが好き。仙台は、歩いていて、大人の街だなあって思う。もちろん、国分町、一番町の繁華街も好き。

路に迷う

迷子になるのが好きなんだなぁ。変でしょ。特にヨーロッパの古い街でちょっと方向がわからなくなるのが面白いです。ウィーン、ロンドン、エジンバラ、ダブリンなんかで、あれどこにいるんだろう、って思う時間。あたりの雰囲気、空気。特に夕暮れ時は、ブラックブルーの透明なインクのような空と、石造りの黒々とした古い町並みとのコントラストがすてきです。ぽつんぽつんと、街路灯の橙色の薄明かりがこころを癒しますよ。

アメリカで自動車で走っていて、路を間違えて、変な場所に出てしまうのも、これも結構好きなんだけど、これは場合によってはとても危険なので、良い子はまねをしないように。

Comment(5)

コメント

> 迷子になるのが好きなんだなぁ。

大事ですよね。未知に迷うことは。

欧州の街角で宿やレストランを探す時、
案内所で聞くよりも迷ってぶつかるほうがイイ場所にめぐり会えます。

小生、人生も未知に迷ってばかりです。
しかしそのほうがおもろい人に出会えます。
袖振り合うも多生の縁と言いますし。。。

石松

高橋様、
私も迷子になるの、たまらなく好きです。
ヨーロッパには行ったことありませんが、アメリカで車で貧乏旅行をするのが好きです。
GPSが無かったころ地図で調べながら行っても間違う事がよくあります。
私はわくわくしますが、横のかみさんはいつもぶつぶつです。
目的地に着いてもホテルに行かずにまずはその町と周りの町を地図無しで見て行きます。
また絶対に道に迷います。
そういった時なんでもない橋を渡るだけでも、なにか楽しいです。

いや、こんな事を書きたかったのではないのです。
JRX様、
【未知に迷う】って良いですね?
変換ミスかもしれませんが、人生は【道に迷う】より【未知に迷う】ほうが楽しそうです。
そんな人生が良いです。
すみません、下らないこと言って。

JRX さん、石松さん、コメントありがとうございます。
 
未知に迷うのは楽しそうですが、私は、人生の道にまよっているばかりです。
 
孔子の教え、
三十而立。四十而不惑。五十而知天命。
30 にして立つ。40にして迷わず、50にして天命を知る。
 
迷っているばかりで、天命など全くわかりません。よわったおやじです。

> 【未知に迷う】
MS-IMEを塚っているお影です。

> 四十而不惑。
同じ日に高橋さんと同じようなことを考えていたんですね。

ではでは!

>迷子になるのが好きなんだなぁ。変でしょ。特にヨーロッパの古い街でちょっと方向がわからなくなるのが面白いです。
>ウィーン、ロンドン、エジンバラ、ダブリンなんかで、あれどこにいるんだろう、って思う時間。あたりの雰囲気、空気。
>特に夕暮れ時は、ブラックブルーの透明なインクのような空と、石造りの黒々とした古い町並みとのコントラストがすてきです。
>ぽつんぽつんと、街路灯の橙色の薄明かりがこころを癒しますよ。

この感覚、すごくよくわかります。
上の街でも、あちらこちらで先に迷っておいてくださいね。
そいでもって、いつか合流できたら、道案内してくださいね。

♪永遠の友達
http://www.moritomohiko.com/songs/04-08%20EienNoTomodachi.mp3

コメントを投稿する