オルタナティブ・ブログ > 代替案のある生活 >

ITの技術や方向性考え方について別の選択肢を追求します

躾の時期 - おじさんは躾を受けたのだろうか?

»

今日、お昼を取りにお蕎麦屋さんに入った。ひとりだったので合い席。たぶん 60 歳前後のおじさんといっしょになった。ここの蕎麦屋さんでは、ランチメニューに麺類と丼ご飯のコンビが選べる「合わせ御前」というのがあり、けっこう好きなのだ。
 
目の前のおじさんは、たぬきそばと天丼、わたしは、かけそばとカツ丼だった。別に昼飯を食うのに品格など求められないけれど、でも喰い方がきたないと、嫌な気分になる。
 
蕎麦はずるずるすするもの、かもしれないけど、目の前のおじさん、すすりすぎじゃない。天丼もすすっている。箸の持ち方も気になってきた。なるべく見ないように、食べ物に集中しよう。
 
と。おじさん、箸を手に持ったまま、手に持ったままですよ!、立ち上がって向こうにある席に置いてあるスポーツ新聞を取りに行ってしまった。そして、おもむろに新聞を広げて、朝青龍のガッツポーズ問題のところをしげしげと読んでいる。
 
スーツにちゃんとネクタイを締めたおじさんなんです。
 
たぶん、この人の子供の頃って、戦後すぐで食べるものも少なく、躾をしてくれる大人が少なかったんだろうな、と思った。戦争のような、大きな文化的な亀裂というのは、こういった細部に表れてくるのだなあ。
 
私は、小学校に上がるまで、家ではご飯は正座をして食べさせられた。よそを向いたり、食べている途中で遊んだりすると怒られた。ぎっちょ(左利き)なので、左手で箸を持つと、手をつねられた。 
 
大体6歳ぐらいまでに、子供は外部との接点を勉強する。このとき、甘やかして、子供の好きなようにさせては、躾にならない。6歳ぐらいまでは、言葉を話す犬と同じなので、有無を言わせず、ダメなものはダメと躾けなければ、将来、社会の中で、最低限のしぐさ作法ができない。怒る、叩く、そういった直接的なストレスを与えなければ、子供は正しい作法、しぐさができないのだ。
 
犬と同じと書いたが、犬は大きくなっても自立しないが、子供は自立しなければならない。6歳までの躾は、たいへんだろうけれど、その子供にとって、とても重要なことだ。私の姪は、甘やかせすぎだなあ。

この目の前のおじさんを見ながら、ついつい、このおじさんの今までの人生で、躾が充分でないために、いろいろと損をしたんだろうな、と思った。朝青龍のガッツポーズより、おじさんの躾に残念な思いをした。
 
(朝青龍、がんばれ!)

Comment(6)

コメント

ご飯のいただき方、難しいですよね。

私は他人のペンの持ち方が気になる今日この頃です。一般的には、箸ほどうるさく躾されないものだと思いますが、ペンの握り方に知性を感じてしまいます。

その感じ。分かります。
躾というか、わがままぶりは目を疑うことが結構多い。それも、おじさん、おばさん。
食事のとり方は、結婚の見極めとも言われますから、反面教師で気をつけなければと思います。

sugaya

子供の頃受けた躾が今は本当に役立っていると感じます・・・
でも、それも普段は崩れかけて来ているのが非常に解り(自分自身ね)自分が残念というか、 躾けてくれた相手に申し訳ないというか・・・

今じゃ立ったまま普通に物食べるしなぁ・・・

上田さん、Kawakami さん、sugaya, コメントありがとうございます。
 
躾は 6 歳まで、とよく言われます。おじさん、おばさんの幼児時代って、昭和20年代で、まだ戦後と言われていたころで、躾よりなにより、食べることに必死だったのだと思います。
 
ただ、躾にも後天的に修正できるものですので、大人になる前に修正できるように、若い人たちに伝えていかないといけませんね。
 
Sugaya, あなたは、しっかりとした躾をご両親から受けているし、美人だし、礼儀正しいし、人に優しいし、女性にも好かれるし、男性に人気があるのに・・・。はやく結婚式に招待してくれぃ。

とおるさん、

ご無沙汰してます。
けっこうシニアなのに・・・・残念て思うこと、
僕もけっこうあります。
僕自身もけっこう厳しく躾られ、
その頃は鬼婆みたいに思うこともありましたが、
今となってはそれでよかったんだ。。と思うようになりましたよ。

sugaya

何で待てないかなぁ~~~~っ!!

コメントを投稿する