オルタナティブ・ブログ > 代替案のある生活 >

ITの技術や方向性考え方について別の選択肢を追求します

【解説】サンの仮想化技術の全貌 その2 サーバの仮想化

»

1月28日に「【解説】サンの仮想化技術の全貌 その1 VDI デスクトップの仮想化」を書いた。
社内の人からは、良くまとまっているとの、おべんちゃらお褒めのお言葉をいただいたので、調子に乗って、サーバの仮想化について記載したいと思います。

企業内(外)の仮想化を考えるとき、単なる要素技術や部分的な仮想化「だけを」考えてはならない。IT基盤技術は、サーバ、ストレージ、デスクトップの三大要素があり、さらに、これをどのように管理・運用していくのか「仮想化の管理」がだいへんに重要な事で、その事を教えてくれない仮想化のベンダーと話すときは、これは部分解でしかないことを、肝に銘じなければならないでしょう。 

さて、サンではサーバ製品、ストレージ製品、デスクトップ製品、それらを管理運用するソフト
ウェア製品、各仮想化をお客様の環境に最適化するサービスと、IT基盤全般に渡って、製品と
サービスを持っています。おそらくIT企業の中で、唯一、全てを網羅している、と言って良いのではないでしょうか。

サンのサーバ仮想技術

サンは様々に誤解を受けやすい企業らしく、サンではサーバしか販売していない、と思われて
いる。皆さんの個人情報のLDAPは弊社のLDAPに格納されているし、メールの多くはたぶん、
弊社のメールサーバだし、日本の重要なデータの1/3程度は弊社のストレージに入っています。まあ、みんなが知らないだけのことなんです。

Virtulization_type1 とは言いながら、サンのサーバ技術は、すっごいですからね。サーバの仮想化にはさまざまな
タイプがあり、総合すると5種類もあります。

  • ハードウェア・パーティション
  • ハイパーバイザ・タイプ1
  • ハイパーバイザ・タイプ2
  • OSの仮想化
  • アプリケーションの仮想化

上の図をご覧になるとわかるように、それぞれのタイプでオレンジ色のフォントのものがサンの
仮想化製品です。その他の企業の製品を見てみると、全てのタイプを網羅していません。

  • IBMの場合 ・・・・・ IBM LPAR(メインフレーム)、x/VM、IBM WPars
  • VMware の場合 ・・・・・ VMware(Hypervisor Type1)、VMware Workstation、VMware Server、VMware ThinApp
  • Citrix の場合 ・・・・・ Xen
  • Microsoft の場合 ・・・・・ Hyper-V、Microsoft Virtual Server、Microsoft SoftGrid
  • Parallelsの場合 ・・・・・ Parallels Workstation、Parallels Virtuizzo
  • HPの場合 ・・・・・ HP vPar

他社製品で、これが抜けてるというのがあったら、ご指摘下さい。

サンが、なぜこれだけ種類抱負に仮想化のソリューションを持っているのか

  • 稼働するアプリケーションに適合した仮想化を適用できる
  • 極めて重要度の高い基幹業務から、たくさん分散している、重要度はそれほど高くないけれど、統合化してしまいたいサーバに安価で適切な仮想化をする
  • ひとつの技術のみに固執して、IT基盤を変更していく際の柔軟性がある

要するに適材適所なのです。ここで、問題になってくるのが、このただでさえ複雑な仮想化をどのように管理するのか、ですが、ようやく管理ツール「Sun xVM Ops Center」が出てきました。まだ、第二版で、今後とも、拡張が計画されていますが、この版でも、多くの機能が追加されています。

サンの仮想化製品はそれぞれ、多くの機能と利便性があり、一言で説明できないので、回を追って説明しましょう。今回は、

Dynamic System Domain

Dynamic_domain Dynamic System Domain はハードウェアの機能です。大規模な仮想化を行い、基幹業務を安全に稼働させるなら、この機能は検討に値します。この機能の特徴・優位点は、

  • 独立性の高いDynamic Domain (ハードウェアパーティショニング)による、他パーティションニングでの障害発生の際もサービスを継続
  • 1CPU単位でのハードウェアパーティショニング機能によるきめ細かいリソース配分
  • Solarisコンテナ(ソフトウェアパーティショニング)による、より粒度の小さなパーティション作成し、使用率を向上
  • ハードウェアパーティション、ソフトウェアパーティションの組み合わせによる柔軟なリソース配分

です。

LDom Solaris Container、Sun xVM 製品群については、日を改めてご紹介しますね。

Comment(2)

コメント

サンキュー

前回に続き、サンの事業特性を理解する一助となる記事を拝見させていただき感謝いたします。

[サンは様々に誤解を受けやすい企業らしく、サンではサーバしか販売していない、と思われて
いる。皆さんの個人情報のLDAPは弊社のLDAPに格納されているし、メールの多くはたぶん、
弊社のメールサーバだし、日本の重要なデータの1/3程度は弊社のストレージに入っています。まあ、みんなが知らないだけのことなんです。]

ほんと、サンはIT業界の通好みの企業といえるのではないでしょうか。
このような多彩な実力と商品をそろえているのですから、あとは「営業力」の勝負なのかな。
サン、頑張れ!!

サンキューさん、コメントありがとうございます。
 
サンにはキラ星のごとく、ものすごいエンジニア・科学者がたくさんいます。でも、営業の神様とか、マーケティングの天才なんてサンでは聞きませんよね。実は個々にはすごい営業や能力のあるマーケティングの人はいるのですが、インフラが出来ておらず、トップの決定も普通の会社並みなのでは、と危惧しています。
 
ちなみに、私は世界で400名程度のサン社内のプログラムSEEDのメンバーで、トップレベルのエンジニア・科学者の集団です。英語が必須のこともあり、日本ではメンバーはふたりだけです。トップはグレッグ・パパドポラス。非常に高度な情報をお互いに教えあい、自己のレベルを高めていきます。もしかしたら、おなじプログラムを営業、マーケティングにも展開したらいいかも知れないですね。その前に、サンを営業の会社にしないといけないな。

コメントを投稿する