オルタナティブ・ブログ > 代替案のある生活 >

ITの技術や方向性考え方について別の選択肢を追求します

朝青龍問題に日本の国際感覚を考える

»

あまりスポーツとか、マスコミに話題になっているトピックスをブログに書くのは好きではないのですが、朝青龍の問題で、また、日本人の感覚の不思議さを感じているので、あえて投稿します。個人的な感想ですので、その旨、ご理解いただきたいと思います。

私は普段テレビを見ないのですが、夏休みで田舎に帰っており、何の気なしにテレビを見ていたら、この朝青龍の過熱報道があり「あーぁっ」と、またがっかりしてしまいました。この問題の推移はテレビで嫌というほどやっているので、割愛します。

朝青龍は、朝青龍である前に、「ドルゴルスレン・ダグワドルジ」というモンゴル人である、ということをつい忘れてしまっています。彼はモンゴル人の英雄であり、はるか遠い日本という国で、相撲という「スポーツ」で一番強く、チャンピオンになったのです。モンゴルの英雄像というのはどんなものなのかわかりませんが、はるか昔のジンギス汗を想像すると、きっと強きものこそが王・英雄なのではないでしょうか。

相撲協会は彼を横綱にしたのですが、相撲や横綱というのは、日本の古来からある原始的宗教と密接に絡み、日本人にとっての重要な価値観を育ててきました。横綱とは、いったいなんなんでしょうか。横綱は神社に土俵入りを奉納します。雲竜型と不知火型がありますが、これは、陰と陽を表し、守りと攻めの意味でもあります。相撲自体は神事のうちには入りませんが、大きく関連しています。

近年外国人力士が横綱になる場合があります。日本で生まれ育っていない「スポーツマン」が横綱になったとして、果たして、どこまで横綱の価値を肌身で感じられているのでしょうか。曙は堂々と横綱を務めましたが、彼はたいへん頭も良く、「木鶏」の事を習いました。木鶏は中国の故事ですが、曙はこの双葉山の例を覚えて、横綱を演じていたのではと、想像しています。

朝青龍も頭の良い人だと思いますが、同時に「ドルゴルスレン・ダグワドルジ」というモンゴル人であることを誇りに思っており、モンゴルの人たちとは、リーダーとして接していると思います。子供達のサッカーに参加したのも、遊んでいたのではなく、モンゴルの英雄としての責務だと思ったのだと、考えます。おそらく、骨が折れていようと、モンゴルの子供達に笑顔で接したのだと思います。

しかし日本人は、朝青龍を横綱としか見ていません。その大きな溝は、彼をしても埋めることができません。日本人としては、その辺を理解してあげて、モンゴルに帰してやればいいと思います。

もし、メジャーリーグのイチローや松井英喜、松坂などが怪我をして治療しなければならなくなって、本人が日本で治療したいと言ったとき、アメリカ側で、「彼はメジャーリーガーの有力選手だから、アメリカで治療すべきだ。日本に帰るなんてとんでもない。」といったらどう思いますか。同じ事を今、我々は言葉に出しています。モンゴルにも報道されていると思います。

日本人にとって当たり前だと思っていることが、他の国ではまったく在り得ないことはたくさんあります。一応、日本は文明国家だと思われているのですから、双方の現状、考え方、歴史的背景を踏まえた言動や行動を取るべきだと思います。

■■■ 
こんな例があります。弊社の説明資料(スライド等)では多くの写真を使って、イメージを膨らませています。この写真は一箇所に集められ、集中管理されています。このなかに、相撲取りが休みに携帯を使っている写真があるのですが、髷を結って、畳の上に布団を重ね、上半身裸で下はぶかぶかのパンツです。

これを見て、数カ国のサンのメンバーが、これは下品で野蛮だから、使うな、という反対意見が出て、喧喧諤諤の討論になりました(メールでですが)。特にフランスと中国が反対派、アメリカは「良いじゃん」という賛成派。私は、これは相撲取りで全然下品でも野蛮でもなく、これは日本の誇る競技である、と言ったら、それ自身が野蛮であるとある中国人からの反論がありました。

中国人にとって、特に北京を中心とする北部では、ふんどしひとつで、裸でぶつかり合う相撲は、どのように考えても格の高い人のすることではないのです。思い出すと、水泳やボクシングなど、裸で行うスポーツでは、妙に中国人が少ないと思いませんか。いたとしても、南部の人たちなのでは。

ある国の人にとって誇りであることが、他の国では悪いことになる可能性を常に頭に入れておくのが、今後の日本人は必要なことではないでしょうか。ちなみにこの写真は、破棄されず、一定期間使われました。(周期的に写真を換えるのでいまは使っていません)。

Comment(24)

コメント

かい

相撲も人気商売です、今回の朝青龍の行動は仮病とファン
に思われ、ファンを裏切る行為ととられても仕方がないでしょう。
別に普段モンゴルに帰ってもいいです、ただ筋は通さないと。
今回その筋を彼は通していないのだから、それに対して、
協会からの罰則、マスコミからのバッシングを受けるのは
当然。それだけの地位にいるわけで。

彼を横綱であると同時に、モンゴル人と見る。
ただこれを認めると、何をしてもモンゴルを盾に言い訳が
可能になってしまうのでは?ある程度の、国家間の感覚の違いは認めても、基本的には「郷に入れば郷に従え」
これが大原則でしょう。

私は現在アメリカに住んでいます。多くの外国人選手
がアメリカのプロスポーツ界で活躍していますが、
「郷に入れば郷に従え」これはすべての選手にとって
当然の原則であると思います。

またイチロー、松井秀樹の例えですがそれはおかしい。
比較の対象にはなりえない。

そもそも、今回の朝青龍問題の発端は彼が
最初にルール違反をしたことにあるわけで。
それに対して、謹慎という処罰が出ているんでモンゴル帰国
は反対されているのでしょう?
モンゴルでの謹慎では誰も罰とは思わない。
もし彼が単純に怪我をしていただけなら、帰国は許されたでしょう。
実際、当初は相撲協会に肘と腰の怪我の治療で夏巡業不参加が認められモンゴルに帰国していたわけで。
ただそこでサッカーをしたりと、誤解を招く行為をして、今回の騒動に発展。また治療で帰国を許すかといえば当然ノーでしょう。
元は自分でまいた種です。

また、もしイチロー、松井が朝青龍と同じようにルール違反をしたら、罰金、出場停止、最悪の場合解雇でしょう。
相撲協会にとっての朝青龍の重要度とメジャーリーグに
とってのイチロー、松井の重要度でははるかに後者が低いですから。
この出場停止が、朝青龍にとっての謹慎に当たると思いますが、その間イチロー、松井が怪我をしていて、もし必要であれば、もちろん日本への帰国は許されるでしょう。(していないのであれば、チームに帯同トレーニングに励む。)

ただこれは、あなたの言う、国家間の感覚、考え方の違いによるのでは?

アメリカ人からしたら、試合に出場できないことが罰であり、それ以外の時間は何をしようと自由です。日本人が考える家でじっとして反省するという謹慎の概念はないと思います。
また怪我はどこで治しても、治れば同じ。アメリカ人は合理的に考えます。どこでもいいから、早く治してチームに復帰してくれればいいと思うでしょう。

最後になりますが、確かにグローバル社会といわれ、多文化の人々と接する機会の増えた今、国家間の考え方の違いを考慮して、行動することは大切だと思います。またそれぞれの国の考え方も時代と共に、それに対応するため代わっていく必要があるでしょう。
ただ、だからといって他国に配慮して自国の考えを変えることが常に良いことだとは思えません。またそれが国際感覚に優れているというわけでもないでしょう。そんなのはただ他国に気を使っているだけのように思います。
なぜなら、自国の考え方は歴史の中で、風土や、文化、等色々な要素によってできた物です。それはその国に少なくとも他国の考え方よりもマッチしたものでしょうから。

AT

朝青龍は、モンゴル人の前に横綱(力士)でしょう。

力士としてのルールを破ってから何を言っても無駄のような気がします。実際歴史上の英雄は、ルールを破っている人が多いみたいですが、それとこれは別でしょう。

トラブルを起こした時に今後はトラブルを起こしませんと誓約したのではなかったか。

師匠に無断で帰国した。

所定の着衣以外は禁止なのではないか。

最高位の地位にある人は模範になるべきであり、ルールを破るなんてあってはならない。

基本を忘れて話をそらしてはいけないと思いますよ。

かいさん、ATさん、真摯なコメントを、本当にありがとうございます。
 
私は2つの意味合いで、このブログを投稿しました。まず、こういったように一方的な問題提起があったときに、日本では反対意見が出ない。まあ、私の反対意見など、けしつぶのごとく小さいものだろうが、異なる意見を上げたかった。
 
もうひとつは、私個人が、ものすごくわがままで身勝手なので、この私がもし、「ドルゴルスレン・ダグワドルジ」というモンゴル人だったら、どう思っているのだろうかをシュミレーションしてみたかったのです。ほとんどテレビを見ないし、本人にあったこともないので、わかりませんが、朝青龍はたいへんにワガママな人のように思えます。
 
これはシュミレーションですが、そうすると、私は横綱である前に、モンゴル人と思うのだろうと。そして、どのような横綱教育がなされたのかは知りませんが、強ければいいんだという信念のようなものがあれば、適当に受け流して、勝ち続けるとその地位が保たれる。それなら、相撲協会なんて、リタイアした、もう強くもない元力士が運営している組織の言うことなんか、聞かなくてもいいや、と私なら思うでしょう。
 
強いものが正しい(なんとなく元ライブドアの堀江氏のような感じですが)という気持ちがある限り、人の規範うんぬんという気持ちすらわかないのでしょう。
 
私は、朝青龍は横綱として残るべきだとは思っていません。理由をはっきりとして、罷免すればいいと思っています。なぜ、相撲協会はさっさと罷免しないのか、波風を立てたくは無いのか、私には理解できません。
 
「横綱とは、このようにあるべき」という、不文律は中学生や高校生になってから日本にやってきた外国人が、本当に理解できるのか。露鵬の件も思い出してください。
 
いま、相撲界では30%が外国人です。ほとんどの力士が、相撲とはスポーツの一種と考えているのではないか、一番強い奴が、チャンピオンで、日本名を横綱と呼ぶのだ、と思っているのではないか。そう思うと、相撲界も国際化するのか、鎖国するか、真剣に考えたほうがいいかもしれません。国際化するなら、重要な項目は全て文書化して、サインさせれば良いのではとも思います。それが良いことかは別にして。
 
さて、松井やイチロー、松坂の例を出しましたが、彼らはベースボールをしに、メジャーリーガーになるためにアメリカに行ったので、怪我をしてもアメリカで直そうと思うのではないでしょうか。事実、松井はアメリカで骨折を直しました。松井は王さんがジャパンチームを作ったときも、チームには参加しませんでした。松井やイチロー、松坂は、逆に紳士すぎるような気さえします。

もっとサッカー選手みたいに、今後は個人の能力でけで世界を渡り歩くようになるのでしょうね。ベースボールの場合、世界とはアメリカとカナダだけですけど。

かおる

私は、朝青龍の言動に不誠実なもの、言い換えると、『嘘』や『不公正』なものを感じます。
本当に無実潔白なら釈明ができる筈。それができないから皆が注目していると、私は感じています。

モンゴル人云々以前の問題だと私は感じています。

嘘をついてルール違反をしたのではないのか?(更にもしかしたら不公正な手段で金儲けをしているのではないのか?)
その点を皆さんが注目していると感じています。

それは、ある特定の国の文化論や国際感覚以前の、どこの国にも普遍的なものだと思います。
(また大リーグの日本人選手の例を出されましたが不適切だと思います。)

彼は嘘をついています。私も少し腰を痛めたことがありますが、それは酷いものでした。寝返りは勿論、クシャミや咳、欠伸すらズキズキ腰に響くんです。食事も排泄も満足にできませんでした。それがサッカーで飛んで跳ねて走り回ったなんて?!腰を痛めてる?それも骨折してる?まさか?!素人目で考えても本当なら運動なんて絶対できない筈です。

そして何故、嘘をついてまで帰国して彼はサッカーする必要があったのでしょう?モンゴル政府に頼まれて親善試合をやった?なら何故事前にそれを親方に相談しない?しかも巡業(本業)よりも優先させて?

記者会見を開けないのなら、芸能人のようにFAXやブログでコメントを公開することも可能でしょう?それこそ付き人や親方を通じての読み上げもできるでしょう?

つまり、彼はもっと大きな嘘や不公正をバックグラウンドとして隠しているのではないのか?ということです。

彼自身が横綱や相撲をプロレスと同じ位に考えているなら、それはそれで構わないが、嘘や不公正な行為をしていたというのなら、それは許せない。

とおるさん、ご無沙汰しています。
私と彼の社会的責任はかなり違うことを承知して一言申し上げたいのですが・・・
私はほぼ毎晩会食するのですが、ある晩に体調が悪くて会食をキャンセルはしましたが、日課のダーツの練習は大会が近かったこともあり、止めずに練習はやりました。
ただ、やっているうちにとても後ろめたくなりました。会食相手が会食を体調不良でキャンセルした私がダーツバーで練習をしていることを知ったら、やっぱりいい気分はしないだろうなあと。
私には言い訳もありました。食べれないけど、別に飲み食いしなければ練習はできます。ただ、練習する場は飲み食いできる場所であって、やはり相手からすれば不快だろうなあと。
レベルの違う議論だとは思っていますが、この自戒を思い出す度に、やっぱり彼は悪いと思うのです。そして、謝罪について顔も出せない、親方から当人のものと保証もないコメントしか出ない、というのは、やはり失格だと私は思います。
飛躍した例示をすれば、日本国の宰相が、外国でのディナーを体調不良で渡航キャンセルして、その晩に行きつけの和食屋で楽しそうに食事している光景がオンエアされたら、やっぱり外国以前に日本人は通常不快になると思います。
今回幾人かの方々も本エントリ以外でも含めて類似したコメントを書かれているように思うのですが、彼はもともとルール違反・マナー違反・インチキ疑惑のような言われっぷりだったわけで、今回の事象は、そういうイメージを払拭するどころか確定させるに足るものでした。だから失格と言われてEXCUSEが許されるとは、もはや思えません。
彼のおかげで、モンゴル人以前に、相撲人のブランドは壊れ、明らかに相撲人を目指す人々の希望は踏みにじられたと思います。
追伸ですが、琴桜親方の冥福をお祈りいたします(ペコリ)。

かおるさん、トラパパさん、コメントありがとうございます。
 
横綱なのに巡業すっぽかして、だまってモンゴルに帰って、満々の笑みでサッカーをしていた。本人は悪いと思っていない。という点がポイントでしょうが、私が問題だと思っているのは、それに対する相撲協会の鈍感な態度。思い切り加熱し、煽り立てるマスコミ。
 
さらには、横綱のように、地位あるもの(最近の横綱に品位など感じませんが)は品行方正、それは世界共通なのだから、なぜそれが分からない、と詰め寄ること。
 
この辺が、どうしても引っかかるのです。
 
相撲協会の背後にある、横綱審議委員会も不思議です。12人の委員の中、読売新聞グループ社長、前NHK会長、中日新聞社社長、日本経済新聞社相談役と4名の方がマスコミ系なのだから、マスコミの影響度がどれほどものか、わかっているはずで、もっと以前に注意してやればよかったのに。
 
うがった見方をすれば、朝青龍をスケープ・ゴートにも出来るはずですよね。そして、相撲にまつわっている問題の矛先を変える(これは、単なる私の想像)。
 
それから、私が不審(というより感情的に厭)なのは、とにかく外に出て来て釈明しろ、といってますが、これは「謝れ」「土下座しろ」と言っているように、私には聞こえる。8/14に書いたように、「謝れ」という言葉は私の嫌いな言葉で、この言葉が背景にありそうな、この動きには身震いする思いです。
 
前のコメントにも書きましたが、いまや外国人力士が30%も占めています。以前、露鵬が駄目押しをしたり、行司に難癖をつけたりしましたが、徹底的に相手を倒す、とか、ジャッジに抗議するのは普通のスポーツにあることなので、ロシア人の露鵬としては、当たり前と思ってやって怒られた。
 
相撲に海外からも人を呼んで国際化するのなら、どの国から来ても力士として、横綱として、どのように行動するのかを文書化して、教育ではなく契約させれば良いと思うのですが。そうしないと、同じことが繰り返されるだけです。
 
朝青龍の件については、個人的な意見ですが、本来であれば吉田司家と横綱審議委員会、相撲協会が、正式に罷免理由を明確にして罷免し、そーっとモンゴルに帰してあげればいいのだと思います。朝青龍にとっては、相撲をして勝つことが今までの人生だったので、これはつらいはずで、罪を償えというなら、それで充分でしょう。誰がどういった権利で「罪を償え」といえるのかは、知りませんが。
 
イチロー、松井、松坂を例にだしたのは、別に朝青龍と同じといっているのではありません。いくら、頭空っぽの私でも、そこまで空っぽではありません。この例は、ネガとポジのような関係で、日本人の心理状態についての示唆だったのですが、頭空っぽの為、うまく表現できませんでした。すみません。
 
アスリートが別の国に行って、チャンピオンになる。という点はいっしょ。イチロー、松井、松坂は、日本野球界の代表として、遠征しているのではありません。彼らにとってそれが目的ではないでしょう。個人の能力をメジャーリーグで発揮したいから行ってしまったのでしょう。
 
なので、日米通算何とか、より、今季の自己の数値、結果、チームの優劣に焦点が当たっているのだと思います。そして、自分のチームのファンを大切にする。だから松井はヤンキーズファンを大切にしている。日本でもテレビで放映しているので、日本のヤンキーズファンも大切にする。イチローも松坂もそうなんだと思います。
 
そこを理解しているのかな、と、ふと思ったので書きました。アメリカのファンもそう思っているでしょう。もし彼らが仮病して、日本に帰ってきて遊んでいたら。日本以上のブーイングで、球団オーナーに迫り、首にしろというでしょうね。でも、つるし上げの会談をしろと言うかなぁ。まあ、リンチの国だから、銃で狙われるかもしれないな。首になること事自体は、自業自得だと、日本人は言うでしょうか。どうするのでしょうね。
 
まあ、彼らはそんなことはしませんけどね。

朝青龍には何の義理も無いけれど

朝青龍は仮病ではなかったことを相撲協会も公式に認めていること、彼がサッカーに出たのはモンゴル大使館が日本の外務省を通じて要請があったからで、このサッカー自体モンゴル政府主催のチャリティーイベントだったこと、しかもこの件についてモンゴル大使館から相撲協会にお詫びの文書が出ていること、しかし大使館からのお詫びの文書を受け取った後で(つまり事情を知った上で)処分が下されたこと、相撲は無理でもお遊びのサッカーなら大丈夫という怪我の状態がありうるという整形外科医の見解があること、そういうこと(ちょっと調べりゃわかること)が一切触れられないままで、ここではバッシングが進行してますね。

集団ヒステリーコワイコワイ

「朝青龍には何の義理も無いけれど」さん、コメントありがとうございます。
 
そうだったんですね。私もまったく調べもせず、まことに申し訳ありませんでした。m(_ _)m

頭が空っぽな私が思ったことは、本人の気持ちを思うと、朝青龍は「横綱である前にモンゴル人だ」と心の中では思っているのではないかな、と感じたからです。それなので、イチロー、松井、松坂を例に出したのですが、私個人としては、彼らには「メジャーリーガーである前に、日本人だ」と思って欲しかったからです。たぶんそう思っていると思います。
 
私自身、海外に出かけて仕事をしたり、友人を作って付き合ったりする時に、自己証明としての「日本人」であることを強く自覚します。この自然と歴史と人々と善悪両方を含め、私の背景そのものです。昔、上司が韓国人であった時、現在も過去も含めて日本人として付き合いました。彼は尊敬できる、良い人でした。
 
力士のうちの30%が海外から来た人たちである以上、彼らは日本人ではない。力士である前にその国の人です。しかも日本で生まれた人たちではなく、その国の文化的背景で自己形成した人たちです。普通にしていたら、その国の価値判断で行動するでしょう。
 
その人たちに我々が思い描いている「力士」「横綱」としての行動、言動をするようにさせるなら、教育だけでなく、文書にして契約してもらうしかないと思います。全世界共通の考えなどというものは、非常に少ないのではないでしょうか。だから国際的な場で、物事の同意を取る時に、同意事項を文書化して契約するしかないです。行間を読めもなしですよ。

朝青龍には何の義理も無いけれど

私は基本的に高橋さんのおっしゃっていることには賛同していますので、お詫びされてしまうと逆に恐縮してしまいます。
日本相撲協会は、外国人力士の母国の文化、母国への愛国心を尊重するつもりがないのなら、外国人力士の受け入れを止めるべきだと私は考えます(高橋さんが「朝青龍を罷免すべき」とおっしゃるのも、私と共通する考えから発しているものだと理解しています)。ただ、相撲協会が上記のような理由で外国人力士の受け入れを中止した際には、「国際感覚が全く欠如し、偏狭なナショナリズムに凝り固まっている」という誹りを免れることは出来ないでしょう。

朝青龍をバッシングしている人たちは、自分たち日本人が日本を愛するように、モンゴル人である朝青龍がモンゴルを愛していることが理解できないのでしょうか。どうも、無意識のうちに他国や他国の人を見下しているようにしか思えないのですが。

> 力士のうちの30%が海外から来た人たちである以上、彼らは日本人ではない。力士である前にその国の人です。

全くおっしゃる通りだと思います。

AT

どんな事情があったにせよ、ルールを破ったことの免罪符にはなりません。また、事情があればルールを破っても良いという前例も作りたくないでしょう。

事が重大であればあるほど、何故に一言や一文の簡単な事をやらなかったのでしょうか。

国民にお詫びをする必要は無いと思いますが、巡業を楽しみにしていた人達に事の次第を報告する義務はあると思います。

また、相撲協会は良い悪いに関係なく実に日本的です。契約社会である他の国であるならば、首以外はないでしょうねえ。

ふてぶてしかった横綱がたったこれだけのことで引きこもりになるのはおかしいと皆が感じているのではないでしょうか。

普通では考えられない変化に何かあるのではと思ってしまっているのではないでしょうか。何もないなら堂々としてもらいたいなあ。

朝青龍には何の義理も無いけれど

> どんな事情があったにせよ、ルールを破ったことの免罪符にはなりません。

朝青龍がどのようなルールをいかにして破ったか、具体的に説明していただけますか。
まず、彼は仮病を使っていないことは相撲協会も認めています。この度の帰国は師匠に無断ではありません。

> 契約社会である他の国であるならば、首以外はないでしょうねえ。

「ルールを破れば首」という契約内容ならばそうでしょうね。そういう契約内容でなければ、当然のことですがそうはなりません。「契約社会」の意味、おわかりですか?

> ふてぶてしかった横綱がたったこれだけのことで引きこもりになるのはおかしいと皆が感じているのではないでしょうか。

「皆」って、あなたと誰ですか?私と高橋さんはどうやら「皆」に入れてもらえないみたいですが(笑)。
また、あなたと誰かを含む「皆」とやらがそのように感じていたらどうだというのでしょう。

「朝青龍には何の義理も無いけれど」さん、ATさん、コメントありがとうございます。
 
テレビとか新聞とか、つまらないのであまり見ておらず、情報もWebサイト程度で、皆さんからいただいたコメントから類推するしかなく、申し訳ありません。が、①相撲協会はモンゴルからの依頼を正式に受け取った②でも巡業の内容や横綱のスケジュールを変えなかった。これはいわゆる、「ダブル・ブッキング」ですね。ダブル・ブッキングになったら当然補正すべきなのに、相撲協会は何もしなかった。
 
さらに不思議に思うのは、朝青龍の渡航費ですが、モンゴル政府の依頼を直接相撲協会が受け取っているなら、朝青龍が自腹で行くとは思えません。最低付き人にまかせるか、ですが、ファーストクラスですから、そんな大金を任せるとは思えません。
 
するとおかみさんか、相撲協会かということになると思いますが、相撲界の「たにまち」会計のことを考えると、最終的なお金としては、相撲協会がチケットを購入したということになると思われます。すると、理事長が知らずとも、相撲協会がモンゴルに「行け」と命令したのと同等です。
 
みんなが朝青龍を見たかったのにモンゴルに行っちゃったのだから、本人が手をついてあやまれ、そうすれば丸く収まるだろう、というのはとっても厭です。いまの日本はマスコミでゆるくつながるムラ社会なので、これでは村八分ですね。
 
これは北の湖理事長と横綱に関連した問題なので、横綱審議委員会が手をついて謝ればいいと思いますが、絶対そうはならないでしょうね。以前も書きましたが、横綱審議委員12名のうち4名がマスコミの重鎮なので、攻撃されません。
 
モンゴルの日本大使館前でデモがあったニュースだけはちらっと見ましたが、あの垂れ幕、おかしくありませんか。写真付きで、きれいな印字でしたが、あれを日本で作っても、とても高くつきます。なんとなく、モンゴル側はこれを機に何か仕掛けてくるかもしれませんね。謝罪とか。通常、謝罪というのはお金を払うことですが・・・。

じゅん

色々と世間を騒がせている件ですが、コメントを残したいと思います。

まず、そもそも何が問題なのでしょうか?
ストレスで引きこもりになった事でしょうか?

それは、今の状況についてであり、そもそもの問題は腰の疲労骨折と診断された一人の人間が、遠い国外でサッカーをしていたという事ではないでしょうか?

朝青龍はプロとして横綱として日本にいる訳であり、そんな人間が疲労骨折で治療をする為に夏の巡業に出なくても良いと判断された状況だったと理解しています。
もし、本当のプロのスポーツ選手であれば、まずは選手生命である故障部位の治療である身体が一番であり、たとえモンゴル政府から依頼を受けたとしても、サッカーに出場せずとも、現場で応援をするという形で良かった筈です。
それは、強靭な身体の横綱といえども、サッカーというスポーツで足にかかる負担を知らない筈はないですよね?と聞きたくもなります。

次に、もし、モンゴルの国技でもあるモンゴル相撲で、力のある日本人が日本で言うところの横綱であり、大会の際に同じように怪我を理由に選手が日本に帰国して、サッカーを楽しんだとしたら、モンゴル人はどう思うのでしょうか?
国技をどう思っているんだ?と考えないのでしょうか?
もし、それでもモンゴルの人達が問題が無いと思うのであれば、それは文化の違いなのだと思います。 しかし、恐らく、そうではないと考えられます。

今回は、朝青龍がマスコミに注目されて、ストレスによる引きこもりになっているとのウワサですが、ここで、モンゴルに帰国して治療となったら、選手生命は無いと考えるべきだと思います。  別の言い方をすると、今後の朝青龍にとって、相撲でなく、モンゴルでビジネスをしたいのであれば丁度良い機会だと思います。

プロのスポーツには、それぞれに多種多様なルールがあると思います。  しかも、国技となれば、どんな国の国技においても、それぞれの国の文化や習慣、そして目に見えない精神的なものが盛り込まれている筈です。

今回の朝青龍の行動について問い質されている訳であり、この後の相撲協会や朝青龍の動きが、日本の国技である相撲の将来が決まる大切な判断になるのだと思います。

じゅんさん、コメントありがとうございます。
 
朝青龍悪者説あり、そうじゃないという人もあります。私は単純に、私が朝青龍だったら、モンゴル政府からの依頼でサッカーのチャリティイベント招待され、相撲協会のお金で「出張」したなら、疲労骨折程度の痛みならその痛みを隠してサッカー場に出ただろうな、と思っただけです。
 
そのベースにあるのは、朝青龍はモンゴル人だということです。モンゴル人としての誇りと横綱の誇り、天秤になどかけられないのに、その苦しみを相撲協会がむちゃくちゃにしたように思えます。精神的にぼろぼろになるのも、分かる気がします。
 
私は歳取ってますので、昔は、相撲界など、かなりいいかげんだったのを覚えています。地方巡業で大鵬の写真が載ったポスターがあったので、楽しみに待ってたら、大鵬も大関も来なかったことがありました。田舎には来ないんだと土地のにいちゃんが言ってました。また、場所中の横綱が「不眠症(しかも仮病)」で休場し、ハワイにいって女性とサーフィンしたりしてました。それだけ、昔は大らかだったんでしょう。
 
国技については、国際的な観点(このブログの論点のひとつ)で見ますと、英語ですみませんが、Wikipedia English で「national sport」で引いてみてください。英語を話す人(アメリカ人を中心と考える)の定義ですと、「その国固有の文化の一部分として人気のあるスポーツ」となっています。
 
その英語のwikipediaで日本の「国技」は相撲、空手、柔道、野球、サッカー(football)となっています。アメリカ合衆国(United States)の場合は、一番がアメリカン・フットボール、2番目が野球、つぎがアイスホッケーです。つまり複数あるし、アメリカは野球が一番ではないのです。ちなみにモンゴルでは、モンゴル相撲と弓矢(アーチェリー)。
 
日本語のWikipediaの「国技」の一番下を見ていただくと書いてありますが、作家江見水蔭が相撲節は国技と言い、両国の「国技」館を「両国国技館」と名づけたので「国技」になったと書いてあります。国歌・国旗は法律で定められていますが、国技は定められていません。
 
国際的に見ても、日本の中でさえ、国技の定義はばらばらです。しかし、日本的にみんなの総意として相撲が国技と思われ、その横綱はかくあるべき(文書化はされていません)という「空気」があります。
 
でもその文化で育ってきていない海外から来た人には全てを理解はできないと、私は思います。教育をして、なおかつ、こんな事をしてはいけないということを文書化して契約(キリスト教的ですね)させるしか、ないんじゃないかな、と思います。

朝青龍には何の義理も無いけれど

この問題に関して「ルール」を云々する人が、朝青龍がどのようなルールをいかにして破ったか、具体的に言及しないのは、実に特徴的ですね。
明白でもない「ルール違反」を元に罰を受けても仕方がない、という考え方は、国際社会では受け入れられないでしょう。
そもそも「じゅん」さんという方は、朝青龍の怪我について事実誤認をしている(怪我をしているのは肘と腰、そして全治6ヶ月と診断され、より重症なのは肘の方、腰は「骨折」ではなく「疲労骨折」であり、お遊びの草サッカーを短時間行なうには問題のない程度であった可能性が高い)ので、お話にもならんわけですが。

じゅん

コメントを読みました
事実誤認をしているとありましたが、「腰の疲労骨折と左ひじのじん帯損傷で全治6週間」という事であるのは理解しております。  疲労骨折の治療について知らない方のコメントの様ですので仕方ないと思います。

朝青龍は何をする為に帰国したのでしょう?
仮病でないという証明である医者からの診断書を提出して、プロのスポーツマンとして自身の身体を考えた上で帰国したのですよね? 何をしに???

あの体格で腰を疲労骨折しているにも関わらず、ボールを蹴り、あんな蹴り方して地面に倒れこんだ際に腰に負担がかからないのですか? 地面に倒れた際に左ひじに負担がかからないといいきれるのですか? この程度くらい考えられますよね??? それとも彼には無理な事なのでしょうか?

もし、「朝青龍には何の義理も無いけれど 」さんのコメントにありましたが、こちらが重症でこちらが重症でないと言う考えを本人が持っているであれば、残念ですが、プロとしての自覚が無いと言われるだけであり、今後、プロスポーツ選手失格の烙印を押されるだけです。

世間では色々と言われておりますが、自分で蒔いた種であり、本人の自覚の問題ですので、今後についてよく考えた上で、毅然とした態度で筋を通した言動を期待したいと思います。 それが出来ないのであれば、モンゴルに帰国するのが彼にとって幸せだと思います。 日本にいても、今の彼にとってはストレスばかりで不幸なだけですから。

朝青龍には何の義理も無いけれど

↑予想できたことですが、結局彼がどのルールにどのように抵触したのか具体的に示せていませんね。
サッカーをした結果、怪我の状態が実際にどうなったかについては問われるべきでしょうが(悪化したという話は寡聞にして聞いておりません)。そして私は既に「相撲は無理でもお遊びのサッカーなら大丈夫という怪我の状態がありうるという整形外科医の見解がある」と先のコメントで述べております。
「二場所の出場停止および謹慎」という処分を下すのには、「プロとしての自覚がない」ということを理由はあまりにも弱すぎませんか。これを「当然」とする人のバランス感覚を疑います。

「いじめを受ける側に理由があれば、いじめを行なっても良い」と考える人が次から次へと湧いて出るので切りがありませんし(こりゃ自殺者が減らないわけだ)、よそ様の庭先でけんかをする趣味もありませんのでそろそろ撤収します。
高橋さんにはご迷惑をおかけいたしました。

「朝青龍には何の義理も無いけれど」さん、じゅんさん、コメントありがとうございます。
 
「すみません」私も疲労骨折についての医学的な知識はもっておりません。
 
実際に起こったことを把握できる情報資源を持っていないので、本当かどうか、100%は分かりません。しかし、朝青龍はモンゴル政府のチャリティサッカーに招待されて、相撲協会認識済みのもと(飛行機代の問題)、出かけていった。
 
試合全部を撮ったビデオはないようですが、あのビデオが撮られている時間は、朝青龍はボールをヘディングし、すっころんで、満面笑みを見せた、というのは我々が知っているところですね。それ以外はどういう事実があったのかは分からないですね。 
■■■
上の「すみません」を「」で囲んだのは、このブログを書いた目的である、日本の国際感覚で、いつも気になるところ、日本の常識は世界の常識と思ってしまう、ということについて、違う場合もあるという事例です。
 
私は外資系の会社に勤めており、海外とのコミュニケーションの中で、日本人以外、「I am sorry」と書いたメールを受け取ったことが一切ないのです。日本人が海外に出す時は、たとえば「I am sorry for interrupting you.」とか書きますが、そんなこと書かなくても良いんです。
 
なにを言いたいかというと、日本の場合、たとえばこのコメント欄に投稿された方と私の間でのコミュニケーションの中で、「すみません」など。相手を思いやる気持ちを表現する必要がある、もしくはマナーとして。でも、英語でアメリカ人と(たぶん他の国の人々とも)コミュニケーションを取る際には、あまりそこを気にする必要がないのです。
 
これは簡単な例ですが、横綱の行動規範となるともっと複雑なので、しっかりと教えないと、日本人の期待に答えられなくなる可能性もあるでしょう。
 
今回の場合は、相撲協会の二枚舌が根底にあるように私には見えるので、それだけで問題が解決するとは思いません。しかし、すでにモンゴル大統領が「朝青龍を一端モンゴルに『帰して』静養させて欲しい」コメントされてしまったようなので、問題の次元が変わってしまったように思います。
 
■■■
> 高橋さんにはご迷惑をおかけいたしました。
「朝青龍には何の義理も無いけれど」さん、とんでもないです。このブログのタイトル「代替案のある生活」の私なりの精神は、Aという選択が出たら、Bという選択もあるのではないか、と提言することにあります(へそまがりなんです)。
 
Windows Vistaが出たら、MacOSがあるじゃないか、という事、左に曲がろうという時、上に行ってみようという事を言う人間が、ひとりぐらいいても良いのではと思っています。

最近のニュースで目からうろこが落ちました。
モンゴルでは謝る事をしないカルチャーがあるそうです。黙っていれば謝った事になるそうで、それが日本の官僚からバンソコ王子、安部総理までのDNAなのでしょう。
朝青龍は日本の恥部の鏡。それが日航ジャンボ機墜落事件の基になった不作為の滞空証明から耐震擬装の建築確認証を何もしないで発行した自治体の「トンネル機関」に至るまで、本来背任である筈の不作為が処罰されない官界や司法の基になっている。

atkou

大リーグの例が分かりやすいですね。皆さんが感情的になることは十分理解できます。また、「仮病」と疑るのも分かります。でも、彼はまだ20歳代の若者です。あなた方の周りの20歳代の方を見てみてください。松井のように達観したような若者は少なく、楽しいことしか考えたくないように見える人が多いと思います。確かにそういう人たちとは違い、彼は特別な「横綱」という地位にあるけれど、同じ人間です。彼は何の努力も無く、今の地位に登ったわけでなく、想像を超える努力の結果として、今の地位を獲得したのだと思います。そういう努力精進には、僕らも敬意を払うべきだと思います。なによりも、彼は人間です。人権は最大限に尊重されるべきです。犯罪を犯したわけでもないのに、本人の意思を無視して帰国させないことは問題があります。明らかに人権問題です。彼は、日本や相撲協会の所有物ではありません。人間です。本人や複数の医師が病気だ、帰国させろと言っているのに、帰国させないのは、本当に人権問題になります。

岡田元浩さん、atkouさん、コメントありがとうございます。
 
北の湖理事長が、朝青龍のモンゴル一時帰国を容認する発言をしたことで、いったんの収束は見られるようですが、今度は朝青龍の病状が心配ですね。
 
岡田さんが述べられているように、責任の所在が不明のまま、うやむやになりそうで、この点については見届けたいと思います。

じゅん

世間では帰国の事に注目されているようですが、本人が帰国したいのであれば、自分自身の身体、精神と心の問題なのですから、早々に帰国すれば良いのです。 今までも黙って帰国をした事があるのですから、今回こそ事が重大なのであれば、何故、帰国しないのでしょう?

そもそも、一度、治療の為に帰国させてもらっている訳で、本人の軽率な行動により謝罪する為に日本に戻らなければいけなくなったのです。 結果、帰国早々、「反省している。日本で治療し、来場所は頑張ります」と謝罪しているのです。

こんな経緯があると、本人としても何かしら理由が無ければ帰国したくても帰国出来ないのでしょう。
しかし、モンゴル大統領も帰国させて欲しいと言ってますし、理事も容認しているのであれば、あとは時間の問題ですので、今頃は本人もぐっすりと眠れる事でしょう。

結局、責任の所在を明確にする事もなされず、うやむやになってしまう事でしょう。

ets

記事とコメント、とても興味深く読ませていただきました。私もこの問題のひとつの側面は異文化理解の欠如だと思います。まず、怪我による休業中の行動に関して共通認識がなかったでしょう。私も長年外国人相手の仕事をしていますが、当たり前と思うことが明らかに違うのです。日本人の暗黙の了解(日本社会にはこれが非常に多い)を逸脱する外国人の行動に対して、日本人は大概は甘い顔をして、我慢するのですが、それが積もると爆発して、突然厳しい反応をすることが少なくない。そこで、外国人はショックを受けます。日本人が豹変した理由がわからず納得できない。日本人は何を考えているかわからない、冷たいと思う。実際日本人は冷たいとよく言われます。この事件の経緯を見ると、彼らがそう言うのもわかるような気がします。これは外国人に対してだけでなく、日本人に対しても同じかもしれません。マスコミをにぎわす個人攻撃、自己責任論、年3万人をこす自殺者などもそれを裏付けていると思います。

じゅんさん、etsさん、コメントありがとうございます。
 
じゅんさん、真摯なコメントをいただいているのに、私の根が単純なためにこんなコメントを書いて、申し訳ないのですが、朝青龍って、相撲協会と親方におんぶにだっこ状態なんじゃないかと思うんです。相撲協会も言葉でいうのではなく、それとなく促すだけ。親方は裏側でこうしろ、ああしろという。その通りやったら、マスコミが大挙押しかけてきて、お前が悪いという。100%信頼していた人と協会に裏切られた。精神的なショック・・・。帰れないのは、ひとりでは何も出来ないから・・・。
 
以上すべて、わたしの想像です。テレビ・新聞は見ないことにしていますので、Web に載っている情報をほんの少しだけ、かじっただけです。申し訳ありません。
 
etsさん、日本人のその豹変するところ、よく分かります。「和を以って貴しとなし、・・・・」ですので、相手がずっと空気を読むまで待つ。我慢の限界を越えると、相手は和を貴しとしない逆賊だ、と攻撃する、といったパターンでしょうか。古すぎて、ご存じないかもしれませんが、高倉健さんの任侠物映画のパターンですね。
 
悪いやくざの親分が、悪さをする。健さんは、我慢する。仲間が、痛めつけられ、みんなが立ち上がろうとするところを、また健さんが押し留める。誰かが殺されて、やっと健さん決心して、ひとり悪い親分の組に乗り込んで、そこの組の者を全部殺して(おいおい)、去っていく。映画を見ていた人たちは、溜飲を下げる。これが、日本人の好きなパターンですね。

コメントを投稿する