オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

「シン・ゴジラ」を見てあらためて確認できた「インデペンデンス・デイ」の違和感

»

「シン・ゴジラ」遅まきながら見ました。もうすっかり周りが興奮状態だったので、面白いに決まってると安心して見に行きました。はい、面白かったです。あと2、3回見たいくらいです。godzilla.jpg

既に膨大な量のレビューや感想がネット上にあふれているので、私なんぞの感想を書くつもりはなかったんですが、1つだけ。

以下、ちょこっとネタバレかもです。

「シン・ゴジラ」を見て、先月見た「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」で感じた違和感というか、ひんやりした気持ちの原因の1つが分かった気がしました。

シン・ゴジラでは、ゴジラを倒した後、しーんと静寂が広がります。多くの犠牲を出し、崩壊した都市で、自衛隊も、対策チームも、立ちつくします。

インデペンデンス・デイは、1も続編も宇宙船をやっつけた後、みんなで「わーいわーい」状態です。あれだけ多くの犠牲を出したというのに、「わーいわーい」じゃないだろう、という違和感だったのかも。

2014年のハリウッド版GODZILLAは見ていなくて、これはどうやら「わーいわーい」ではなさそうなので、単純に日米文化の違いだ、とかいうのはだめかもしれませんが。

ともあれ、私が(シン・ゴジラ総監督の庵野秀明さんによる)エヴァ好きだということを差し引いても、シン・ゴジラは良い映画だと思います(市川実日子さんの使い方も効果的だったなぁ~)。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する