オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

「webOS打ち切り」記事は見当違い? HPトップとPalmチームに温度差というか

»

HPが「webOS端末事業を打ち切る」と発表した翌日になって、やっとPalm(webOS開発元)の公式ブログにこの件についての投稿がありました。コミュニケーション&マーケティングディレクターのジョン・ジルバーさんという人の投稿。

まず、マーク・トウェインが新聞に掲載された自分の死亡記事(病気だけど死んでないのにつまり誤報)に対して投書したという「私の死亡記事には誇張があります」を冒頭に引用し、「webOS終焉という記事は見当違い(off the mark)だ」としています。

ええ、確かにプレスリリースには「HP will discontinue operations for webOS devices」と書いてあって、webOS事業の打ち切り、というのは正確ではありませんでした。私もタイトルこそ「webOS端末事業の打ち切りを発表」と「端末」を入れましたが、本文では「webOS事業」にしてしまったので、先ほど記事を修正しました。ごめんなさい。

でも、あのプレスリリースではHPの上の方の人たちはもうwebOSを捨てるつもりだなと読めてしまいます。だって、「webOSソフトウェアの価値を最適化する選択肢を探す」とあいまいな表現で書かれたら、オープンソース化とか売却も考えてるんだな、と思います。

Palmのブログでは、HPはwebOSのハードウェアは今後作らないけど、プラットフォームは今後も開発を続けるとしていますが、これがHPの総意なのか疑問。

Palmチームはちゃんと知らされていないんじゃないかと。あの発表も寝耳に水だったんじゃないかと。実際、Palmチームは9月から10月にかけて、世界各地で開発者イベントを開催します。この決定について知らされていればこんなにお金の掛かることを計画したかどうか。Palmの開発者向けブログの20日付の投稿には「イベントは行うけど、内容は予定していたものとはちょっと変わると思う」と書かれています。

自分の部署が関連する重大な話をプレスリリースで初めて知ることってたまにありますが(笑)、そんなとき、会社は社員を大事に思っていないんだなぁとがっかりします。webOSの場合は(少数でも)熱心な開発者コミュニティーを抱えているのですから、HPは社員はともかくそうしたコミュニティーをもうちょっと大切にしてほしいものです。

そうしないとほら、もうMicrosoftが優秀な開発者を奪おうと触手を伸ばしていますよ。抜け目ないなぁ(webOS開発者のみなさん、MicrosoftはWindows Phoneで成功するための無料端末、開発ツール、トレーニングプログラムをご用意してますよ!)。
Yu_palm

関連ブログ
HPのTouchPadがかなり売れていないらしい
「webOSを捨て去るわけではないけど今のところ計画は未定」とHPの偉い人
PalmをHPが買収 これは結構いい話かも←このころはまだCEOがマーク・ハードだったんだもん

Comment(1)

コメント

TETSU

経営者がwebOSのことについて眼中にないというのは仕方のないことかも
何と言っても販売数ダントツ世界1のPC事業をどうするかで頭がいっぱいでしょう。
本当にPCをやめるのか、売るにしてもこれだけの規模のものをどこに売るのか、これは相当な経営的な判断が必要でしょう。
PCをやめる=コンシューマ向けの製品をやめるということだと思うので(きっとPCサーバはやめないでしょう)タブレットもその一部として売られる可能性が高いんじゃないでしょうか?
ある程度の特許を持っていれば、高く買ってくれるところは多いと思うが・・・今後のことは検討中=高く売る方法を考え中というところでしょう。

コメントを投稿する