オルタナティブ・ブログ > マリコ駆ける! >

翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

経営者として判断が遅かった台風対応(反省)

»

有事についての対応など考えたこともなかったアークコミュニケーションズであったが、3.11の震災の際は、よい判断・よい対応をしたと手前みそながら思った。

これも、会社としてしくみがあったのではなく、スタッフ一人ひとりが自分が出来ることをした上で、組織としての歩調を合わせてくれたおかげだ。

その後、有事対応を考え、スタッフの連絡先票を整備したり、ルーチーンを作った。

しかしながら、今回、そのルーチーンが発動したのは、17時半であった。

交通機関が止まってしまった状況からベストの判断をするより、交通機関が動いている時にそこそこの行動をとったほうが効果が高いのは明らか。判断のタイミングを完全に逃してしまったのだ。

判断のタイミングを逃してしまったこと原因は色々ある。

・前回の台風が、東京においては大した被害をうまなかったこと。

・2時くらいまでは、穏やかな天気であったこと。

・マネージャーたちが皆3時から5時くらいまで、外出していたり、打ち合わせがあったりで、台風のことを立ち止まって考えることが出来なかったこと

などなど。

私などは、この台風にもかかわらず、平然と来社してくださったパートナーの方との会議に夢中で、全然事態に気が付いていなかった。

ということで、かなりの数のスタッフと台風が過ぎ去るのを待っている状態だ。

震災の教訓から、社員の所在確認表をホワイトボードに書いたり、買い出しに出かけたり、万が一帰宅出来なかったときの対応を考えたりと、スムーズに事は運んでいるのだが、そもそも、こういう状況を招かないのが一番の対策だ。

ルーチーンの一番の不備はアラートの欠如。

つまり、有事対応すべきかどうかの作戦会議を立てるタイミングが決まっていなかったのだ。

大反省。次回は気をつけます。

で・・・、私もいつ帰れるのだろう??

夫からも帰れないと連絡あり。

震災の時と違い、たまたま実家に保育園から息子の迎えを頼んでおいたのはラッキーだったけど。

<関連エントリー>

2011.3.12広域避難所に避難指示を出したものの、解除する判断は難しい

2011.3.14 小さい組織のための、簡単で実用的な5つの屋外避難準備

Comment(5)

コメント

kitakaze

今回の台風は事前に首都圏を直撃することは、前日から散々報道されていました。

お忙しいのは凄くよく理解できるのですが、トップが「早く帰れ」と言ってくれないと、自分の判断で帰れないのが日本人です。

大里さんは運よく実家がお子さんをお迎えに行けたとの事でしたが、「帰れ」と言われなくて帰れなくなり、子供を迎えに行けない家庭も多くいたはずです。

うちの会社では「帰っていいよ」と総務が言っても、誰かが帰り始めない限り帰りにくい雰囲気があります。
なので私が15時ごろトップバッターで会社を出たのですが、それ以降何人か続いて早退したそうです。

今回の件、先月のニューヨークであったハリケーンに対する市長の対応を思い出さざるを得ませんでした。

あとり

台風が来るのがわかっている状態なのだから、朝の時点で「帰宅できない状況を想定して出勤させる社員」と、「自宅待機させる社員」とに分けておくべきだろう…と、一般社員としては昨日の出勤時点で思いましたが、休む度胸も、午前中で帰る度胸も無かった自分が情けないものです。
夕方には通過するのがわかってはいましたから、夜には再開するだろうという見通しの下、オフィスにとどまった方が結果的には賢かったのかもしれませんけども、ほぼ総ての電車がとまった駅の混雑を見ながら、結局何も学んでないんだなと実感しました。

マリコ

kitakazeさん
コメントありがとうございました。前回の台風が無事に通り過ぎてしまったので、油断していたなぁと反省しています。弊社のスタッフはありがたいことに自主的に動いてくれているので事なきを得ました。

あとりさん
結果論で言えば、弊社は今月が年度末で残業しなければいけない人も多く、遅く帰ったのでスムーズに帰れた社員も多かったです。場所柄、3時頃に帰ってもラッシュに巻き込まれるので、午前中に判断しなければいけないのかと思うと、改めて判断のタイミングが難しいことを認識しました。

ardbeg32

そういえば、前の会社では「今日は台風で交通機関が云々~フレックス等を使って早く帰宅するように云々」ってメールが昼前くらいに一斉発信されてましたね。
ああいうのは大手宛に電車会社から連絡が来るのでしょうか?
とまれ、BCPから言うとそんな災害通報要員なんてコストのかかるもの、用意したくても出来ない事もあると思います。
トヨタの生産管理みたいに作業者がライン止めるなんてのも思い切った話ですし、社員が打ち合わせ中の社長に作戦会議招集なんてのも難しい話。
どうするのがいいでしょうかね?

ardbeg32さん

弊社のような零細企業はコスト増による対応はできません。だからこそ、社員が打ち合わせ中の社長に作戦会議招集をする会社にしたいと思います。しかしながら、今回は、私だけでなくかなりのスタッフで危機感が薄かった&台風をやりすごそうと思ってしまったようです。

コメントを投稿する