オルタナティブ・ブログ > マリコ駆ける! >

翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

WEBサイトに「英語サイト」とリンクがあっても日本語を読めない人にはわからないよね。

»

とある方が起業をしてWEBサイトを立ち上げた。
社員一人の会社なので日本語サイトもまだ数ページしかないが、英語のページも1ページ作っている。
その心意気や素晴らしい!

「英語のページも作ったから大里さん見てよ!」ということだったのだが・・・

日本語サイトの右上に「英語サイト」というクリックボタンを見つけた。

「このボタンを押すのは日本人だけですね!」とウィンクしたら、すぐさま気がつかれて「本当だ~」とケラケラ笑っていらした。

ちょうどWEB学校に通っている子供に制作を依頼したとのことだが、海外サイトを作りなれていない人だとこのような類のケアレスミスが起こることはままある。

仕事がら、私は英語のスペリングミスにもよく気がつく。
正確に言うと、日本人が間違いやすいスペリングミスに気が付きやすい。
(反面、自分のブログの漢字誤変換には気がつかず、親切にご指摘下さる方がいるのでありがたい)

スペリングミスは英語サイトではなく、むしろ日本語サイトのほうが起こりやすいから要注意だ。キャッチやメニューなど、日本語には英語の単語がよく使われているものだ。

この手のミスは、当事者でなければ、英語のプロフェッショナルでなくても、ざっと見ただけでも、意外に見つかる。第三者チェックは是非お試しあれ。

グローカルに本質を伝えるコミュニケーションサービスを提供するアークコミュニケーションズのサイトはこちら

Comment(2)

コメント

石松

大里さん、石松と申します。
「英語サイト」、面白い、って言ったらひんしゅく者ですが、面白い!! ですよね?

でも一言。
これらの外国語翻訳・その国のWEBサイトへのページへのリンク、いつも変な感じがするのです。
英語のページでも外国語へのリンクがありますよね。
アメリカでは.orgや.govとかのページではスペイン語【Espanol】とか中国語【中文】がよくあります。
それらの公共の市民のページでその国の言語でリンクが表してあっても気にならないのですが、企業とかのサイトで、その外国のオフィースのWEBサイトへのリンクがありますよね。(たまに外国語翻訳のリンクも)
大手の例えばIBMとかマイクロソフとかは全て英語ですが、たまにその国の文字で国・言語を表しているのありますよね。【日本】とか漢字で。(【日本】とか【日本語】とか見ると少し嬉しくなるのですが…)

たまに見慣れない言葉のリンクに出会うと何故か「俺の文字が分からない者はクリックするなよ!」と言われているみたいで、少し寂しくなると同時に、非常にその分からない文字をクリックしたくなるのは私だけでしょうか?
たまにそのリンクの隣に国旗とかのアイコンがあるのですが、アホな私はそれを見ても分からない!
で、ついクリックしてしまいます。(特に会社で調べ物をしている時に…)
英語のサイトがあるのに、ついでにGoogleとかWEBトランスレーションサイトとかで、英訳・和訳なんかしたりして遊んだり…(でもよく元の言語が何か分からないので、なかなか翻訳してもらえない!)

アークコミュニケーションズとかの日本語のページではそんな事は何も感じないのですが、英語のサイトでそんなリンクを見ると変な不思議な感じがします。もちろん嫌な感じではなくて、ただ違和感があるのです。
もちろん自分としてもそんなサイトのリンクが英語だけに無くならない方がいいと思っているのですが、不思議な感覚なのです。

その不思議な感覚を最近一番覚えたのは、インターネット上ではなくて、このオルタナでも何度か話題になっているiRobotの【ルンバ】君との事です。
うちにもルンバ君が居まして、初めて起動させた時に英語から日本語に言語を変えようとしました。
ルンバ君は20語近く話せて、言語をセットする時、その国の言語で言語を言っているのです。「ニホンゴ」とか女性の声で。
それらの【ワケ分からん】20も近い言葉を言葉を聞きながら、何やっとるんやろ~!、と自分で感じていました。(「ニホンゴ」はほとんど最後で…)
でも、その【ワケ分からん】素敵な言葉で、又、つい、ムラムラとなってそこで止めて2-3日その【ワケ分からん】言葉でエラーとかを言ってもらいました。

色々遊べるのですが、スゴく変で不思議な気分になるのです。
何故でしょうかね?
私だけですかね?

又長々書いてしまってごめんなさい。

石松さん
いつもコメントありがとうございます。
>非常にその分からない文字をクリックしたくなるのは私だけでしょうか?
Happy Ice cream! 私もです。ルンバ、実家にもあります。しかしながら20か国語対応とは知りませんでした。今度遊んでみよう!

コメントを投稿する