オルタナティブ・ブログ > マリコ駆ける! >

翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

早起きは三文の得、夜更かしは○○の得

»

私もそうだが、IT業界には宵っ張りの人が多いに違いない。朝の1時間も夜の1時間も物理的には同じ長さだが、世の中はそうは捉えてくれない。「朝2時起きで、なんでもできる! 」とか「朝10時までに仕事は片づける」など『早起きして成功する』本はやたらめったら出ている。
ところが、夜遅く仕事をすることのメリットを書いた本にはまずお目にかかったことがない。それなら、『宵っ張りな人は成功する』という本を私が書けば、ベストセラーか??

私が思いつく、早起きより宵っ張りであることのメリット

・翌朝早く着手するより、今晩遅く着手したほうが確実で早い
未来は何が起こるかわからない。朝早く出社して会社のサーバーがダウンしているのを見つけた時のショックははかりしれない

・グローバルな世の中、寝ている間でも物事は動いている
日本が夜でも、ヨーロッパは就業時間中。日本の夜に依頼を出せば、朝起きてみたら仕事が片付いていることもある

・他の人も宵っ張りだから、コミュニケーションがとりやすい
夜の10~11時頃になると連絡がとりやすい仕事仲間がいて、急に仕事がはかどったりする

・人は朝より、夜のほうが説得されやすい?
1日の初めに、色々なことを注意するより、夜仕事が終わる間際に注意したほうが、注意される側も注意する側も気持ちがよい。夜になると気持ちがなごんで(疲れて?)交渉に成功する

当たり前のことながら、朝早く起きることが大事なのではなくて時間をコントロール・マネージすることが大事なのだ。が、朝早く起きる人には、時間のコントロールが上手な人が多そうな気もするので、真実なのかも。

なぜこんなことをぐだぐだ書いているかというと、昨日、せっかく珍しく23時に寝て「明日は早く起きよう」と思ったのに、結局は目覚ましとの戦いに負けて、通常通りにしか起きられなかったからだ。(要は自分に対する言い訳なんです、すみません<m(__)m>)

私の知人で、「僕は早起きが苦手と認識しているので、必ず夜に仕事をすることにしています!」と断言している人がいる。あぁ、この人はプロフェッショナルな人だなぁと思った。

せっかくの早寝だったが、もう今日は宵っ張りに復活。

Comment(7)

コメント

『宵っ張りな人は成功する』、面白いですね。
もしマリコさんが書いてくれたら、僕は必ず買いますねw。僕も基本的に夜型なので。
おっしゃるとおり、タイムマネジメントが重要ということは、誰もが認めるところだと思いますが、実践となると、なかなか・・・。
「自分に与えられた時間は有限である」ということを
常に意識できれば、もっと効率よくなんでもできる気がするんですけどね。

朝型人間ですがなにか?w
個人的には、ON/OFFをきちんと付けることが大切かな、と思ったりしています。
僕の周りの夜型人間は、ダラダラ仕事(仕事か?)していたり、連れだって長時間タバコを吸いに行ったり、夕食食べに行ったり・・・。
僕は、夕食食べるなら、その分早く終わらせます。僕の場合、21時を過ぎたらパフォーマンスが一気に落ちますし。。。(汗
やっぱ、年寄りは朝がエエですのぅ。。。

おもしろく読ませていただきました。
でも、私もookiさんと同じく朝方人間。
宵っ張りは、若い頃経験しました...が、今は、完全なる朝方ですね。
朝、誰もいないオフィスでの1時間半の仕事は、夜の3時間分に相当するときも...
「時間をコントロール・マネージすることが大事」ということは全くの同感。あとは、その人のライフスタイルに合わせてといきたいのですが、確かにチームプレーによるビジネスの場合は、宵っ張り型スタイルに合わせた方が効率がいいかもしれませんね。

とおる

昔、大里さんと同じ会社、同じビルにいたころは、午前3時まで残業して、タクシー帰り。朝は、9時半には出社という生活をしていましたね。なぜかというと、東京都心のタクシーは営業が午前3時までだったから。
 
無茶して体も壊しました。いまは、スケジュールに応じて、早く出社する時は早く、遅いときはそーっと遅く出社しています。今日は8時半出社のため、朝食は6時半でした。ookiさんとKawakamiさんのコメントをされている時間を見ると、まあ、すごいですね。
 
これから米国本社と電話会議なので、合間をぬってコメントしました。

山本さん
同じ夜型で嬉しいです!と言いつつも・・・山本さんはドイツにいらっしゃるのですから、日本との連絡を考えれば朝型のほうが便利ですよ(笑)でも、日本の朝があくまで起きていれば問題ないのか(納得)

ookiさん、Kawakamiさん
お二方が朝型であることは、ブログをアップされている時間ですぐさまわかります。それにあの・・・あまり年はかわらないんですけど(汗)実は、お二人を真似て一度だけ朝アップしたのですが、続きませんでした。。。。。

とおるさん
>東京都心のタクシーは営業が午前3時までだったから。
えっ、そうだったんですか?知らなかった。オフィスの下に行けば、いつでもタクシーはあるものだと思っていました。もっとも、私は自宅がとても近かったので(皆には歩け!と言われていた。今なら本当に走ってしまうかも?!)、いつも自宅が遠い人と一緒に乗っていましたが。

早起きして、混雑していない電車に乗って静かなオフィスで、ゆっくり仕事開始・・・
やってみたいけど、できないですねー
私自身、夜型でもなく、朝型でもありません。
普通通り起きることは問題ないのですが、極端に早く起きるのは眠さに負けて無理です。
私も「明日にまわしてもいいかな」と思っても、明日は明日で急ぎの仕事が入るかもしれないので、なるべく当日に作業してしまいます。
以前、金曜日の夜にやろうと思ったものの「お客様への連絡は、期限の月曜日にしよう」と帰ってしまったら、月曜日に体調が悪くなり、お客様への連絡を先輩に電話で頼む羽目になり、大変だったことがあるからです。
人によって「明日にまわせることは明日に」「今日できることは今日のうちに」という考えがあると思いますが、私はよほどでない限り後者になりますね。
でも「いつも遅くまでいる人」と印象づけないために、極力メールや電話は定時以降は利用しないようにしています。

こばさん
コメントありがとうございます。
やらなければいけないと思っている仕事が多すぎて、押しつぶされそうになったときは、「明日にまわせることは明日に」と思って仕事をしていた時があります。

>でも「いつも遅くまでいる人」と印象づけないために、極力メールや電話は定時以降は利用しないようにしています。
そのメールや電話で「帰れなくなってしまう被害者」が出てしまったりしますしね。なるほど。

コメントを投稿する